【CAMPFIRE限定】酒蔵に眠る日本酒でキャンプ専用日本酒を作りたい!

【CAMPFIRE限定】酒蔵に眠る日本酒でキャンプ専用日本酒を作りたい!
コロナウイルスの影響で出荷されず酒蔵に眠る日本酒を、特別にキャンプ専用の日本酒にブレンドし皆さんへお届けしたい!そんな想いから蔵元と共同でこのプロジェクトを立ち上げました。キャンプファイヤー限定の日本酒です。

皆様、はじめまして。日本酒WEBメディアSYULIPを運営している本間倫人といいます。この度は数あるプロジェクトの中から『【CAMPFIRE限定】酒蔵に眠る日本酒でキャンプ専用日本酒を作りたい!』をご覧いただきましてありがとうございます。

SYULIPは日本酒専用のWEBメディアとして日本酒の楽しみ方を発信しているWEBメディアです。日本酒の情報はもちろんのこと、SYULIPポイントサービスを通して社会課題を解決している団体をサポートしています。

「日本酒を飲んで社会をちょっと笑顔に」
https://syulip.com/projects/

今回のプロジェクトは酒蔵(株式会社桑原酒場)と共同で、『新たな日本酒の楽しみ方』、『酒米農家の支援』を介して、日本酒をきっかけに社会を豊かにできるプロジェクトを実現したいと考えています。

清酒「扶桑鶴(ふそうづる)」醸造元、桑原酒場の4代目蔵元 大畑朋彦です。
この度は、キャンプで楽しめる日本酒プロジェクトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
弊社の所在する島根県益田市は、島根県の西端にあり、蔵の近くを流れる「高津川」は清流日本一に輝いた川であり、この自然からの恵みである清冽な川の伏流水を用いて「扶桑鶴」を醸しています。

銘柄の由来は、長寿のシンボルとして親しまれてきました“鶴”に飲む人、造る人ともにあやかりたい、日本(扶桑)を代表する酒として鶴の様に羽ばたいて行きたいとの想いから銘柄名を「扶桑鶴」と名付け、1903年に創業いたしました。

米、米麹のみを原料とし、華やかな香りは求めず、しっかりと熟成させ、 “米”由来の旨みと味わいを感じさせられ、『一口では物足りないかもしれないが、食が美味しくなり、ゆるゆると呑める酒』を目指しています。

弊社商品は、基本的に炭素濾過などを用いた味や色の調整処理は行っておりませんので、やや色が濃い場合がございますが、熟成による日本酒本来の色合いですのでご安心ください。

ぜひ美味しい料理と一緒に楽しんでいただければ幸いです。

≪扶桑鶴の目指す酒質≫

「華やかな香りを重視するのではなく、米本来の旨味、味わいが楽しめるお酒」

「冷たくして飲むだけではなく、ひや(常温)やお燗など様々な温度帯で楽しめるお酒」

「派手さはないが複雑な味わいが楽しめ、色々な料理との相性が良く、飲み飽きしない食中酒」
新たな日本酒の楽しみ方の提案

コロナウイルス感染拡大の影響で激減した友人や離れて暮らす家族とのコミュニケーション。特に緊急事態宣言の発令以降、飲食店の時短営業や閉鎖が続き、コミュニケーションの場が無くなり対人関係が希薄化してきていると言われています。

そこで私達は3密を避けながらも楽しめるアクティビティ「キャンプ」専用の日本酒を限定発売し、コロナ禍の日本酒の新しい楽しみ方を届けたいと考えています。
酒米農家の応援

飲食店の休業、時短営業などの影響により出荷量は、コロナ禍以前と比較すると大幅に落ち込みました。日本酒を熟成させるための貯蔵スペースの限界もあり、前年度の製造数量は減産するに至りました。

今後も日本酒製造の減産が続きますと、私達にとって大切な米作農家が打撃を受けてしまいます。

今回のプロジェクトを通して酒蔵に眠る日本酒を販売し、貯蔵スペースを確保できれば製造数量を増やすことができるため、米作農家を応援することに繋がります。
日本酒をきっかけに社会を豊かに

お酒は酔うためのものから、楽しむもの、そして社会を笑顔にし、私達の生活を豊かに

タイトルとURLをコピーしました