こども食堂福太んちをより良い居場所にしたい

こども食堂福太んちをより良い居場所にしたい
大阪市福島区野田で活動するこども食堂福太んちです。コロナ禍で我慢を強いられている子ども達へ学校と家庭以外の場所を作りたい、自分の時間がとりにくい保護者へゆっくりとした時間を過ごしてほしい、そんな思いからこども食堂を始めました!よりよい居場所にするためご支援お願い申し上げます。

★はじめに・ご挨拶

はじめまして!こども食堂福太んちです。

私は、代表をさせて頂いております吉野と申します。愛犬の福太です!

★こども食堂福太んちとは

大阪市福島区野田で、毎週火曜日に活動しております。

2021年4月にオープンし、3か月が経ちました。

平均して30名の子ども達に利用してもらっています。

コロナ禍になり、こども達は我慢を強いられ、人は人と関わっていくことで

成長していくのに、それもままならない状況になってしまい

学校と家庭以外で人と関わっていける場所を作りたい!

保護者の方に週1回でもご飯を作らなくていい、ゆっくりとした自分の時間を

持ってほしいと思い、こども食堂を始めることにしました。

こども食堂は、貧困で食事がとれない子ども達のために始まった活動ですが

それだけではありません。

子どもと保護者、地域の方、すべての人にとってオープンな地域の居場所なのです。

誰でも来ていい居場所です。

こども達が異年齢の子と知り合い、遊んだり宿題したりご飯を食べることで

繋がりを持ち、いろんな経験をしてほしいと思います。

こども達がこども食堂に来ている間、保護者の皆様にはゆっくりした時間を

過ごしてほしいと思っています。

17:00から20:00までなので3時間あります。

その間に、映画を見たり、カフェに行ったり、保護者で集まって飲みに行ったり

お仕事に専念したり、自由に過ごす時間にあててほしいです。

お手伝いいただいているボランティアスタッフさんは同じ地域のお母さん達です。

ボランティアを通して、子育ての悩みや学校、習い事の情報交換などおしゃべり

しながらお手伝いしてくださっています。

子どもも大人もお友達を作れる、縁を結ぶ場所です。

福島区役所、福島区社会福祉協議会、また町内会の方々等地域と密着した

活動をしております。地震などの災害があった時、強いのは地域の繋がりです。

福太んちに行けば何とかなる!そう思ってもらえる場所を目指しています。

笑顔で安心して生活できるように活動しています。

★このプロジェクトで実現したいこと

14年勤めた会社を退職し、その退職金を使って住んでいた借家を

リフォームいたしました!

理解してくださった大家さんとご近所の方には感謝しかありません。

しかし、3軒つながった長屋の一つであるうちは、かなり古い建物で

いざリフォームとなって蓋を開けてみたら、あっちこっち痛んでいて

当初の予算より大幅にかかってしまい、いろいろ設備投資する余裕が

なくなってしまいました。。。

さらに始まってすぐ、トイレが詰まって逆流し排水管も変えなければ

ならないような状況になってしまい、いろんなトラブルが起こりました。

予算がなくなり、玄関に作った手洗い場も簡易のものを置いたのですが

水が漏れて玄関が濡れてしまう始末です。

そして夏本番を迎え、エアコンがない状況はかなり厳しくなってきました。

このままでは熱中症の危険が高まってきましたので借金をして

エアコンの購入をすることにしました。。。

このプロジェクトが実現したら、備品の購入費にあてます!

そのほかにもこども達やお手伝いくださるボランティアスタッフの方が

快適に過ごせる居場所づくりをしてまいります!!

8月から宿題カフェとしても活動していきます。

★私たちの地域のご紹介

大阪市福島区野田は、JR環状線大阪駅から2駅

地下鉄で難波駅にも乗り換えなしで行けるというとても便利な立地で

タイトルとURLをコピーしました