Instagramおしゃれアカウント(2万フォロワー)が提案する美容室の新しい形

Instagramおしゃれアカウント(2万フォロワー)が提案する美容室の新しい形
この度『美容室でトータルスタイリングができる仕組み』を構築しました!美容室に服屋&スタイリングサービスを導入することで、カット中に服の提案や普段着の着こなしについてアドバイス→カット終了後にその髪型に合う服が用意されている。というファッションの可能性を広げる新しい仕組みを考えました。

はじめまして。
コモンルーム 代表の北島拓馬と申します。
私自身インスタグラムでスタイリングサービスを行っており、
現在フォロワー数が1.9万人います。(コモンルームInstagram)
今回、私は『美容室でトータルスタイリングができる仕組み』というものを構築しました!
美容室に「服屋の機能」&「スタイリングサービス」を導入することで、
カット中にお客様とオンライン通話ツールでスタイリングについて色々と話をし、
髪を切った後その髪型に合う服の提案や普段の服の着こなしについてアドバイスする。
カット終了後には、その髪型に合う服が用意されている。
という、とてもファッションの可能性を広げる仕組みとなっています!
これは今までにありそうでなかったサービスです。
この大きな可能性を当たり前レベルに普及させていくためには、宣伝活動が大きなカギを握ります。
そのため今回、動画作成費用をこのクラウドファンディングで募りたいと考えました。
読み進める中でご賛同いただける方は、ぜひ一緒に作り上げていければと思います。

1.きっかけ

ある日、美容室でカットしてもらっている時にある疑問がふと浮かんびました。

「あれ?美容室と服屋ってなんで別々なんだ?」

アパレル業界に長く携わりスタイリングサービスをしている私にとっては、この疑問が今回の事業をスタートさせるきっかけになりました。

その上で色々と分析・調査をしたところ、美容室は日本で一番店舗数の多い業種であるということがわかりました。
その数、なんと23万店舗。
あのコンビニの53,000店舗よりも多く、そしてなんと信号機(20万基)よりも多いのです。
驚きですよね。
その多さゆえに美容室を開業しても数年で閉店となるということは、何も特別なことではありません。

2.それぞれの課題とメリット

美容業界、ファッション業界ともに課題とメリットがあります。

美容室業界の課題は「集客(他店との差別化)」と「単価アップ」です。
一人当たりの髪の量には限りがあるものですので、カットとカラー以外はシャンプーや整髪剤などでしか単価アップができません。

ですが美容室には大きな利点が2つあります。
1.カットやカラーしている間にお客さんと何でも話せる。
そして来店すればするほどに話の内容も深くなっていくので、信頼関係が構築されやすい。
2.髪は自分では切れないので絶対に美容室に行く必要がある。
コロナ禍の今では来店する周期を延ばすことはあれど、髪は何もしなくても勝手に伸びていくのでやはり美容室に切りに行きます。

そのため、必ずお客さんがリピート来店し、しかもカットの時に必ずコミュニケーションが生まれる。
これはビジネス的に考えてめちゃめちゃメリットでしかないわけです。
ですが現状多くの店舗がこの利点を最大限活用できていません。

一方、私の携わっているファッション業界(リアル店舗)の課題はというと「ネット通販の台頭」です。
いまやコロン以降に至っては、ネット通販で服を買うのが主流となっています。
そのため圧倒的にリアル店舗での集客は激減しています。かといって、この流れはたとえコロナが終息したとしても客足が戻ることはないでしょう。

ご存知かもしれませんが、実は服屋は服を売るだけの場所ではありません。
お客さんと店員とのコミュニケーションの中で、スタイリングや服の着こなし方、トレンドのアドバイスをすることでお客さんのファッションセンスの向上も担っているのです。

大げさな言い方をすると「ファッション文化の伝承と普及」の

タイトルとURLをコピーしました