【薬剤師が開発!おうちでエステ】ぷるぷる新感覚フェイスパック!

【薬剤師が開発!おうちでエステ】ぷるぷる新感覚フェイスパック!
バイオセルロースを用いたフェイスパック。今までに体感したことがないようなぷるぷるをお肌に!ぴったりフィットで美容液を角質層のすみずみまで届けます。

【商品紹介】

薬剤師が開発したフェイスパック

成分・素材共にこだわり抜いて作り上げました。

昨今のフェイスパックは韓国製品が溢れ、安価で手軽に使えるものが増えています。

しかし、ふたを開けてみるとパックの素材しかり、成分しかり、

肌にとって良いとは言えるのでしょうか?

私が商品の開発をするにあたり、色んなフェイスパックの素材を検証していて

わかった事はパックの素材で肌に届く成分の量が違うということです。

肌への密着度を重視して薄くしたパックでは保水力がなく、すぐに乾燥して、

結局肌に乗せただけ。

逆に厚くすると浮いてきて肌への密着度は小さい。

そこで私が見つけた最適な素材がバイオセルロース。

これはナノ繊維で構成されているため、繊維が細かく美容液の保水力も抜群で、

角質層の小じわや肌のキメの奥まで美容液を運んでくれます。

そして品質管理の担当者とお話ししていて感じたのが、MADE IN JAPAN の品質の凄さ。

やはり日本製品は他国に比べて品質管理が厳しく設定されているのと人柄も相まって、

品質に対するクオリティが高い。

そのため、irokaでは日本製品であることを大切にしています。

バイオセルロースも日本製品とそうでないものがありますが、

やはり日本製品のクオリティで商品を最高の物にしたいと思い決めました。

ぜひ皆さんにもMADE IN JAPAN の良さを再確認していただきたいと思います。

【新感覚パック、バイオセルロースとは?】

バイオセルロースを用いたフェイスパック

バイオセルロースは、ココナッツウォーターから作られたパックで、

2~100ナノレベルのキメ細かい繊維から構成されたぷるぷるシートです。

バイオセルロースは美容液の携帯性、水分保持性、密着性、に優れ、

美容成分の肌への浸透を助ける新素材!!

角質層の細かいシワまで美容液が届いてくれます。

だからこそ、パック後はふっくら、もっちりしたお肌に!

時間がたっても乾燥しないからパックが浮いてこないので、美容タイムをしっかりとって頂けます。

【商品成分説明】

iroka_feminae うるうる潤いパック(保湿)

ジャンヌ・ダルク

これは名前の通り保湿がメインになっています。

多くの潤いのための成分が入っているので説明していきます。

◆ヒアルロン酸Na

皮表柔軟化および保護膜形成による潤いを与えます。

ヒアルロン酸Naは、1gで6Lの水を保持する強力な保水性があります!

水に溶けやすく、高い保湿力を持っている上に、油分とは違うしっとりとした質感を引き出すことができます。

また肌なじみが良く、角質層に潤いを与えて、しっとり感やなめらかさを感じさせてくれます。

◆アロエベラ液汁

多肉植物アロエベラの葉肉から得られる、とろっとした粘性の液汁です。

強い紫外線のもとでも生きぬく生命力があり、エースマンナンを主とする多糖や数多くのアミノ酸を含有することから、

皮膚表面を保護し角質層に潤いを与えてくれます。

◆ハチミツ

ハチミツにはビタミン・ミネラル・アミノ酸をはじめ酵素や抗菌性物質など、

180種類以上の成分が含まれ、天然の保湿成分としても知られ優れた保湿力を持っています。

肌の水分を逃さず、空気中の水分を集めて潤いのヴェールを作るので、保湿力が高いといわれています。

うるうる潤いパックには、

その他にも多くのアミノ酸が配合され、皮膚の潤いを保ってくれます!

次に、

iroka_fem

タイトルとURLをコピーしました