和歌山をマンガにして応援しよう!

和歌山をマンガにして応援しよう!
2020年コロナショック時に和歌山競輪70年の歴史で初めての大きなレース、「高松宮記念杯競輪」が行われたのを本筋とした和歌山の歴史や食、文化を漫画連載して自費出版したいと思っています。また、連載漫画の最後に広告漫画として和歌山の企業や団体を応援していきます。

はじめに・ご挨拶

「和歌山県の歴史や食、文化について紹介する」と言う活動をしています。

井上智博と申します。
このプロジェクトで実現したいこと

2020年に和歌山競輪で行われた「高松宮記念杯競輪」を開催するまでを漫画化したいと思っています。また、漫画の最後に広告漫画として和歌山の企業や団体を応援していきます。
プロジェクトをやろうと思った理由

元々、和歌山県の観光や食について紹介すると言う活動をしていたのですが、新型コロナウイルスの影響で多くの企業や団体、個人が疲弊し何とかできないかと自分の手が届く範囲で活動し始めたのがきっかけです。
これまでの活動

和歌山の企業や団体などに協力していただき、漫画やイラストなどで広報活動や特設コーナーなどの支援をさせていただきました。

資金の使い道

集めた支援金は取材や画材、単行本の印刷費と送料に使わせていただきます。
リターンについて

ご支援のリターンは単行本に支援者のクレジットを入れた単行本、3000円コース。

ご支援者を1話、モブキャストとして登場させる100000円コースとなっております。
実施スケジュール

・連載のペースは4ページの漫画と和歌山の企業や団体を応援する漫画、1ページを月に1本ペースと考えております。

・マンガの進捗状況などは随時動画にして投稿していきます。

・2021年5月からTwitterやブログ、マンガ投稿サイトにこれを投稿していきます。

・最低でも10話前後までを2022年の11月までに描き、単行本化したいと思っています。

・連載が終われば、ご支援のクレジットやおまけマンガ、表紙などを描き、自費出版の準備をしていきます。

・順調に行けば2022年の12月頃には単行本に仕上がりますので順次発送していきます。
最後に

ここに至るまで多くの方々の協力がありました。

本当にありがとうございました。

このクラウドファンディングが成功すれば、次は和歌山の名産

「中華そば」や「みかん」や「湯浅醬油」を皆さんに届けて行きたいなと思っています。

<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


元サイト
和歌山をマンガにして応援しよう!

タイトルとURLをコピーしました