茨城県笠間市できつねのお祭りを開催したい!今年は新しい形式にチャレンジします!!

茨城県笠間市できつねのお祭りを開催したい!今年は新しい形式にチャレンジします!!
日本三大稲荷の笠間稲荷神社がある茨城県笠間市の町で、狐の行列などで稲荷の神様をお祝いする「第4回笠間きつねの祭典」を開催します!本年も通常開催は難しい為、きつねの町づくりの観点から新しい形でお祭りを実施したいと考えています!きつねの町・笠間に元気を届けて祭りを未来に繋げたいです!宜しくお願いします!

はじめに・ご挨拶

笠間きつねの祭典実行委員会の夜弓神楽狐之灯矢(つくよみかぐらこのとうや)と申します。

茨城県笠間市できつねのお祭り「笠間きつねの祭典」を企画・運営をしています。

本催しは日本三大稲荷神社の笠間稲荷神社がある笠間をきつねの町として盛り上げるべく、

笠間の町を練り歩く狐の行列や、稲荷神をお祝いするセレモニーなどを行うお祭りです。

町の皆様のご協力と、沢山の皆様のお支えで、これまでに3回開催させて頂きました。

本催しを通じて、伝統行事の狐の嫁入りの復活や、佐白山の麓を妖怪の森としての活用、

きつねを通じた町づくり・町おこしなど、町の皆様と共に様々な事を考えています。

ひとつひとつ実現できるよう全力で取り組んでまいります。どうか宜しくお願いします。

このプロジェクトで実現したいこと

本年も、11月に「第4回笠間きつねの祭典」 を開催したいと考えています。

しかし本年度も新型コロナウイルス感染症対策のため、通常開催は厳しい状況です。

まだ笠間市内のイベントや催事は少なく観光にくるお客様の数も例年より減っています。

そういった中で、今年も少しでもきつねの力で笠間を盛り上げたらと思っています。

そこで、本年は例年とは別の形でお祭りを開催しようと思い立ちました。

具体的には“きつねを通じた町づくり”に注力して装飾メインで行うというものです。

今年は開催期日を11月7日(日)から11月13日(土)までの一週間として、

そのお祭り期間のことを「きつねWEEK」と銘打ち、きつねをテーマに町並を彩り、

各々できつねのお祭りを楽しんで頂くという形にできればと考えています。

きつねWEEK期間中は、仮装やメイクをして町を楽しむこともできるようにします。

11月7日と11月13日には少人数でのきつねの行列も執り行います。

きつね広場という憩いの遊び場も作り、展示なども行っていければと思っています。

しかし今回は、感染症対策の観点から、ステージや出店などは設けることができません。

残念ですが、例年執り行っていたセレモニーも中止とさせていただかなければなりません。

今回も色々な制約がある中での実施となりますが、笠間に元気を届けるために、

本催しを未来につなげるために、より安全で楽しいお祭りの開催を目指して、

責任を持って最後まで、精一杯頑張らせて頂きます。

プロジェクトをやろうと思った理由

この情勢下で、昨年はオンラインで無観客でのお祭りを開催いたしました。

当初は見送るかどうか悩みに悩んだのですが、結果として、多くの方が楽しんでくださり、

町の皆様にも喜んでいただけたことで、あの時に諦めなくて良かったと切に思いました。

それ故に、皆様とつなげた本催しの灯火を消したくないという気持ちが強くなりました。

本年も例年通りの開催とはならないのですが、この機会に新たな取り組みに挑戦して、

またひとつ、笠間きつねの祭典の可能性を拡げていきたいと思っております。

さらに晴れがましいお祭りとなるように、みんなの想いを繋げていければ嬉しいです。

私の力不足で中々予算が取り付けられず、どうしても開催資金が必要となってしまうため、

心苦しいですが第4回においてもクラウドファンディングを実施させていただきます。

この度もご支援、応援のほど何卒お願い申し上げます。

これまでの活動

笠間きつねの祭典実行委員会では、これまでに「笠間きつねの祭典」を

第1回を2018年10月7日に、第2回を2019年11月9日

タイトルとURLをコピーしました