【静岡大学学生フォーミュラ】EVを作って走らせたい!〜未来のエンジニアの挑戦〜

【静岡大学学生フォーミュラ】EVを作って走らせたい!〜未来のエンジニアの挑戦〜
静岡県から車づくりを通して日本の産業を支える未来のエンジニアを生み出す静岡大学のプロジェクトです。今年から電気自動車を製作し、大会に出場するための資金獲得を目指してクラウドファンディングに挑戦します!

ごあいさつ

はじめまして。静岡大学学生フォーミュラチームSUMです。私たちSUMは静岡大学の学生のみで構成され、毎年9月に行われる学生フォーミュラ日本大会に向けて1年に1台小型レーシングカーの設計・製作・走行を行っています。

私たちSUMは2004年の第2回大会から出場し、2009年の第7回大会では総合5位という好成績を収めることができました。その後、トラブルのため全種目完走できずリタイアしなければいけないことが続くなど苦難の年を乗り越え、2017年大会では総合12位、2018年大会では総合15位とあと一歩で総合順位一桁が達成できるところまできました。

しかし、私たちSUMが総合順位一桁を達成するためには車両性能を競う競技で圧倒的に足りないものがありました。それは、加速性能です。加速性能を競う競技では2017年と2018年の両大会とも30位台となっており、加速性能を改善することが総合順位一桁への第一歩であることは明らかでした。

そこで、私たちSUMはガソリン車よりも加速性能が高い電気自動車(EV)に目を付けました。また、EVのレーシングカーについて詳しく調べてみると、欧州で行われている学生フォーミュラ大会では、ICV(ガソリン車)よりもEVの方が盛んであり、圧倒的な性能差を見せつけていることが分かりました。

そして私たちは今年EVプロジェクトを立ち上げ、課題であった加速性能を改善し、長所とすることを目標にヤマハ発動機様ご支援のもと、EVマシンの開発をスタートしました。

頂いたご支援でバッテリーを購入します!

バッテリーの購入費は150万円とチームの年間予算の約50%を占めており、購入資金を捻出することが難しい状況です。 動力源となるモーターやインバーターなどは通常の自家用車のものより高性能なものを搭載するため、バッテリーもそれらに見合うよう大型かつ高性能なものが必要となります。 そこで今回のクラウドファンディングで、皆様から頂いたご支援をもとにマシンに搭載するバッテリーを購入します。
※クラウドファンディングを行うためには支援金額の10%の手数料がかかります。

また、大会に出場する車両は、静岡大学、地元静岡の地域の方々、全国の企業の方々のご協力で製作することができています。この活動を支援して頂いた方々のためにも、EVマシンを作り上げ最高の加速をお見せしたいと考えています。

どうか皆さま、応援のほどよろしくお願いいたします。

リターンについて

今回、金額に応じてお礼のお手紙や活動報告、記念品の送付はもちろん、Webサイトやスポンサーパネル、更には車体への記名をさせていただきます。皆さんも一緒になって戦いましょう!

<プロジェクトオーナーについて>

●お問い合わせ先

 静岡大学学生フォーミュラサークルSUM

 E-mail: shizuokauniversity@gmail.com

●静岡大学SUMホームページ

 https://www.sum-fsae.net/

●静岡大学SUM Twitter

https://twitter.com/sum_hamakaze/

●静岡大学SUM Instagram

https://www.instagram.com/shizuoka_univ_motors/

●静岡大学SUM ブログ

 http://blog.livedoor.jp/sum_hamakaze/

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たな

タイトルとURLをコピーしました