コロナ禍で経済的に厳しい、筑波大学生を救いたい

コロナ禍で経済的に厳しい、筑波大学生を救いたい
コロナ禍でアルバイト需要が減り、アルバイトで生計をたてている筑波大学生が学業を続けるのに非常に苦労しています。コロナ禍でみなさん大変な時ですが、そんな筑波大学生のために、無料で「焼きそば」や「お好み焼き」を提供し、食事の心配をなくし、少しでも勉学に励んでもらいたくこのプロジェクトを立ち上げました。

◆はじめに◆

初めまして。
この度は、当プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。

私は、茨城県つくば市の筑波大学のお膝元で、コワーキングスペース『C3 Lab.』の運営スタッフをしております渡辺と申します。

◆コワーキングスペース『C3 Lab.』とは◆

2021.3.31にOPENしました。
学生向けのコワーキングスペースを無料で提供しております。
コンセプトは、「CREATIVE つくる」・「COWORKING はたらく」・「COMMUNITY あつまる」です。
学生たちが集まり、融合し、何か新しいものが生まれる場となればと考えております。

◆筑波大生を応援したい◆

当コワーキングスペースには、たくさんの筑波大生がきます。

就活中の子、全国大会を目指しながら勉学に励む子、学生起業家を目指す子、などなど。
さまざまな学生が来ますが、皆んなに共通していえることは、コロナ禍でアルバイト収入が減り、親からの仕送りだけでは生活が苦しいという言葉でした。

そこでC3 Lab. 運営スタッフは考えました。

お腹を空かせた筑波大生向けに、「焼きそば」「お好み焼き」などボリュームがあり、安く食材が手に入るものを無料で提供しようと、「TADAMESHI PROJECT」を立ち上げました!!!

「TADAMESHI PROJECT」:毎週水曜日限定 焼きそばなどのボリューム満点のお昼を無料で配布するという、学生にやさしい企画です。

さっそく、C3 Lab.スタッフからのカンパ金で、家庭用の鉄板焼き器と焼きそばの食材・調理器具を買い揃え、「第一回 焼きそば 無料配布会」を実施しました。

◆第1回 TADAMESHI PROJECT 焼きそば 無料配布会の模様◆

2021年6月16日(水)に、第1回 TADAMESHI PROJECTとして、焼きそばの無料配布会を実施しました。以下が無料配布会の模様です。

急遽開催したということもあり、また調理に手間取り配布時間がお昼を過ぎてしまい、12食作って、4食をもらっていただきました。残った焼きそばは、スタッフで美味しくいただきました。

◆第2回 TADAMESHI PROJECT 焼きそば 無料配布会の模様◆

2021年6月23日(水)に、第2回 TADAMESHI PROJECTとして、「焼きそば」&「ベビーカステラ」の無料配布会を実施しました。以下が無料配布会の模様です。

今回は満を持して、TWITTERや当社ブログ・店頭看板で告知をしました。

焼きそば 20食
ベビーカステラ 20食
を用意しましたが、11時過ぎから続々と筑波大生が訪れ、13時すぎには全てなくなってしまう程の大盛況でした。

美味しい!食費が助かります!来週もまた来ます!
学生たちとの楽しい会話もあり、非常に有意義な楽しい一日でした。
来週も頑張ろう!来週は何を作ろうか?お楽しみに!

◆当プロジェクトで実現したいこと◆

第1回・第2回と回を重ねるごに来店する学生さんが増え、さらに多くの学生が来ることが予想されます。C3 Lab.スタッフとしては、本当にうれしいことです。
よりたくさんの学生のために、美味しい食べ物を無料で配って、学生が安心して勉学に励んでもらえればと当スタッフは考えています。

今後この「TADAMESHI PROJECT」を継続的に、多くの学生に利用していただくためには、焼きそばなどを作る大きな鉄板や食材などが必要になります。
当店スタッフのカンプ金だけでは継続が難しいので、このクラ

タイトルとURLをコピーしました