和歌山から保護犬・猫を救うシェルターの増設と不妊手術専門の病院の開設プロジェクト

和歌山から保護犬・猫を救うシェルターの増設と不妊手術専門の病院の開設プロジェクト

はじめに・ご挨拶

私たちWan lifeは和歌山県に本部を構えている動物愛護団体です。

代表の島田は活動を始めて31年になります。主な活動内容として、動物の適正飼養・愛護啓発活動、保健所からの引き取り、劣悪な繁殖場からのレスキュー、一般飼い主からの引き取り等、行き先の無い動物達を引き取り医療処置(健康診断、ワクチン、駆虫、フィラリア検査等・病気が見つかった場合はその治療。)を行い、里親募集後、大切にしてくださる里親様のご自宅へ、動物たちを直接お届けしております。

また、和歌山をはじめ大阪、兵庫、東京で譲渡会などを定期的に行っております。
プロジェクトを立ち上げた背景

私たちは、毎年300頭近くの犬・猫を保護し、避妊/去勢手術、その他に歯石除去、病気が見つかれば、最善の治療を行っております。いつもお世話になっている動物病院では、治療~料金までご尽力してくださり、大変感謝しております。10頭20頭…であればクラウドファンディングをという考えには至らないのですが、毎年300頭近くの保護になると、莫大な費用になります。

また、協力して頂いている動物病院の院長先生より手術器具を用意してもらえるなら和歌山にて出張避妊/去勢手術ができると仰って頂き、是非この話を実現したく、今回皆様のお力添えを、お借りしたくクラウドファンディングをさせて頂きました。和歌山での出張手術が可能になれば、今まで、あまりできていなかった地域猫のTRNも沢山でき、1匹でも多くの命を救えるチャンスだと思っております。

このプロジェクトで実現したいこと

手術用の器具の見積をして頂いたところ、最低限の手術器具でも、500万円。譲渡費用で、一部医療費を支援して頂いてますが、中には心臓病の子の手術費や、その他の病気の子たちの治療費もあり、今まで寄付等に頼らず、私たちで何とか運営してきましたが、いろいろ切り詰めたところで、これだけの大金は到底私たちだけでは賄うことができません。

手術等で必要な麻酔や薬等は私たちで都度用意する予定です。手術を行う場所も元々所有している土地を利用する予定です。

スタッフはドッグトレーナーも在籍しており、野良犬や噛み癖のある犬、吠える犬等のトレーニングも日々行っております。本部は住宅地の中にあるため、声が大きい、中型犬以上は防音室を用意してますが、保健所等から中型犬のレスキューが増え、手狭になっている本部(シェルター)の裏に新たに防音設備のあるシェルターとドックランの新設も思案しております。
これまでの活動

2020年活動報告

保護数:299頭

内訳:犬(仔犬45頭、成犬220頭)

猫(仔猫14頭、成猫18頭)

その他動物(1頭、1羽)

譲渡数:259頭

内訳:犬(仔犬30頭、成犬199頭)

猫(仔猫10頭、成猫20頭)

TRN:1頭

死亡:7頭

他団体へ移動:31頭

Wan lifeの活動については下記にて配信しております。

HP:https://www.wanlife-rescueteam.com/

Facebook:https://www.facebook.com/wanlife1/

Instagram: https://Instagram.com/wanlife1111?igshid=15qxxlu2srbma

動物病院:

院長

動物取扱業:濵田陽子(本部スタッフ)

第一種動物取扱業:訓練

登録番号:和歌山28第6072号

登録年月日:2011年8月30日

第一種動物取扱業:保管

登録番号:和歌山2

タイトルとURLをコピーしました