【スープに絡みやすい麺】sugayaの「”高級熟成”素麺セット」

【スープに絡みやすい麺】sugayaの「”高級熟成”素麺セット」
600年の歴史を持つ揖保乃糸。その揖保乃糸を扱うメーカーが試行錯誤を重ね「最もスープに合うのは素麺では?」という気づきから熟成した高級素麺とスープのセットを開発しました。細ければ細いほど麺とスープに絡むのであれば、スープに最も絡む麺は揖保乃糸の熟成素麺です。

600年の歴史を持つ揖保乃糸。その揖保乃糸を扱う老舗メーカーがさらなる麺の楽しみ方を探求し、麺と独自開発したセットを開発しました。普段の食べ方とは違う食べ方で楽しんでもらう為、開発段階から様々な食べ合わせを試している中で、一つ大きな可能性を発見しました。

食べ比べていく内に「スープに合う麺」が明確にジャンル分けされていきました。また、一般的な細麺と太麺では細麺の方が麺と麺の隙間が小さく、スープとの絡みが良いという実験結果がございます。揖保乃糸の素麺は数ある麺の中でも特に細く繊細。スープに最も絡み、相性が良いのは素麺ではないのか?という仮説が生まれました。
実際にテストしてみました

【テスト中のGIF画像】

弊社で扱う「うどん」、「中華麺」、「素麺」で比べてみたところ、やはりすくい上げた時にスープが絡む量が最も多いのは「素麺」でした。増加率はなんと20%!細麺だからこそスープに非常に絡むという予想が的中しました!こだわりのスープをより美味しく食べるには、素麺の持つ繊細さが非常に貢献することが分かります。

さて、ここまでは素麺のスープとの可能性をお伝えしました、ここからは素麺の現在持っている種類や性質をお伝えしていきます。実は揖保乃糸はスーパーに売っているものだけではなく、様々な種類があるのです。

揖保乃糸の素麺には7種類もの麺種があります。さらに熟成して品質が上がったものも含めるとなんとその数は「20種類!」その中で私たちが普段目にしているのは「上級」という種類のみ。さらに高級な「特級」や「縒つむぎ」はスーパーで売っている上級の麺よりもさらに細く、スープに絡みやすくなっています。

熟成することで品質がグレードアップ!

素麺は専用保管庫で熟成することで品質が上がります・熟成中のそうめんは、高温・多湿の梅雨時期に小麦粉内に含まれる酵素が働き、そうめん内の脂質が変化していきます。これがそうめんのデンプンや蛋白質に影響を与え、そうめんのコシや舌ざわりがさらに良くなり、洗練した味わいになります。日常の少し贅沢な時間のお供としてお楽しみください。

素麺を長年使ってきたからこそ分かる「素麺に合うつゆ」。まろやかな味わいから食べ応えのあるピリ辛な風味まで取り揃えています。

600年の歴史を持つ揖保乃糸を扱う当社と、淡口醤油発祥の地たつの市の、創業220年の老舗である日本丸天醤油と共に開発しました。

熟成素麺セットには「高級素麺」と「独自のつゆ」が入っているので簡単に上質な食事をお楽しみ頂けます。また、どのつゆもトッピング次第で多様な楽しみ方ができますので様々な食べ方をお試しください。

【蒸し鶏肉とキムチの豆乳つけ素麺】

豆乳つゆ、金の帯の熟成麺、蒸し鶏、キムチ、かぶ、かいわれ、めかぶを使用したレシピです。まろやかな味わいの豆乳のつゆの中でキムチなどのアクセントが際立ち深みのある素麺をお楽しみいただけます。

【ピリ辛ジンジャーぶっかけ 豚しゃぶのせ】

ジンジャーつゆ、縒つむぎ、ゆでた豚肉、かいわれ、お好みで辣油を入れます。素麺の控えめな印象を覆すボリューミーな食べ合わせです。
素麺には美味しく食べれる茹で方がある!「ゆで麺マイスター」のおすすめのゆで方

乾麺類をより美味しく食べてもらうための活動をしている兵庫県乾麺協同組合の調べによると、「ほとんどの消費者の方は、おいしくなるように茹でていない」という結果が出ました。素麺を茹でるのは非常に簡単です。しかし、ちょっとコツをつかむだけでもっとおいしく食べていただくことができます。今回は

タイトルとURLをコピーしました