もう傘を忘れない!傘とカバンをつないで両手が自由に使える傘ホルダー【ウィズカサ】

もう傘を忘れない!傘とカバンをつないで両手が自由に使える傘ホルダー【ウィズカサ】
「千葉市クラウドファンディン活用支援補助金採択商品」ウィズカサは傘に直接取り付けます。使う手間がかかりません! アームをカバンに付ければ、傘を持たずに済みます。電車でつり革に掴まる、スマホを使う、安全、便利!! 忘れ物№1の傘。手すりに傘をかける時も、アームをカバンに付ければ、もう傘を忘れません!!

はじめに・ご挨拶

合同会社ウィズ工房・代表 岡田 結美子です。

公益財団法人日本棋院に所属する囲碁棋士でもあります。

私は「あったら便利」を考える事が大好きで、楽しみながら手作りしている内に、

商品にしてみたいと思うようになりました。

発明学会へ入会し、アイデアを形にする為、色々とアドバイスを受けました。

初めて作った商品は、棋士の身近にある「扇子」からヒントを得た、

蛇腹折にしたパーテーションです。

【ウィズカサ】は、傘の置き忘れ経験者の自分用に、手作りした事がきっかけとなりました。

「発明と囲碁」には想像力・構想力・コミュニケーション能力など、通ずる点があると感じています。

皆様からの応援、ご支援の程、よろしくお願い致します。
プロダクトのご紹介
【ウィズカサ】は、傘に取り付けて使用する傘ホルダーです!

こだわり・特徴
【ウィズカサ】は傘に直接、取り付けます!だから、使う手間がかかりません!

【ウィズカサ】は、シリコンゴムリングを傘の柄に取り付けてセット完了!

忙しい朝の時間に、使い忘れもありません

電車に乗ったら、カバンの持ち手などに、フリーアームでつなげます

【ウィズカサ】を使えば、電車内で傘を持たずに済みます

電車に乗って、片手に傘を持つと、つり革に掴まるのも一苦労です。

取り急ぎのメールの確認も、片手でスマホを操作するのは困難…

カバンに傘を直接かけたり、腕にかけたり、ずれ落ちてくる傘に困った事はありませんか?

忘れ物№1の傘

傘の忘れ物は、社会的な問題でもあります

鉄道会社、公共機関など、「忘れ物№1の傘」の対応に窮しているようです。

JR東日本からのニュースより抜粋

中でも傘については広い保管スペースを必要としながらも返却率は1割程度と低く、

移管先の警察署における保管スペースの逼迫状況はより深刻な問題となっています。

このような背景があり、警察庁より遺失物法に関する規定※を積極的に活用するよう要請を受けていることから、持ち主の特定できない「傘」のお忘れ物の保管期間を1ヶ月間とすることとしました。

https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190215.pdf

日本洋傘振興協議会 (jupa.gr.jp) によると、日本での傘の消費量は年間で

1億2000万本〜1億3000万本!

また、警視庁 (metro.tokyo.jp)の遺失物取扱状況(令和2年中)では、

傘の1年間の落とし物件数は24万本以上

遺失物取扱状況(令和2年中) 警視庁

まだ使える傘を処分する事は、環境問題でもあります。

電車の手すり、買い物やトイレなど、ちょっとそばに置いた時に、置き忘れてしまう…

【ウィズカサ】で傘とカバンをつなげれば、傘の置忘れ防止に役立ちます

買い物でも【ウィズカサ】は活躍します!

買い物をしてレジでの支払い時に、カバンから財布を出して、財布からカードを出して、

傘を持っていたら、片手では大変ですね。

【ウィズカサ】があれば、サッと傘とカバンをつなげて、両手が使えるからスマートに

支払い完了!

プロダクト誕生までのお話

雨の日に電車内にて、片手に傘を持つと、つり革に掴まるのも一苦労…

取り急ぎのメールの確認も、片手でスマホを操作するのは困難…
そんな時、カバンと傘をつなげられたら、とっても便利

タイトルとURLをコピーしました