滋賀県の瀬田川沿いに“通いたくなるコワーキングスペース”を作りたい!

滋賀県の瀬田川沿いに“通いたくなるコワーキングスペース”を作りたい!
滋賀県の石山にある瀬田川。その瀬田川を一望できるところに「わざわざ通いたくなる隠れ家コワーキング」を作りたい!そして、滋賀県のさらなるイノベーション、働き方改革に貢献できるような場所にすることを誓います!

はじめに – オーナーの想い –

株式会社中山スポーツの中山 博識と申します。
滋賀県の石山で50年、事業をさせてもらっています。

2020年、コロナが私たちの生活を大きく変えてしまいました。

私共が所有するビルに長年入ってくださっていた企業さんも、
コロナの影響で撤退されていきました。

正直、悔しく、寂しく、もどかしい気持ちでした。

しかし、このコロナがきっかけで
「働き方」や「価値観」「ビジネスのあり方」が確実に変わってきている。

これは、言い換えると、
今までにないサービスが創出できたり、
もっともっと個々の力の組み合わせで社会に貢献するチャンスが生まれる。

そんなタイミングではないかと考えました。

企業さんが撤退されたビルの3階フロア。
私はそこで「コワーキングスペースをしたい」
そう思ったのです。

しかもただの仕事場ではなく、
集う人たちがそれぞれ光り輝き、
お互いが繋がり、やがて大きなシナジーを生み、
一人では成し遂げられなかったことをも出来るような場所。

瀬田川を望むこの地で、新たな挑戦をしよう。

そうして、コワーキングスペースプロジェクトを立ち上げました。

と、立ち上げたはいいものの、どうしていこうか。。。
せっかくだったら、みんなのシナジーを上手く生み出せたり、
まさに今の働き方を体現しているような方たちに
プロジェクトメンバーになってほしい。

そこで、「全体のプロデューサー」として
子育てとフリーランスを両立する “くろちゃん”に
仲間になってもらうことにしました。
コワーキングって、ぶっちゃけどうなの? – プロデューサーの想い –

「滋賀のなんでもコンサル屋さん」
“くろちゃん”こと黒田あやこ(30歳)です。

私は2歳の息子を育てながら個人事業主として
SNS活用や ITを使った業務効率化など
なんでも相談にのります!という今どきの仕事をしています。

そして、基本は在宅で、
ときにカフェやコワーキングスペースで
仕事をする毎日です。

で、2020年秋。
オーナー中山さんから「コワーキングを作りたいんだ!」
とアツい想いをぶつけられました。

滋賀県には現在、20個近くのコワーキングスペースがあります。

私はコワーキングスペースに行く派ですが、
「あれ?オープンしてるよね?」と思うような
いつ行ってもシーンとしすぎている場所もあります。

これを読んでくれているあなた。

「コワーキングスペース」って行きますか?

「コワーキングなんて行ったことない」

「そもそもコワーキングってどこにあるの?」

「行くメリットってなんなの?」

「家でもカフェでも仕事出来るし、わざわざコワーキングはいいかな」

そう。コワーキングに行く動機、きっかけって
正直なかなか無い人が圧倒的に多いと思っています。

(ちなみにオーナー中山さんにも
「コワーキングって普段行かれますか?」と質問すると
「いや、行かへん」という答え!!!笑)

だから、ただただ
「石山にコワーキングスペース作りました!」
「来たらきっとそこにいる人たちと繋がれると思うよ〜」

みたいな、“箱作り”だけでは成功しないなと感じた私。
そこから半年間、戦略を練る毎日が始まりました。
出した結論は“わざわざ行きたくなる”場所をつくる。

そして考えた結果、今回、私は
「わざわざ通いたくなるコワーキング」を作ることにしました。

・誰でも入ってこれるのではなく、限られた人しか活用出来ない隠れ家的コワーキング。

・瀬田川を一望しながら、

タイトルとURLをコピーしました