世界No.1パティシエ菅原智大の新たな挑戦!地元横浜に新店舗オープンします!

世界No.1パティシエ菅原智大の新たな挑戦!地元横浜に新店舗オープンします!
2019年10月 イタリア・ミラノで開催された洋菓子の世界大会「The World Trophy of Pastry Ice Cream Chocolate FIPGC 2019」において総合優勝、パティシエ部門優勝を果たした世界No.1パティシエが地元横浜「菊名」に新店舗をオープンします。

はじめに・ご挨拶

世界No.1パティシエ『菅原智大』が地元横浜「菊名」に新店舗をOPENします!

2019年10月 イタリア・ミラノで開催された洋菓子の世界大会「The World Trophy of Pastry Ice Cream Chocolate FIPGC 2019」において総合優勝、パティシエ部門優勝を果たした世界No.1パティシエが地元横浜に新店舗をオープンします。

商品・お店が作られた背景

本プロジェクトオーナー、パティシエの菅原です。私がパティシエを目指すことになったきっかけはバスケに明け暮れた学生時代を経て、高校卒業後の進路を考える時期にあたり、何か手に職をつけたいという思いがあり、また幼少のころから母親がよくお菓子を作ってくれていたこともあって、一人前のパティシエになることを目指しこの世界に飛び込んでいきました。

専門学校を修了後、単身フランスに渡り、フランス料理のレストランパティシエ、ウェディングパティシエ、パティスリーシェフ、と本場のより専門的な技術や経験を積んできました。レストランでの修行時代には、1年目から先輩が1人もいないという状況に置かれ、技術の修得はもとより、新しいメニュー制作などまで全て自分で勉強し自分で創作するという通常では考えられない過酷な経験が、パティシエに対する考え方、方向性の基盤を形作り、その後の実績へと活かされたと思っています。

教わるのではなく『自ら考えて0から生み出す能力』 。これが修業時代の逆境から授かった私の最大の価値だと考えています。さらなる技術向上や自己表現のため、また持前のチャレンジ精神も後押ししてこれまで数々のコンクールに挑戦してきました。2015年アジア大会トップオブパティシエで優勝、さらに2年に1度のミラノ世界大会 FIPGC 「The World Trophy of Pastry Ice Cream Chocolate 2019」では、
日本チーム総合優勝 個人では味覚部門優勝を果たしました。

この大会は3人1組で世界16カ国が出場し、
ピエスモンテ(高さ180㎝の飴細工、チョコレート細工、砂糖細工)、味覚(モダンケーキ、プラリネショコラ2種、皿盛りデザート)を7時間半で作り上げる世界最高峰のコンクールです。

大会共通テーマ”自国の伝統と芸術”を元に日本チームはサムライ、和傘と鳥居、芸者をそれぞれ作り上げ、高い評価を頂きました。中でも、モダンケーキとして提出したアントルメ、”カグラ”が見事1位を取り最高の評価を頂きましたカグラは和傘と折り紙を融合させたオリジナルデザインで、世界に2つとない型を作成しました。

私たちの商品・お店のこだわり

技術や経験に基づいたこだわりのスイーツ、その味や見た目に合わせて本場フランスの斬新で洗練された、でもどこか懐かしい古き良き時代を思わせるアンティークな雰囲気、世界観を感じて頂き、訪れるお客様に五感を通じて特別な時間、非日常を経験して頂けるように現在の店舗のイメージを基本とし、さらに繊細で趣き深い内装、外観にグレードアップすることを目指しております。
※写真は元町店

家族や友人のお祝い、大切な人やお世話になった方への贈り物、自分へのご褒美など、多様なニーズを持ったお客様みなさまが、ご来店頂く際にわくわくし笑顔になれるようなお店作りを実現したいと思っています。
リターンのご紹介

厳選された素材のポテンシャルを十分に活かすよう一つ一つ手作りで丁寧な加工を施したフルーツを、ケーキの表面に着飾るのではなく、中に取り込む形で外観

タイトルとURLをコピーしました