【伝説の喜劇芸人ばってん荒川】秘蔵CDとブックレットを制作したい!

【伝説の喜劇芸人ばってん荒川】秘蔵CDとブックレットを制作したい!
伝説の喜劇役者ばってん荒川の没後15年を経て見つかった、本人の肉声で語られた音源。今回その音源を特別編集し、CDをより楽しんでもらえるようにばってん荒川の生涯を辿ったブックレットを作りたいと思います。

皆様はじめまして。私たち沢柳企画は、福岡を拠点とする芸能マネージメント会社です。

私、代表の沢柳則明は「ばってん荒川」さんと共に30年以上、二人三脚で歩んできました。

(株)沢柳企画の公式サイトはこちら→公式サイト
ばってん荒川の公式サイトはこちら→公式サイト

今回は喜劇芸人「ばってん荒川」について、若い世代の方達にもぜひ知っていただきたいと思いクラウドファンディングへの初挑戦します。

世代ごとに異なりますが、もしかしたらあなたのお爺さん、お婆さん、お父さん、お母さんはこの伝説の喜劇芸人をご存知かもしれません。
ぜひ、知っているか聞いてみてください。

ばってん荒川お米(よね)ばあちゃん ©︎沢柳企画

九州を拠点とし全国的に名を馳せた芸人
「ばってん荒川」
熊本で生まれ育ち、肥後にわか芸から始まり、舞台役者・歌手・バラエティ番組などで活躍した芸人。
18歳の頃に熊本で「ばってん劇団」に加入し、亡くなる69歳まで生涯芸人を貫いてきた人物。
有名な「お米(よね)ばあちゃん」は九州のみならず、全国で人気のキャラとなりました。

肥後にわかの舞台でのワンシーン ©︎沢柳企画
芸人ばってん荒川のすごさをここで少しご紹介します!

テレビでご覧になった方、肥後にわかの舞台などでご覧になった方ももいらっしゃるかもしれません。
そのほとんどが「アドリブ」で構成されていたばってん荒川の芸は観る人全てを魅了し、
全国のお客さんを「九州弁」で虜にしました。

「あんたがた、なんばしょっとね?」と舞台袖から出てくるだけで、ドッと笑いが起こる。
そんな笑いの裏にはばってん荒川の並ならぬ「芸への想い・こだわり」があったのです。

【なぜ今、ばってん荒川なのか!?】

今年はじめ、30年以上前に録音された、ばってん荒川が自身の人生を振り返りながら語る音源が見つかりました。
番組の収録で使う予定だったものがそのままお蔵入りしていたのですが、ある番組制作関係者から「実はこんなテープが見つかったんです」と言われました。

見つかった音源を聞いた時、まるでばってん荒川が天国から私たちにエールを送ってくれているような、生きるヒントを与えてくれているような気持ちになりました。

それがきっかけとなり、今このコロナ禍で少しでも多くの方にこのばってん荒川という芸人を通して「笑顔と勇気をお届けしたい!」と思いプロジェクトを立案しました。

ばってん荒川が音源の中で自身の人生を振り返りながら語っていることは、戦時中に生まれ、幼少期から苦労し、「芸能」という世界で自らの力を信じ続け、活躍し続けてきた人間ならではの言葉の重みがあります。

今回見つかった肉声の音源(コメンタリー)の一部を抜粋してご紹介します。

文字だけではなく、ばってん荒川自身が語る、「声」と「言葉」を伝えたい。

芸能生活49年、芸を愛し、磨き続けることをやめなかった芸人です。

人生に悩み、迷っている方へのヒントやエールにもなるのではないでしょうか。

ばってん荒川の魅力・人柄・芸能生活を余すことなく詰め込んだ、CDと雑誌(ブックレット)を制作。

往年のばってん荒川ファンの方も、はじめてばってん荒川を知ったという方にも楽しんでいただけるような内容でお届けできるように一生懸命制作します!

テーマは「令和に蘇るばってん荒川」として、
CDと雑誌を通じて「聴覚」と「視覚」で楽しめる内容を制作中です!

今回制作する、CDの内容を一部ご紹介いたします。
CDは、ばってん荒川本人が語る自身の話と芸能生活につい

タイトルとURLをコピーしました