【佐賀豪雨水害被災】音楽制作・編集に必要な機材破損のため購入費用をご支援下さい!

【佐賀豪雨水害被災】音楽制作・編集に必要な機材破損のため購入費用をご支援下さい!
2021年8月佐賀豪雨でNPOキャンバスも被災し、大切な機材や移動に不可欠な電動車いす等破損し大打撃を受けました。水害により破損した機材修繕費が必要となりこのプロジェクトを立ち上げました!当法人は障害で通勤困難者を在宅勤務で雇用し、音楽の特性を活かした障害者の働き方改革を目指しています。

初めまして!NPO法人キャンバスと申します。
2021年8月佐賀豪雨にて被災しました!!

 NPO法人キャンバスは佐賀豪雨による被災で、事務所にあるパソコンの故障や電動車いすの故障などの損害を被りました!

そのため、破損した電動車いすの修理やパソコンなどの修繕・購入費用が必要となりました。
早急に現状回復をしなければなりません!
このような経緯でこのプロジェクトを立ち上げようと考えました。

助けてください!!!
ご挨拶

キャンプファイヤーをご覧の皆様、キャンバスのページをご覧いただきありがとうございます!
キャンバスは2020年5月「難病・障がい支援キャンバス」という任意団体として誕生いたしました。
その後、2020年12月末に佐賀県県民協働課様より特定非営利活動法人の認可を頂き
2021年1月7日 登記にて「特定非営利活動法人キャンバス」として設立致しました。

↓画像クリックでキャンバスの公式サイトをご覧いただけます。

「障がい者が障がい者の為に就労場所を設立する」ことは難しい取り組みでした。しかし障がい者だからこそ解る、障がい者への支援のあり方と、この法人をNPOにする意義を真摯に捉えております。

 就労される皆様に、安全で安心でき自分の生き方と向かい合える時間の流れを作り、なおかつ手を取り合いながら、頑張り笑いあえるような法人を目指しております。
キャンバス事業紹介 

 キャンバスでは主に、「歌ってみた」に欠かせないMIX&マスタリング(以下MIX)などの依頼受注を行っております。

 歌ってみたとは、ご自身で歌った既存の曲や、ボーカロイド楽曲をYoutubeなどの動画や配信サイトで紹介する活動のことを言います。

 MIXとは、歌ってみた楽曲を制作するうえでボーカルの音程を整えたり、様々なエフェクトを使い、素敵な作品に仕上げます。歌ってみた楽曲制作には欠かせないものとなっております。

↓画像クリックでキャンバスが行っているMIXについての概要サイトをご覧いただけます。

キャンバスでMIXさせていただいた「歌ってみた」作品のサンプルです。
【歌ってみた】ルナ・ティアラ 夜に駆ける(ニコニコ動画 42,331 回再生 9/28現在)
MIXをご依頼されたお客様の声

キャンバス公式ツイッターより
このプロジェクトで実現したいこと

 前述の通り、このプロジェクトの目的は、佐賀豪雨での被災により破損した機材の購入資金を集めることです。

 キャンバスは就職難で悩む難病・障がい者の方々が、音楽スキルを活かし仕事に繋がる事業を行うことを目的とし、設立いたしました。

 私どもは音楽に熱中することで、病気の苦しみを和らげ、癒され、そして前向きに生きる励みとなりました。難病・障がいを抱えながらも、マウス操作と簡単なキーボード操作で就業は可能です。

 また、前述のとおり「歌ってみた」という自分の歌唱を発表することが流行しています。MIXエンジニアの多くが個人事業で行っております。現在、MIXエンジニアをNPO法人で雇用している事業所はございません。

 現在、MIXエンジニアは人手不足です。私どもはMIXの豊富な経験を活かし、高品質の技術により素晴らしい作品にさせていただいております。そのことで、新たに「歌ってみた」に参加する方々が、気軽に安心してMIX依頼がしやすくなる環境づくりのパイオニア(先駆者)となりたいと考えています。

 MIXによる「歌ってみた」に投稿する方々へのサポートを行うことで、音楽という共通言語によるバリアフ

タイトルとURLをコピーしました