【NOAH】動物たちとコロナ禍を乗り越えたい! 再度のお願い

【NOAH】動物たちとコロナ禍を乗り越えたい! 再度のお願い
2度目のお願いですみません。皆様に助けていただき、第3波を乗り越えることができましたが、その後も第4波・第5波とコロナ禍が長引いたことで収入が激減し、存続の危機が再来してしまいました。日本初輸入したスナネコが2度目の出産をしたり、動物たちは頑張っています。この危機を乗り越えるために助けてください!

はじめに・ご挨拶

1999年に動物園の魅力とペットショップの魅力を兼ね備えた全天候型屋内施設「インナー・シティ・ズー ノア」を横浜に創設。コツメカワウソ、サーバルキャット、フタユビナマケモノ、フラミンゴ、アルダブラゾウガメなどをはじめ、魅力的な哺乳類・鳥類・爬虫類を至近距離でご覧いただき、馴れた動物は触れ合いもできる施設として多くのお客様に可愛がられてきました。

しかし、新型コロナウィルスの影響でほとんどの収益の道が閉ざされ、動物の餌代の捻出すら厳しい状況が続いたので 昨年末に初めてのクラウドファンディングを実施し、多くの方々から暖かいご支援や応援メッセージをいただいたおかげで何とか第3波を凌ぐことができました。本当にありがとうございました。

ご支援いただいた資金で動物たちに充分なエサを与え、感染防止対策として強制換気システムも構築し、コロナ明けに備えたのですが、残念ながら第4波、第5波と緊急事態宣言が再延長されるほどの状況下で控えめな営業活動を余儀なくされ、厳しい状況が続いているので、今回2度目のクラウドファンディングで再びご支援をお願いさせていただく事態になってしまいました。

この苦境を動物たちとともに乗り越え、今後も多くの魅力的な動物をご紹介する場でありたいと思いますので、あと一押しのご支援を賜りますようよろしくお願いします。
このプロジェクトで実現したいこと

まずは動物たちの飼育経費を賄い、存続し、動物たちの飼育環境改善につなげたい

皆様と魅力的な動物たちとの出会いの場であり続けたい

動物との触れ合いを通してお子さんたちの慈しむ心を育みたい

動物たちにとってより良い飼育環境を追求し、馴致によりストレスを最小化し、より多くの希少種の飼育下での繁殖を実現すること
私たちの地域のご紹介

「インナー・シティ・ズー ノア」は横浜ベイサイドマリーナ地区に位置しています。横浜ベイサイドマリーナは日本最大級のマリーナ で、アウトレットモールの先駆けともいえる三井アウトレットパークも2020年6月に大幅にスケールアップしてリニューアルオープンし、ユニクロパークも新設され、エンターテインメント性のある総合商業施設として今後ますます発展しそうです。また近隣の横浜南部市場もBRANCH横浜南部市場として全く新しい施設に生まれ変わり、鳥浜地域の発展の勢いが止まりません。
これまでの活動

「見て、触って、買える動物園」をコンセプトに多くの珍しい動物とその魅力をご紹介してきた趣旨は、皆様が動物と一緒に暮らしたいと思った時に自分に一番適した動物を探すためにも選択肢を増やした方がいいと考えたからです。例えば動物好きのお子さんが獣毛アレルギーを持っている場合にペット飼育をあきらめなくてもリクガメなら飼えるかもしれませんし、集合住宅で鳴き声の大きな動物飼育がNGでもフェレットやウサギなら飼えるかもしれません。
その一方でノアで生まれたコツメカワウソがテレビ出演し、人気が急上昇したことによる供給不足が密輸などの犯罪行為を引き起こし、多くのコツメカワウソが犠牲になるという苦い経験もしました。SNSで情報拡散のスピードがけた違いに早い昨今、特定の動物が短期間で流行るようなプロモーションは控えるべきだと痛感しています。
そのためにもより多くの魅力的な動物をご紹介する機会を増やすべきだと考え、インナー・シティ・ズー ノアでのリアルな体験だけでなく、イベントや移動動物園の要請にも対応し、今後も注力していきます。
また、テレビ番組、映画、CM、YouTube、などへの

タイトルとURLをコピーしました