無料音楽フェス「東北HAPPYHOLIDAY」を成功、継続させたい!

無料音楽フェス「東北HAPPYHOLIDAY」を成功、継続させたい!
10/24(日)仙台で予定している無料野外フェスティバル「東北HAPPYHOLIDAY2021」今だからこそ荒んだ心を潤わせて優しく健康でいるために、生の音楽と人の温度は必要だと信じています。安心して楽しめるフェスを実現、継続するため"幸せな休日"を作る一員になってもらえたらとても嬉しいです!

【はじめに・ご挨拶】

はじめまして。
福島県出身、仙台在住の「@なおポップ(ナオポップ)」と申します。
東北全県、関東を拠点にシンガーソングライターとして活動をさせていただいています。

こんな歌を歌っています。

新型コロナウイルスの感染拡大以降は、宮城県と岩手県がライブ活動の中心となっております。
また、配信ライブなど新しい音楽の届け方も模索しながら、活動を続けさせていただいています。
【このプロジェクトで実現したいこと】

このプロジェクトは、僕が音楽活動で各地を旅させていただく中で出会い、心を動かされた、東北および全国各地の凄腕ミュージシャンを一挙仙台にお招きする無料音楽フェスティバル

「東北HAPPYHOLIDAY」

の2021年開催と継続のために立ち上げさせていただいたプロジェクトです。

この映像でも、イベントの趣旨や雰囲気が伝われば幸いです。

現時点(2021年8月23日)では、2021年の開催は10月24日(日)に上記映像のような野外フェスティバルとして開催予定です。

仙台市からの名義後援のもと、西公園という広々とした公園をお借りしており、感染対策を徹底しながら開催ができるよう、専門家のみなさまのご意見等も取り入れながら準備を進めております。

現時点での感染対策に関する詳細はこちら
https://tohokuhappyholiday.jimdo.com/taisaku/

感染拡大の状況が改善されない場合は、昨年開催させていただきました無観客オンラインフェスティバルへと開催方法を変更させていただく予定です。

※昨年のオンライン開催の様子

いずれにしても”本物の音楽を絶やさない”でいるための場所として、このフェスティバルを今年も開催させていただき、継続させていただきたいと思っております。
【これまでの活動】

このフェスティバルの初開催は2012年、当時仙台にありましたHEAVENという小さなライブハウスからはじまりました。

翌年から会場を仙台MACANAへ移し、3年に渡り仙台での開催を続けさせていただきました。

この頃から、野外無料フェスティバルへの移行を考えていました。

生音楽という娯楽自体がアンダーグラウンドになりつつある時代ですが、

その時代に生きるアーティストの生身からでしか生み出されることのない、正直な音楽や言葉はそこにあり続け、それを求めているリスナーがいることも事実です。

しかし、出会う機会自体がない人がまだまだたくさんいるのではないかと思ったのです。

押し付けたい訳ではありませんが、

もっと世の中に触れられるべき音楽や人たちなのかもしれない。

それを試す場所があってもいいんじゃないかと思ったのです。

野外開催へ移行する前に「東北」と冠がつく以上、東北全県で開催してから移行したいと思い立ち、2016年~2017年にかけては、宮城県以外の5県での開催を決行しました。

福島
青森
岩手

山形

秋田

そして、2018年から夢だった野外開催へと生まれ変わりました。

無料野外フェスとなり、みなさんにお買い求めいただいていた「チケット」という収入減がなくなりました。

正直なところ、それまでの開催は全公演について僕自身はこのイベントでの収入はゼロでした。
むしろ殆どは赤字運営でした。

それでもやるべきだと信じ進んできましたが、野外フェスという規模になると1人で気軽に背負えるような金額ではなくなってきてしまうもので、悩みに悩みました。

「営業をかけてスポンサーとなってく

タイトルとURLをコピーしました