農家さんとママと子どものお米作りプロジェクト〜テーマは、食育とフードロス削減〜

農家さんとママと子どものお米作りプロジェクト〜テーマは、食育とフードロス削減〜
子どもたちに“食育“を肌で体験させながら学ばせたい!そんなママたちの想いを実現させたい、福岡ママプロジェクトのママたちと、農家さんたちを助けたい!フードロスを無くすために活動をされているサイクルイーツさんと想いをカタチにしていく共同プロジェクト。農家さんと一緒にお米作り“ママプロ米“を作ります。

🌱はじめに

はじめまして。福岡ママプロジェクト発起人の中野亜希と申します。福岡ママプロジェクトとは、福岡のママたちがママたちを元気に、そして福岡の街を盛り上げる事を目的としたプロジェクトチームになります。

https://instagram.com/fukuokamama2020?utm_medium=copy_link

🌱このプロジェクトで実現したい事

コロナ禍で我慢続きの子供達。土を触る機会の少ない今の時代の子供達に 農家さんの力添えを借りて お米作りをしたい。その体験を通じて 食べ物の有り難さ 働く事の意味を伝えたい。

その為には 農家の方々にボランティアとしてでは無く 正規の対価の25万円をきちんとお支払いしたい。

そんなママたちの想いから今回プロジェクトを立ち上げました。

実際に、福岡市早良区内で6月6日に農家さんたちのお力添えの元、初の田植え体験を実施致しました。その時の様子がこちらになります。

親子またはご家族総勢20組が参加され、1束1束丁寧に田植えに参加していただきました。子どもたちはも一所懸命黙々と田んぼに稲を植えてました。みんな泥まみれになりながら、農家さんの協力もあり、無事に田植えが完成しました!

ママプロ米の第一歩です。

🌱私たちの地域のご紹介

私たちは九州北部にある福岡県に住んでます。海も山もあり、街から博多駅や福岡の玄関口の福岡空港までの移動も近く、まさに、子育てに適した住みやすい県です。
🌱プロジェクトを立ち上げた背景

今回ママプロのみんなとMTGの中で今年、実現させたい事の1つに【ママプロ米を作りたい!】と言う声が上がりました。コロナ禍で園行事、学校行事もなくなり、運動会や遠足、その他の当たり前にできていた事が延期や中止でできなくなり、子どもに体験させる機会はもちろん、幼少期に大事な感性を磨く機会も奪われているのが現状にあります。

※実際の田んぼの様子 9月中旬撮影

また、土に触れる機会が少ない昨今、農家さんのお仕事を知らずに育つ未来の子どもたちに対して、野菜の育ち方、収穫の仕方、食卓に運ばれてくるまでの過程を知らない、そんな子どもたちへの食への大切さを、どうか親である私たちと一緒に体験しながら学ばせる機会を作ることはできないか。

と、言う想いから産まれた今回のママプロ米プロジェクトになります。親として子どもと1年かけて体験や経験から学ばせたい。

しかし、我々ママたちだけでママプロ米を作るために、何から始めたら良いのか、考えてる矢先に、【CYCLE EATS】 さんと出会い、農家さんとママさんたちの架け橋役を引き受けてくださいました。

CYCLE EATS(サイクルイーツ)さんのご紹介。

フードマッチングサービス

食に関わる事を通して、様々な食べ物と人を引き合わせる事で、あらゆる社会問題などを解決する取組みをされています。農業体験もその1つの取組みです。農業体験をする事で、作る過程の大変さが理解できて、食べ物の大切さを再認識できるという事で、食育、フードロス削減、菌との共存で強い身体作りもできて、子どもたちへの学びに繋がる取り組みという観点から、一緒に協力して実現に向けたプロジェクトになりました。

CYCLE EATS(サイクルイーツ) | ストアとカスタマーとを直接繋ぐ『食品マッチングサービスアプリ』
食べ物限定の訳あり商品を、ストアとカスタマーとを直接繋ぐ、食品マッチングサービスアプリです。

私たちも正直無知で、CYCLE EATSさんに出会うまで、お米作りに費用がかかるとは知らず、体験を子どもたちにさせたい!その一心で進めてきました。

今回、1年間、田んぼをお借りして育てて収穫して精米して袋詰めまで

タイトルとURLをコピーしました