今こそ空を見上げよう。首里城復興祈願!世界遺産20周年プロジェクト

今こそ空を見上げよう。首里城復興祈願!世界遺産20周年プロジェクト
「首里城復興祈願」「新型コロナの収束」「”琉球王国のグスク及び関連遺産群”世界遺産認定20周年記念」この3つをテーマに『ヒヤミカチ沖縄10.31project』が立ち上がりました。沖縄から日本へ、世界へ、 「希望の光」が届きますように。

みとして、花火プログラミングを各地域の子供たちと作成。自身で作成した作品が打ち上がる瞬間は何にも変え難い感動として、世界遺産の空に大きな花を咲かせます。

また、より実践的な教育として子供たちの学習心・探究心に追従します。

その思い出は彼らや彼女たちの未来はきっと明るくすると信じます。

この日の花火のように。

≪浦添てだこまつりとのコラボレーション≫

昨年、世界遺産4箇所で打ち上げを行いましたが、多くの要望をいただいたのが、首里城近くでの実施です。浦添城は首里城から直線で約3.5kmと近く、首里城に移る前には“中山王”は浦添城を居城としていました。現代においても、都心と近く、また標高は周辺より抜けた高度にあり、花火の打ち上げとしても最適な場所と言えます。

コロナ禍で中止となった「浦添てだこまつり」。例年以上に子どもたちが楽しみにしていたイベントとして、最終日にあたる今年の10月31日は、ヒヤミカチ沖縄とのコラボレーションとして浦添城からも花火を打ち上げます。琉球歴史ドラマ「テンペスト」の再現を考え、琉球舞踊などの演出により、シーンを盛り上げます。

≪ヒヤミカチ沖縄!音楽&文化芸能とのコラボレーション≫

タイトルにある「ヒヤミカチ沖縄」。

観光や飲食店、エンターテインメント。

昨今の暗い話題が多い沖縄を元気づけるために、ここ沖縄ならではの演出を実施します。

音楽はもちろんのこと、エイサーや琉球舞踊とのコラボレーション。

目で見て、耳で聞いて、心で沖縄を感じてもらえるシーンを演出します。

◆ リターンのご紹介

【①ヒヤミカチ沖縄を応援 】 3,000円

サポーターとして公式ウェブサイトにお名前を掲載致します。
※「SPECIAL SUPPORTERS」の欄へ掲載いたします。
※お名前はニックネームも可能です。掲載は1名もしくは1グループ名称、最大12文字までとさせていただきます。

【②思い出の花火をお手元に】 5,000円

①の他、お礼の絵葉書をお送りさせていただきます。
※画像はサンプルとなります。当日撮影したの花火の画像が絵柄となります。

【③首里城復興をあなたと】 8,000円

①②の他、首里城火災で焼け残った赤瓦に特製サングワァーを付けたお守りをお送りさせていただきます。
サングヮーとは、沖縄で魔除けとして子供に身につけさせたり、供え物(食べ物)を守護したりと、今も身近に使用されています。お持ちいただいた方を護ってほしいと心を込めて一つひとつ手作業にて制作いたしました。

※お守りは直径約4㎝・重さは約50gとなります。赤瓦の素材によって多少大きさは異なります。
※サングワァーの色は2種類(赤/黄)となりますが、お色はお選びいただけません。
※サングワァーは全長約17㎝(ストラップ部約7㎝・サングワァー部約10㎝)となります。

【④首里城首里城復興をあなたと2】 15,000円

①②の他、③でお送りする首里城の赤瓦で製作したお守りを、サングワァー(赤/黄)2つをお送りさせていただきます。

【⑤サポーターとしてヒヤミカチ沖縄へ参加】 30,000円

①②③④の他、花火観覧シートを2席分お送りさせていただきます。
※観覧シートは中城城跡特設会場となります。その他の会場はお選びいただけません。
※花火は19:30からの打上げ予定となります。(各会場リレー方式での打上げとなります。)
※社会情勢による、会場使用並びに有客の許可がとれない場合は、このリターン品は不可となります。その際は全会場花火&中城会場での

タイトルとURLをコピーしました