動物保護施設がコロナで存続の危機。助けて!動物救済プロジェクト

動物保護施設がコロナで存続の危機。助けて!動物救済プロジェクト
私たちは【ねこのす】という名前の動物保護施設です。長年、ペット業界の殺処分問題に取り組んで参りましたが、新型コロナウイルス蔓延と緊急事態宣言の影響で経営難に直面しております。これからも動物たちを守るため、どうか皆さまのお力添えをよろしくお願いいたします。

行政の方には「存続できないなら、動物はそちらで殺処分してください」と言われました。
私たちは捨て猫、捨て犬、ペット業界の殺処分問題に取り組んできましたお客様のボランティアにも支えられてここまで来れました全員保護猫です。コロナ過で本当に窮地にあります。
< 初めに・ご挨拶 >

私たちは行き場のない犬や猫の里親探しをはじめ、ペット業界の殺処分問題の改善に取り組んでいる「 ねこのす 」という名前の民間の動物保護施設です。

あまり聞きなじみの無い名前かもしれませんが、園内にいる保護動物とふれあっていただいたり、保護猫カフェと同じように、行き場の無い動物の里親様にもなっていただける小さな動物園です。

現在、保護猫だけでも100匹ほど飼育しており、ペットブリーダーの過剰生産、ペットショップの閉店や廃業問題から保護した珍しい鳥類、珍獣などのエキゾチックアニマルも150匹ほど飼育保護しております。

コロナが始まってから特に平日は、動物みんなでお客様を待ちわびている状況です。コロナは日本中の動物たちも追い詰めています。

もともと私たちは動物の保護活動を2015年から開始し、特に猫の殺処分問題に注力するため、この「ねこのす」を令和元年にオープンしました。
「行政の殺処分や、ペット産業からあふれ出た動物たちを救いたい」

という気持ちから民間の保護施設として開業し、コロナ前までは県外、海外からも、たくさんの皆様にご来園頂き、お客様から頂くご入園料で動物たちの養育費をまかないながら保護活動を続け、皆様に愛されながら運営も軌道に乗せることができました。

千葉県東金市、県道126号線沿い。九十九里の海が近く、自然も豊かなエリアにあります。 そして保護猫と小動物の譲渡実績(里親探し)は、本日まで述べ500匹以上を達成することができました。コロナが来るまでは未来は順調に思えました…。
しかし、コロナが直撃しました

コロナ過が始まり、度重なる緊急事態宣言や、蔓延防止措置からさまざまな制約を受け、観光業と同じように、私たち保護系の動物施設は、コロナ直撃を受け、経済被害を最も受けている業種の一つとなっています。

頼みの綱であった入園者数も減少の一途をたどり、動物の保護依頼も激増したため、財政的にとても苦しい状況を迎えることとなりました。
私たちといっしょに動物を助けてください。

これからも皆様に愛されてきた、この「ねこのす」を守り、これから先も多くの動物たちを守るために、本クラウドファンディングで皆さまのお力をお貸しいただければ、この窮地を乗り越えることができます。

この文章が、動物を愛する皆さまに届きますよう、何卒、どうかよろしくお願い申し上げます。

店長の高浦です。
「ねこのす」園内の様子、動物たち

園内には保護猫を中心に、ペット産業の閉店、殺処分問題から保護した様々な動物たち(エキゾチックアニマル)も、たくさん飼育しております。

ご入園いただいたお客様には、保護した動物たちとのふれあいや、エサやり体験を通して、命のぬくもりを感じていただいたり、保護猫を家族としてお迎えいただくきっかけ作り(里親探し)をご提供しております。
(活動実績)里親様に動物譲渡の様子

当園は保護猫と併せてエキゾチックアニマルの里親探しも行っております。以下の写真は譲渡の際の幸せな様子です。(里親様には写真撮影許可を頂いております)

保護した小動物も里親様に譲渡しております

ご家族で保護猫のお迎え入れの様子

珍しいソロモンオウムやプレーリードックも里親様に譲渡しました

タイトルとURLをコピーしました