教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜

教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜
「せんせい」と先生以外の「みんな」が安心して交流していくために。交流のきっかけとなるようなイベントや、日常的な関わりを生むオンラインサロンなどの場作りをする「まなびぱれっと」。実際に学校現場で働いている公立教員一年目と民間人が、現場で働きながら起業・運営に挑戦。

〇私たちが目指していること〇

公立小学校で教員一年目として働いています。一般社団法人「まなびぱれっと」代表理事の小泉志信です。

現在法人登記準備中で、3月末に登記完了予定です。

私たち一般社団法人「まなびぱれっと」は

【「せんせい」と「みんな」が安心して混ざり合う未来を。】

をMISSIONに掲げ、教員つまり「せんせい」とそれ以外の教育に関わる「みんな」が当たり前のように交流している未来のために始動しました。

今回は、「せんせい」と「みんな」が交流するための場づくりとしてイベント・オンラインサロン運営などを行っていくために必要な資金集めと、この想いに共感し、応援してくださる方々を募るためにクラウドファンディングを行います。
〇なぜ「せんせい」と「みんな」が安心して混ざり合う必要があるのか

教員を目指して学んでいた教職大学院時代。教員になるべきか、民間の道に進むべきか悩んでいました。

その一方で、「せんせいのたまご」という団体を始めました。

そこでは、学生が主体となって、教員志望の学生と教育に関わっているさまざまな方々との対話の場を提供するようなイベントの運営を行いました。

それまで「学校の先生」という選択肢しか意識していなかった学生が、教育に携わる様々な社会人に触れて世界が広がっていく姿。学生同士がイベント作りなどを通して関わっていく中で、共に学ぶ姿。「混ざり合う」ことの可能性の大きさを実感しました。

そのような活動を経て、僕は教員になる決意を固めました。

教員になって学校現場に入り、学校の先生方が子供たちの未来のために全力を尽くそうとしている姿に改めて感銘を受けた一方で、教員の学校外とのつながりの少なさに危機感を抱くようになりました。

教員が多様な価値観に触れることができない現状では、子供たちの可能性を広げていくことに限界があるのではないかと感じました。

教育は学校だけでするものではないと言われているものの、「せんせい」と教員以外の「みん

教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜
「せんせい」と先生以外の「みんな」が安心して交流していくために。交流のきっかけとなるようなイベントや、日常的な関わりを生むオンラインサロンなどの場作りをする「まなびぱれっと」。実際に学校現場で働いている公立教員一年目と民間人が、現場で働きながら起業・運営に挑戦。

な」が安心しながら混ざり合う場所は多くありません。

単発のイベントや教員同士、教員以外の人同士が関わる場は多く存在しますが、互いの対話が継続的に行われていく、実際に未来を作ることにつながるような場所はどれほどあるでしょうか?

現場のリアルも知って、この活動の価値を誰より信じる現役教員と、教育に課題意識を抱いて働く民間人が「共に作る」ことを通して、混ざり合っていく。

僕は、現役教員が作ることで教員同士が繋がり、民間人が作ることで教育に熱い想いがある人が集う場を「まなびぱれっと」で実現したいと考えています。

〇やりたいこと〇

「まなびぱれっと」がやりたいことの軸となるのは以下の5つです。

①「せんせい」と先生以外の「みんな」が安心して交流していくために、交流するきっかけになるイベント『パレット』

教育に関わる立場の人から刺激をもらい、自分はどう考えるのかブラッシュアップされていく場として、イベントを運営していきます。イベント毎に運営するメンバーを募り、やりたいトピックを出し合っていきます。「せんせい」と「みんな」で実際にイベントを協力しながら作っていくことで、より深く学んでいきます。

3月28日には、キックオフイベント『【繋がり】は本当に教育の可能性を広げるのか?』を行い、かえつ有明の田中理沙さんの実践を踏まえながら、繋がりと教育のもつ可能性について語り合いました。

②日常的な関わりを生むオンラインサロン『キャンバス』

下は高校生から上は60歳以上まで、教員や教育系だけではなく、様々な業界・職種の方々がそれぞれの立場から交流していくオンラインサロンです。

*申し込みフォームはこちら

月額 1000円(税込)で、Facebookプライベートグループでの活動に参加できます。

〈会員特典〉

・毎週のお話し会

・メンバー限定、メンバーが作り、参加するイベント

ex. グラレコ、特別支援、大恋愛…

・代表小泉志信の記事投稿

・まなび

教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜
「せんせい」と先生以外の「みんな」が安心して交流していくために。交流のきっかけとなるようなイベントや、日常的な関わりを生むオンラインサロンなどの場作りをする「まなびぱれっと」。実際に学校現場で働いている公立教員一年目と民間人が、現場で働きながら起業・運営に挑戦。

ぱれっとの有料イベントへの無料参加

③教育×〇〇の可能性を広げる学校『アトリエ』

教育に関わる様々なジャンルの物事を敎育者の視点から学び、教育者としてのあり方を考えていく学びの場として始動する『アトリエ』。

最初は教育×コーチングのスクールとして始動します。0期メンバーはクラウドファンディングで募集しますので、リターンの欄をご確認ください。

今後は、『哲学対話』『性』などなどさまざまな分野について学んでいきます。↑教育×コーチングで以前行ったイベント

④教員志望の学生が学びながら行うイベント運営『せんせいのたまご』

学生自身がさまざまな教育のあり方を考えて教員になっていく場として、「せんせいのたまご」でのイベント運営を行なっていきます。

*せんせいのたまごに関する記事はこちら

⑤教員が会社にインターンする『先生インターン』

先生がもしも企業にインターンできたら、学校以外の社会を知ることができ、加えてインターン先とのコラボ授業へと展開していくのではないでしょうか?

