マダラキさんの水彩画の「画集」をつくって「出版」したい!

マダラキさんの水彩画の「画集」をつくって「出版」したい!
混沌とした時代の中で、自分の病気をきっかけに!消えゆく日本の文化を意識しながら描き続けたマダラキの水彩画は1年で、100点を超えました。こんな時代だからこそマダラキさんの水彩画を「画集」にして「出版」したい!多くの人に日本文化を感じて欲しい!

はじめに・ご挨拶

こんにちは、19年夏から横浜で画家を始めたマダラキさんといいます。
このプロジェクトで実現したいこと

1. 消えゆく日本文化を意識したマダラキさんの水彩画の画集をつくって出版したい!

『現在、オリジナルサイズ(170*195)カラー画集で初版限定数と表紙込み84ページ+ソフトカラーカバー付き(上のデザイン)で予算内で交渉中!!』

2. 出版を通して(リターンを含む)多くの人が、マダラキさんが描く水彩画に興味を持ってもらい個展や展示会に来て欲しい!

プロジェクトをやろうと思った理由

2012年突然、頸椎症神経根圧迫による左右の指が麻痺。17年に手術・リハビリを経て少しずつ左右の指の感覚が戻って来た2019年の夏、失われた20年は、日本文化も消え去っていることに危機感を覚え、日本文化を意識しながら水彩画を描きはじめました。1年が過ぎ水彩画も100点を超え、昨年から個展や展示会を計画するも、コロナの影響で秋まで中止や延期が続きました。こんな時だからこそ「消えゆく日本文化を水彩で世界に広めよう!」という思いを実現したく、「マダラキさんの水彩画」の画集をつくって出版し、多くの人に広めたい!と言う理由でクラウドファンディングに挑戦しました。
これまでの活動

1985年デザイン系大学を卒業後、大手自動車会社デザイン部に入社。以後独立、建築イベント企画業に従事

2012.05〜2017.07 頸椎症神経根圧迫障害により入院と手術。

2017.07〜2019.08 両手両指の機能回復リハビリを兼ねて水彩画を描き始める。

2020.10〜マダラキさんの水彩画でインスタデビュー 現在公開中!

2020.9.23〜29 本厚木アミューギャラリー1 コラボ展開催

2020.11.5〜11 武蔵小杉 中原市民館ギャラリー 秋の展覧会開催

 資金の使い道

● 画集出版制作費と画集送料費など 税込60万円以内で現在交渉中!

*現在交渉中の仕様:初版限

マダラキさんの水彩画の「画集」をつくって「出版」したい!
混沌とした時代の中で、自分の病気をきっかけに!消えゆく日本の文化を意識しながら描き続けたマダラキの水彩画は1年で、100点を超えました。こんな時代だからこそマダラキさんの水彩画を「画集」にして「出版」したい!多くの人に日本文化を感じて欲しい!

定200部・ソフトカバー(カラー)付き

表紙込みで84ページのカラー画集仕様予定。

● リターンハガキ制作・印刷代・額装送料(額装宅急便を含む)10万円程度

**もし余裕ができたら制作費に使わせていただきます

● campfire 手数10%など合計 80万円
リターンについて

100%応援!から原画販売まで幅広い中なら選べるよう努力します。
実施スケジュール
プロジェクト開始 3月末までに
プロジェクト終了 5月14日
・原画出版原稿準備+リターンプリント画像準備 4月中旬より
・原稿入稿  4月下旬
・画集最終確認 5月中旬。
・画集初版完成予定 6月10日頃                        

・4/7〜11 ラウンドマークプラザB1 「GION」小さな個展です。

○リターン開始:画集以外(ポストカード・お礼の手紙)は5月下旬より発送。

画集は6月10日完成予定、こちらに届き次第 順次発送。

原画および複製プリントは返信ハガキが届き次第郵送という形になります。

** 7月末には、すべての発送作業を終了できるよう頑張ります。

特商法に関する情報記載

1. 事業者の名称(マダラキ)作家名 個人名プロフィールに記載

2.お問合せ先 〒2260025 横浜市緑区十日市場町849−4 第6エイトビル3F

3.メールアドレス olog3102@yahoo.co.jp
最後に
初めての試みで不安がいっぱいです。みなさんの力で!「消えゆく日本文化を水彩で世界に広めるプロジェクト」マダラキさんの水彩画集・出版を成功に導いて欲しい!個展にもお近くの方は是非足を運んでください。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


元サイト
マダラキさんの水彩画の「画集」をつくって「出版」したい!

HOMEへ戻る

タイトルとURLをコピーしました