市民が主役の地域芸術祭「ねこのよりあい〜風通しのいい場所〜」を開催したい!

市民が主役の地域芸術祭「ねこのよりあい〜風通しのいい場所〜」を開催したい!
アートを通して人と人とが出会い対話し、心に風を通す場所、劇場。コロナ禍の今、市民が劇場に集まる機会が減っています。劇場が、表現に触れ心を豊かにする市民の居場所であり続けるために、愛媛県松山市にある民間の小劇場「シアターねこ」で、市民が主役の地域芸術祭を開催します!どうかご支援をお願いいたします。

ご挨拶

 皆さま初めまして。

 劇場で出会うプロジェクト実行委員会のページをご覧いただき、ありがとうございます。

 私たちは、愛媛県松山市にある民間の小劇場「シアターねこ」に集う、アートの作り手とその観客の集いです。「地域に暮らす人々が、アートをきっかけに対話し交流する場作り」の思いを形にするため、2018年から様々なアートイベントを企画・実施しています。

このプロジェクトで実現したいこと

 2021年11月7日に、市民が主役の地域芸術祭「ねこのよりあい ~風通しのいい場所~」を開催したいと思っています。このお祭りでは、市民から公募した作品を展示・上演したり、市民参加型のワークショップを開催します。誰もが「自分の居場所と出番」を実感できるお祭りを作り、地域に暮らす人々の心に風を通すことを目標にしています。

 コロナ禍の今、劇場に人が集まることが難しい状況が続いており、その終わりも見えません。私たちが企画した地域芸術祭も、本来ならば昨年度の開催を予定していましたが、中止せざるをえませんでした。

 イベントを安全に実施するための感染症対策を施したうえで、今年こそは必ず開催し、市民一人一人が主役となる地域芸術祭を実現したいです。
プロジェクトを立ち上げた背景

 普段なら出会わないような人や、話題にのぼらないようなことでも、アートをきっかけにした出会いから、その輪が広がり対話が生まれることがあります。

 劇場が、人と人との出会いと対話の場であり、表現に触れて心を豊かにする市民の居場所であり続けてほしい。その想いから、私たちはコロナ禍において活動が制限される中でも、オンラインでのアートイベントを継続して開催し、地域芸術祭で発表するための企画を準備してきました。

 今年こそは人と人とが直接出会える場所をつくり、私たち市民がアートを通じて対話し交流できる地域芸術祭を開催したいです。
「ねこのよりあい 〜風通しのいい場所〜」とは

 コロナ禍において、私たちは、おうちでアートを体験できる年間プログラム「まちねこリーディング」「いえねこ戯曲道場」「であう うまれる のらねこサロン」を開催してきました。昨年度はのべ90名の市民の皆さまにご参加いただきました。

 「ねこのよりあい」では、これらの年間プログラムで作り上げたリーディングの上演、書き上げた戯曲作品の発表、俳句ワークショップなどを予定しています。

 また、市民発案のダンスワークショップや俳句大喜利など、子どもから大人まで楽しめる体験型の企画を多数開催予定です。

 「ねこのよりあい 〜風通しのいい場所〜」について、具体的な日程は下記の通りです。

*日時 2021年11月7日(日)10:00~17:00
*場所 シアターねこ(愛媛県松山市緑町1丁目2-1)
これまでの活動

 私たちは2019年9月に、市民主体の体験型の地域芸術祭「シアターねこフェスタ2019 ~未来と出会う~」を開催しました。

 地域芸術祭で実施した15のプログラムは、すべて市民からの公募により集まった企画です。

 演劇作品の上演や朗読・ダンスのワークショップ、お笑いライブやライブペイント、絵本の読み聞かせ、竹とんぼ作り、美術作品の展示、トークイベント、ハンドメイド作品のマルシェなど、多種多様な企画が集まり、のべ242名の市民の皆さまにご来場いただきました。

 参加しやすいプログラムが多く、来場者はもちろん、公募参加者同士の交流もあり、劇場での出会いを生むことができました。

資金の使い道

 ご支援いただい

タイトルとURLをコピーしました