料理をもっとかっこよく テーブルウェアブランド

料理をもっとかっこよく テーブルウェアブランド
コロナ禍において、料理は義務から楽しむものと捉えられるようになりました。その料理をより楽しむために、より際立たせるために、テーブルウェアブランドを作りたい!!また、スポーツ選手に愛されるテーブルウェアブランド・世界中で使われる日本産テーブルウェアを目指します。

はじめに・ご挨拶

初めまして、この度テーブルウェアブランドを展開しようと考えているBE COOL代表、管理栄養士の佐々木翔生と申します。

自己紹介

愛知県出身の26歳、管理栄養士として活動しています。

過去には自分自身がサッカーをしていた頃もあり、スポーツに関わる仕事がしたいと考え管理栄養士の資格を取得しました。

現在はドイツのマインツにあるドイツサッカーリーグ6部FC Basara Mainzというサッカーチームにおいて管理栄養士として食事の監修を行っています。

趣味は旅行で、国内外問わず色々なところへ新しい物を見に行ったり美味しい物を食べに行ったりするのが好きです。

時には絶景を見に行ったり、

時には命の危険を犯してみたり、、

時にはおしゃれな街に行ってみたり、、

時には写真を撮ってみたり、、

このように新しい事に挑戦する事が大好きです!!

そして次の挑戦は、管理栄養士として人々を健康にするという事。

私は「全ての健康な人を誰かの”かっこいい”存在にしたい」をスローガンに掲げ、管理栄養士として活動しています。

コロナ禍で増えたおうち時間が、料理に対する認識を少しずつ変え、義務・作業から「楽しむもの」へと捉えられるようになってきています。

今回は、そんな料理を最大限に際立たせ、料理の楽しさを倍増させる事で、料理をする人たちを”かっこよく”みせ、人々の健康増進へと繋がげていけたらと思っております。
このプロジェクトで実現したいこと

料理を楽しんでいる人、またこれから始めようと考えている人、そんな人たちの料理を始めるきっかけや楽しさの増幅をこの食器を使う事で実感して頂きたいと思っております。

また、自炊機会増加による自己管理能力の増加、ヘルシーな食行動が間接的な健康増進となることを最終目標としております。
プロジェクトをやろうと思った理由

コロナ禍で増えたおうち時間が、料理の捉え方を少なからず変えているなという実感から、今回のプロジェクトを考えました。

今まで料理に挑戦してこなかった方々が料理に触れそれを楽しんだり、今まで時間がなかった方々が料理をする時間を確保できたりと料理にかける時間の増加が人々の健康増進へと繋がるチャンスであると考えました。
これまでの活動

定期的に開催していた料理教室で気付いたことは、料理は味だけでなく視覚にも刺激されているということです。

料理は身近な”デザイン”であり、見た目・味・栄養素が揃って作品になります。

料理の奥深さを改めて感じ、多くの人に楽しさを共有できたらと思いました。

また、自炊するスポーツ選手の献立を考える仕事もしており、選手達の食欲の部分も考慮すると見た目がより大切な事に気付きました。
資金の使い道

300000円内訳

手数料 50000〜60000円

食器発注費用 100000~150000円

パッケージ費用 30000円~40000円

人件費 20000円~50000円
リターンについて

今回、作成予定のオリジナルテーブルウェアの商品をリターンとします。なお、パッケージ付で、それぞれにお礼のメッセージカードが付きます。

2000円リターン

丸皿 1枚 定価2500円予定

4000円リターン

丸皿 2枚セット 定価各2500円予定

1500円リターン

角皿 1枚 定価各1900円予定

3500円リターン

オリジナルデザイン皿 1枚 定価4000円予定

5000円リターン

丸皿2枚 定価各2500円予定

角皿1枚 定価19

タイトルとURLをコピーしました