ただ「せんせい」が学校以外の社会を知るという意味にとどまらず、その後のコラボレーションも想定して、マッチングしていくインターンを行なっていきます。

…などなど、混ざり合うための多様な方法を模索しています。
〇資金使い道〇

資金の使い道としては、一般社団法人の登記費用及び、ホームページ作成費用、zoom等の使用料、人件費などに当てさせて頂ければと思っています。

一般社団法人登記関係費用(約200000円)

ホームページ・ロゴ作成費用(約300000円)

zoom等の諸経費(約50000円)

CAMPFIREへの手数料(約100000円)

一般社団法人「まなびぱれっと」の運営資金(残額)
〇リターン〇

今回支援をしていただいた方々には、以下のリターンを考えています。

全力で応援:3000円、1万円、3万円、10万円、50万円から選択

まなびぱれっとの活動を全力で応援し

教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜
「せんせい」と先生以外の「みんな」が安心して交流していくために。交流のきっかけとなるようなイベントや、日常的な関わりを生むオンラインサロンなどの場作りをする「まなびぱれっと」。実際に学校現場で働いている公立教員一年目と民間人が、現場で働きながら起業・運営に挑戦。

たい方に向けたものです。ご支援いただいた際には運営から感謝の気持ちを込めた熱いメッセージを送らせていただきます。金額に応じた内容は以下の通りです。

3000円:運営から感謝を込めたメッセージ(運営1名より)

1万円:運営から感謝を込めたメッセージ(代表理事小泉志信より)

3万円:運営から感謝を込めたメッセージ(代表理事小泉志信と運営1名より)

10万円:運営から感謝を込めたメッセージ(代表理事小泉志信と運営2名より)

50万円:運営から感謝を込めたメッセージ(理事メンバー全員より)

お話し会お試し参加:3000円

まなびぱれっとが運営するオンラインサロン「キャンバス」が毎週末開催するメンバー内でのお話し会にお試しで参加したい方に向けたものです。参加日程は5月~6月の間の夜20時~21時半から選ぶことができます。ご都合のいい日程でご参加いただけます。

小泉志信と運営メンバーとオンライン飲み会:5000円

まなびぱれっと代表理事と運営メンバーと話してみたい!という方に向けたものです。開催日程は4月28日の夜を予定しております。

小泉志信をオンラインで2時間貸し出します!:3万円

代表理事小泉志信と2時間オンラインで話すことができます。話す内容はご相談、小泉志信の話を聞くなど支援者さまにお任せします。場所はクローズドなzoomか公開可能なclubhouseどちらか選択できます。日程に関しましてはメールで別途相談させていただきます。
※相手を不快にさせる、尊厳を傷つけるような言動、相手の意思に反した性的な言動等があった場合はいかなる場合でも中止とさせていただきます。その際いただいたご支援は返金することができません。

コーチング×教育のスクール0期生に!:5万円

8月から本格始動するスクール事業に0期生として参加したい方に向けたものです。アメリカ発のコーチ育成実績のある【ICF認定】コーチングプログラムであるCAMを運営している株式会社CONEと共同で

教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜
「せんせい」と先生以外の「みんな」が安心して交流していくために。交流のきっかけとなるようなイベントや、日常的な関わりを生むオンラインサロンなどの場作りをする「まなびぱれっと」。実際に学校現場で働いている公立教員一年目と民間人が、現場で働きながら起業・運営に挑戦。

行います。6月~7月の2か月間でオンラインで開催します。全9回で各回1時間半~2時間を予定しています。0期ですのでプログラム等は運営しながら変更する可能性もございます。3月28日段階の予定です。

【全内容】※変更の可能性がございます。予めご了承ください。

①そもそもコーチングとは?
②対象者への認識
③解の所有権
④コーチングスキル
⑤人を動かす問い
⑥リアクション
⑦自己のあり方
⑧教育者としてのあり方
⑨あなたの考える教育とコーチングの可能性について発表

ホームページ掲載:5万円、20万円、 50万円から選択

ご支援いただきました個人様、団体様、企業様に関してホームページに掲載させていただきます。
金額に応じたホームページ掲載内容は以下の通りです。

お名前を小さく掲載:5万円

お名前を大きく掲載:20万円

お名前とロゴ等のお写真も込みで掲載:50万円

*ホームページはこちら

※特定の宗教や政治等に関わるものは掲載できません。予めご了承ください。

頂いたご支援は一般社団法人まなびぱれっとの運営に使用させていただくもので、小泉及び運営メンバーが私的に使用することはありません。
〇最後に〇

拙い文章ながら、ここまで読んで下さって本当にありがとうございました。

頂いた支援はこちらで大事に使わせていただきます。

教員一年目で無謀な挑戦と思われるかもしれません。

ですが、誰かが動かなければ世界は変わりません。その1歩を踏み出した僕に力を貸してください。

ご支援よろしくお願いします。

一般社団法人まなびぱれっと代表理事 小泉志信

*小泉志信に関する教育新聞特集記事はこちら


元サイト
教育に関わるあらゆる人の繋がる場を〜公立教員一年目と民間人が起業する新たな挑戦〜

HOMEへ戻る

タイトルとURLをコピーしました