日本における【カントリーミュージック】の音楽文化を守り続けたい!支援プロジェクト

日本における【カントリーミュージック】の音楽文化を守り続けたい!支援プロジェクト
これまで数え切れないほどの世界中の善良な人々との、カントリーミュージックを通した心温まるふれあいが心の財産となっております。しかし長く続くコロナ禍の影響で、すべての音楽活動が閉ざされ存続が困難な状態になりました。このプロジェクトを通して皆様に温かいご支援をいただければとても有難く嬉しいです。

はじめに・ご挨拶

このページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。おかげさまで今年45周年を迎えました熊本『GOOD TIME CHARLIE』のオーナー、チャーリー永谷と申します。

1956年、20歳の時にアメリカ生まれのカントリーミュージックに出会い、魅せられ、歌い始めて65年になります。岩国米軍基地からスタートし、ベトナム戦争終結まで、国内および東南アジアの米軍基地クラブにおいて、長きにわたり演奏活動をさせていただき、数え切れないほどの米軍人さんとの、心あたたまる素晴らしい体験を重ねてまいりました。

その後『Charlie Nagatani & Cannonballs』として数カ月のアメリカ演奏旅行をし、カントリーミュージックを通した、かけがえのない出会いをたくさん得ることができました。
1976年には帰熊し、妻と2人で熊本市内に『GOOD TIME CHARLIE』をオープンし、カントリーミュージックを広めるべく、毎晩、休みなしに営業をしてきました。

☆31年間続いた約束の日『COUNTRY GOLD』

1989年に、日米文化交流を掲げて国内最大規模のカントリーミュージックの祭典『COUNTRY GOLD』を立ち上げました。毎年10月の第3日曜日、南阿蘇の県立野外劇場アスペクタで開催するにあたり、本場アメリカより優れたアーティストを招聘してきました。全国各地からの音楽ファンや、海外からのカントリーファンもたくさんご来場いただき、『COUNTRY GOLD』の名前は世界中に知られるようになりました。その日は『約束の日』と呼ばれ、多くの方が音楽を通して素晴らしい交流をされ、31年にわたる皆様方の温かいご支援のおかげで、平和な国際音楽祭となりました。2019年のファイナルアンコールで幕を閉じ、2020年からは室内音楽祭として『GOOD TIME COUNTRY』を新たにスタートさせております。

☆『カントリーミュージック』を通して真のアメリカに触れる旅

毎年5月になりますと、『チャーリー永谷と行く心あたたまるカントリーミュージックの旅』を計画し、全国からのカントリーミュージックファンの皆様をご案内しています。これまでに、モンタナ州、コロラド州、ワイオミング州、アリゾナ州、テキサス州、ミズーリ州、ケンタッキー州、サウスキャロライナ州、テネシー州などで、カントリーミュージックショーを楽しんだり、アメリカの善良なカントリーファンの皆さんとの心のふれ合いを体験していだだきました。テネシー州ナッシュビルにありますカントリーミュージックの大音楽堂で、95年の歴史を持つ偉大な『グランド・オール・オープリー』のステージには、これまで運よく29回出演させてもらっておりまして、ご案内の皆様にはそのステージも楽しんでいただきます。しかし昨年はコロナ問題で渡米が叶わず、30回目のステージ出演が実現できませんでした。出来ますれば、この令和3年内に渡米が叶いまして、オープリー出演の記念すべき30回が果たせることを願っております。そして皆様にも、他では得ることの出来ない貴重な体験をしていただきたいと思っております。

カントリーミュージックを通し、これまで世界中の人々と数々の心あたたまる交流を重ねてきました。カントリーミュージックは心温まる素晴らしい音楽です。この音楽をたくさんの日本の皆さんに聴いていただきたく長年務めてまいりました。しかしこの長いコロナ問題で、相次ぐイベントの中止、さらには熊本県の時短要請により、多額の維持費は重なる一方です。数々

タイトルとURLをコピーしました