「僕の天井は銀河、僕のムネは宇宙」

「僕の天井は銀河、僕のムネは宇宙」
「これが僕なんだ」彼が心からその言葉を言える、そんな日が来る事を楽しみにしています。彼とは僕の「最愛の息子ユウタ」の事です。音楽を通じ「自分を見つける」その事を伝えるプロジェクトです。

■はじめに

はじめまして、こんにちは。

数多くあるプロジェクトの中から、ここをクリックして頂けた事を心から感謝しています。

有難うございます。

一体どれだけの人が「これが自分なんだ」って言える生き方をしているのでしょう。

僕は10代の頃に「これを一生やっていくんだ」と決めてやり続けた事がありました。そして何より、それを見つけれた事は幸運だったのでしょう。

僕は岐阜県養老在住の47歳、大谷紀貴と申します。僕には音楽がとても好きな14歳の最愛の息子がいます。

名前はユウタと言います。

僕は彼が興味を持っている「音楽」を通じて「これが僕なんだ」と思えるような、そんな人生を応援したいと思っています。

最後まで読んで頂けたら幸いです。

宜しくお願い致します。
■プロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトで実現したい事が2つあります。

⚫︎音楽活動

彼が憧れて聴いているミュージシャン(ユニゾン スクエアー ガーデン)のように、いつか彼らのように「大きなステージに立ちたい」と言う夢があります。

その夢を叶える為の「行動」「努力」「夢中になる」事がとても大切で素晴らしい事なんだと、伝えたいと思っています。

そして彼が望むように音楽活動が出来る状態にしたいと思っています。

⚫︎CDアルバム製作費バック

16年前、僕がバンド仲間と共に創り出したCDアルバムが500枚が倉庫で眠っています。

アルバム製作にあたり、製作費がかかりましたが、そのCDアルバムをリターンとさせて頂く事で製作費がバック出来ればと思っています。

リリースして16年も経過し、今更なんて思われるかもしれませんが、1人でも多くの人達の手に渡ればと思っています。

■僕が学んだ大切な事、ユウタにも

ユウタは、中学2年生ですが、現在全く学校には行けていません。

中学生になり、コロナでの休校から始まり、登校可能になってからも、仲間と馴染めず、少しずつ学校が遠くなって行きました。

当然、学校の友達とも触れ合う事も無く、家からも出る事もほとんどありません。

ですが、唯一彼が楽しさと言うか、いきいきとしてる時があります。

それは音楽を聴いている時です。

憧れている、ユニゾン スクエアー ガーデンは彼の周りにはいつも流れていて、特にベーシストの田淵智也さんには憧れを抱いているようです。

「あんなふうにベースを弾けるようになりたい」と言う思いから、「聴く側」から「聴かせる側」に気持ちの矢印が向いたようです。そして、ベースを練習する様になりました。

いつも「自己否定」し、物事に一生懸命になる事が無かった彼を見てきた僕ですが、今の練習している彼のその姿は今までに感じた事の無いものでもあります。やりたい事、目指すもの、その様な事を彼なりに感じ見つけたのかなっと思っています。

学校に行く事、それは当然大切な事だと思っています。ですが、僕は彼がやりたいと思った事に一生懸命になり、目標に向かって努力する事、それがどれだけ大切でこれからの彼の人生に「大きな力」になるのかを学び、感じて欲しいのです。何より情熱を注ぎ込む事をです。

物事に取り組む事は、お金や名誉など(それも大切ですが)その様な事を得る為だけでは無く「一生懸命になれる自分」「夢中になれる自分」「熱くなれる自分」を認識し、その行動が「良い結果」を作り出す事なんだと思っています。

彼が音楽の世界を望むのなら、音楽を通じて、その事を知ってもらいたい。

音楽の中に自分の居場所を見つけ、仲間を見つけ、一生懸命になり

タイトルとURLをコピーしました