フォトスタジオやカフェも併設!子育て支援に特化の『家族が幸せであり続ける研究所』

フォトスタジオやカフェも併設!子育て支援に特化の『家族が幸せであり続ける研究所』
コロナ禍の自粛で家族との時間が増え、どう一緒に過ごそうかとワクワクする人もいれば、どう向き合えばいいか分からなくなりストレスを抱える人も増えました。これまで我が社は「結婚式」という家族のはじまりの瞬間をお手伝いしていましたが、これからは家族が幸せであり続ける場所を名古屋の中心に生み出します。

1. ご 挨 拶

弊社はSmile Story=笑顔の人生をつくる会社として
完全オーダーメイドのウエディングプロデュース会社を10年間運営してきました。

──

コロナ禍で結婚式当日よりも
「なぜ結婚するのか」「結婚後はどんな未来を描きたいか」をしっかり考え「結婚式」よりも
『結婚後の人生(暮らしや子育て)』に重きを置く人が増えてきました。

コロナ禍の自粛で家族との時間が増え、
家族との関係や関わり方に良くも悪くも考えることが増えて、どう一緒に過ごそうかとワクワクしてる人もいれば、ストレスをどう解消したらいいかと悩む人もいます。

子育ての悩みを気軽に打ち明けることができる場作りや、人生を祝うフォトスタジオ、未来に繋げるためのアイテム提供など、子育て支援に特化したスタジオの運営によって、家族間の絆がより深まり、

「家族が幸せであり続ける場所」

をこの名古屋の中心で生み出したい。
そう思いプロジェクトを立ち上げました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. どんなことがやりたいか

※お客様へのインタビュー風景

──
(1) キッカケ

最初のキッカケは、昨年コロナの影響で結婚式が延期になったお客様のご懐妊で、
結婚式よりも先にマタニティフォトを撮影したり、
弊社で結婚式をされたお客様からのリクエストがあったことです。

昨年より、新型コロナウイルス感染症の影響でほとんどの結婚式が延期となり大打撃を受けましたが、
お客様には延期料を請求しない方針で、お客様を守るために1年間奮闘してきました。

ところが今年に入ってからも緊急事態宣言延長などの影響で、さらに結婚式が延期になり、金融機関に相談をしましたが、1年間で業績が戻っていないため力にはなれないと断られてしまいました。
存続の危機ではありますが、それでもお客様から延期料や事前金を請求することは選択できませんでした。

そんな中、弊社で結婚式を挙げたお客様たちからは結婚後も相談を受けることも多く、
「フォトスタジオ」や「子育てセミナー」をつくってほしい!とのリクエストが多々ありました。

これまでは、ふたりの人生にとって最高のはじまりとなるような『結婚式』を生み出すことに
10年間、全力を注いできました。

これからは、結婚後の人生をより豊かに、ずっと幸せが続くお手伝いをしたいと思っています。

※お客様親子 × 弊社代表の中野と娘(4歳)

──
(2) どんなプロジェクトなのか

これまでお世話になってきたこの名古屋の地域やお客様たちへの恩返しを込めて、
『家族が幸せであり続ける研究所』として、

全く新しいカタチのフォトスタジオを併設した、
子育て支援カフェを生み出します。

─ concept

『 人生を祝うフォトスタジオ 』

正しい人生よりも、
いつだって美しい人生を送りたい。

正しい人生よりも、
いつだって美しい人生を送ってほしい。

想い出は、その時の「想い」「情景」
が鮮明に浮かび上がるように。

想い返すたびに幸せを感じてほしい。
想い出が、未来の励みであってほしい。

過去は幸せを想い返し、
未来は泣けてくるほどの幸せを創造できるように。

人生という節目を全力でお祝いしたい。
全力でお祝いできる場所でありたい。

──
(3) 具体的なサービス
❶ 家族が幸せであり続ける研究所

成長とともに変化する子育て方法。
その時々(月齢)に合わせた子育てセミナーやイベントの開催、地域の子育て世代の方々の意見をもらい

タイトルとURLをコピーしました