日本酒で体の痛みを取る「忍者マッサージ®」を広めたい!

日本酒で体の痛みを取る「忍者マッサージ®」を広めたい!
数多のスポーツ選手が絶賛!日本酒で瞬時に痛みを取る!金メダリストを支え続けた忍者指。甲賀流忍者マッサージ伝承者 芳原雅司の「忍者マッサージ®」でカラダの痛みで悩む人々を救いたい!!

はじめまして。忍者マッサージ®の芳原雅司です。芳原指圧治療院 院長をしております。アスリートのメンテナンスを担当するほか、各種スポーツ選手のケアに携わっています。

忍者マッサージ®とは日本酒・酒粕を使った日本古来の指圧で、かつて甲賀流忍者たちが、傷ついた体をたった一晩で癒すために用いた疲労や不調を短時間に回復させるマッサージ法です。

私は高校、大学、実業団とずっとレスリングをやってきました。ある日、恩師から地元の岐阜インターハイで高校生のレスリング部のトレーナーを頼まれ、選手たちのケアをしていました。マッサージをすることで筋肉の疲労が取れ、無事このチームは成果を出すことができたのですが。

「気持ちよかったです!
腰はまだ痛いですけど‥」

「カラダが軽くなりました!
腰はまだ痛いですけど‥」

この言葉が忘れられませんでした。マッサージでケガは治らない、痛みが取れない。選手たちは本当は痛みをとってほしいのです。

ケガの痛みは
どうしたらとれるのだろう?

気持ちがいいご褒美マッサージと、ケガを治すマッサージは別の技術なのです。

悩みに悩んでいた頃、各界の大物アスリートたちを担当する名古屋の名人との出会いがあり、私は弟子入りをしました。その時に出会ったのが日本酒を用いたマッサージ法でした。

少量の日本酒を指先につけ、痛みのある所を短時間さするだけで、あっという間に不調が改善されてしまう。そんな不思議なマッサージ法。

甲賀流忍者の末裔(まつえい)だった武術家から、ある特務機関謀報員(かつてのスパイ)を経て師匠へと伝わり、現在は私をはじめとするスポーツ界のトレーナーたちの間に受け継がれているのです。

日本酒にはアミノ酸やペプチド、有機酸、酵母菌、ビタミンなど約100種類もの栄養素が含まれており、マッサージの効果を最大限に引き出すことを先人たちは知っていたのです。

日本のスポーツは「部活」という教育現場からスタートします。特に中学や高校・大学でケガをきっかけに競技を辞める人も多くいます。ケガが治らずに、才能があっても力を出せない、諦めてしまう選手がたくさんいるのです。そういった現場に積極的に忍者マッサージ®を導入できる仕組みを作っていきたいと考えています。

教育現場の指導者の方々、スポーツ選手、マネージャーやトレーナー・コーチの方々に知っていただきたい!忍者マッサージ®はたくさんの未来ある選手を救うことができます。

月に2回開催している忍者マッサージ®友の会では、芳原指圧治療院にて芳原直々の講座、また施術が受けられます。ご家庭でも簡単に取り入れていただける忍者マッサージ®ですが、直接指導を受けることによって、より一層効果的なマッサージを体験していただけます。

クラウドファンディングリターンより忍者マッサージ®友の会に体験参加ができますので、興味を持っていただいた方はぜひお試しください。また、ご支援いただいた資金を活用し、学生さんへの忍者マッサージ®支援活動に使わせていただきたいと考えています。

選手たちの痛みを治したい思いでたどり着いたのがこの日本酒を用いたマッサージ法でした。最初は名前もないマッサージ法だったのですが、よく治ると噂になり、書籍の出版をきっかけに忍者マッサージ®と呼ばれるようになりました。

15秒おさえるだけで超・疲労回復!
忍者マッサージ

メディアでご紹介いただき、おかげさまでスポーツ選手や、格闘家の方々の治療をさせていただいております。ハリウッドスターにも来院いただいたご縁で、指一本でハリウッド

タイトルとURLをコピーしました