中編映画「私の右手が臭くなりました。」製作委員会

中編映画「私の右手が臭くなりました。」製作委員会
女優のしじみさんを起用し、精神的に狂っていく様を描く作品となっております。中編映画、約30~40分の作品予定監督本人がエンドロールでラップしております。

はじめに・ご挨拶

自主映画活動しております。

小泉治と申します。

この度、中編映画を制作したく、プロジェクトを立ち上げました。
監督プロフィール

小泉 治

1984年6月15日

2006年度 ニューシネマワークショップ 卒業

以降、自主映画活動をしております。

3作品を制作しております。

下記、過去作品となります。

2006年度作品「ファーザー・ビジョン」

2008年度作品「不倫ポン酢」

2012年度作品「居恋の場」


出演俳優

主人公役:しじみ

内科医師役:矢作優

カウンセラー役:古里友美

同僚役:松緯理湖
このプロジェクトで実現したいこと

中編映画、約30~40分程度の映画製作

【あらすじ】

 将来に行き詰った女性が、ある時、変態と遭遇し、右手に違和感(臭い)と感じるようになる。その症状(原因の正体)を見つけるべく、内科医師・カウンセラーに相談するも、主な原因が分からず、奮闘する。流れ流れ着いた精神科にて、「身体表現性障害」と告げられる。意味が分からず、自身で「癌」だと断定し、右手首を切り落とす。

【テーマ/ねらい】

 昨今、精神的な病で、悩んでいる方が年々と増えている傾向がある。うつ病などと言った症状が最たるものである。それ以上に意味の分からない症状を訴えると「統合失調症」「身体表現性障害」と言った分類別化され、医師も本人も困惑するケースが多く見受けられる。本作品にて、悩みの共有、知らない方には、些細な事でも、精神病になることの注意喚起が出来ればと考えております。本作品の最大のテーマとしては、自身の「自叙伝」であるというところである。
これまでの活動

YouTubeにて「小泉治」と検索して頂ければ、過去作品が閲覧できます。
資金の使い道

制作資金 120万円

 ・スタジオ・ロケ代

 ・出演俳優費用代

 ・撮影スタッフ費用代(プロを起用します。)

 ・公開記念イベント費 

 ・CAMPFIRE手数料

 ・その他、雑費用代
実施スケジュール

2021年8月 ロケハン

2021年9月 顔合わせ&読み合わせ

2021年10月上旬 クランクイン

2021年10月中旬(撮影期間10~11日間) クランクアップ

2022年2月 完成

2022年4月 完成披露試写会

2022年5月 単館映画館にて上映
最後に

私自身のことを描いております。

身を削っての製作となっております。

完成した暁には、上映会も考慮しております。

是非ともご協力のほど、よろしくお願い致します。

※支援者様がリターンを購入された際、使用をしていくための権利(著作権)は起案者のものとなります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください


元サイト
中編映画「私の右手が臭くなりました。」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました