工場冷凍庫損壊。[美味しい対馬穴子寿司]などを食べて、再建を応援して欲しい!

工場冷凍庫損壊。[美味しい対馬穴子寿司]などを食べて、再建を応援して欲しい!
コロナ渦で売上が半減の中、海星秋田県工場の冷凍庫が壊れ,納品する商品や原料が全て駄目になってしまいました。ピンチをチャンスに変えさせてください!そして美味しい対馬穴子の押し寿司、境港紅ズワイガニ2段押し寿司や秋田の美味しい枝豆等を全国に届けるチャンスをください!

はじめに・ご挨拶

こんにちは

秋田県鹿角市から、全国に冷凍食品を製造、販売しております株式会社 海星の佐藤と申します。海星の工場は、秋田県の大自然が残る十和田、八幡平国立公園の麓で、地場を中心に、こだわりの食材を使い、少人数で真心を込めて製品を製造、販売しています。

弊社では主に、冷凍食品を大手ホテル様や大手デパート様の通販部門、大手鉄道会社様のレストラン部門、高級居酒屋様などに卸しております。※現在はコロナ渦につき、大手デパート様の通販部門を除いて、ほぼお取引は停止状態です。

直近ではスポーツの祭典へ弊社冷凍寿司の納品、冷凍品販売機への冷凍寿司の納品、在宅ワークの皆様向けにきりたんぽ鍋の納品、さらにネット販売にも力を入れて、なんとかこのコロナ渦を乗り越えようと必死にもがいております。

日常から災害時でも海星の冷凍お寿司等を召し上がっていただき、ほっと一息をついてほしい!そんな思いから今日まで冷凍寿司を中心に商品を製造して、会社を経営してまいりました。

※下の写真は、海星の冷凍枝豆が新聞に取り上げられている様子です。左下が弊社社長の佐藤です。

※下の写真は、食をテーマにしたテレビドラマで、海星の冷凍枝豆が使われた時の写真です。

プロジェクトをやろうと思った理由

泣きっ面にハチの状況とはこのことで、もうどうにも手に負えない状況に陥ってきました。

突然工場冷蔵庫が故障して、原料や完成品も駄目になってしまいました。

クラウドファンディングの申請は、今回で3回目となりますので、再々投稿を非常に躊躇いたしましたが、何とかこの状況を打破したい、との思いから今回の投稿に至りました。

どうか皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか。

<冷凍庫故障が起きた日>

7月中旬、月曜日の朝、従業員が工場に出勤したところ、大変な事態を発見いたしました。

冷凍食品の心臓部ともいえる冷凍庫(完成品保管庫と一部原料保管庫)が壊れていました。

運が悪いことにその日は、工場が2日間の臨時休業日で、冷凍庫の温度が上がっている“警告アラーム”に、誰も気づくことが出来ませんでした。

本来はマイナス30℃に保たなければならない冷凍庫が、夏場という事もあり2日間で10℃まで上昇しておりました。

下の写真は今回交換した部品です。部品や作業賃で約20万円でした。(完全復旧の為にはまだ修理が必要です)

※下の写真は本来24時間稼働してないといけない冷凍庫( 凍結2と書いてあるほう) が、損壊の為か稼働してない様子を写した写真です。

弊社社長 佐藤が冷凍庫故障の第一報を電話で受けた後のひきつった顔、震えた声で “会社もうダメかもしれない、、” という声は一生忘れることが出来ないと思います。

それほど今回の件は、もちろん私もですが、社長にとっても衝撃的な出来事だったのだと思います。大口取引先様の納品まであと2日!というタイミングでの冷蔵庫破損は、それほどのインパクトがありました。

第2報、第3報がやって来るうちに、作り置きしていた完成品、原料が全てダメになっていることが分かりました。

※食中毒の恐れがあるため完成品、原料は廃棄処分となりました

※下の写真は、食中毒の恐れがあるため、手作りで丹精込めて作ったすべての商品を、泣く泣く廃棄している様子(写真は一部商品)です。

衝撃を受けながらも真っ先に保険会社様に電話をしたところ「天災ではないので保険の通用は不可」とのことでした。

その後、取引先銀行様にご相談したのですが、すでにコロナ関係で融資をして

タイトルとURLをコピーしました