ストレスを受けやすい病気や高齢猫のためにサナトリウム(療養施設)を作りたい

ストレスを受けやすい病気や高齢猫のためにサナトリウム(療養施設)を作りたい
保護猫カフェととの森、キャットシェルターととの森を運営してきて、最後にどうしても必要な場所。それは、免疫力の弱いキャリア猫、高齢猫、病気の猫、また、共同生活が苦手な猫嫌いの猫の為に静かに過ごせる場所。行き場のない猫たちが安心して過ごせる場所を千葉県千葉市につくり、命を繋げたいと考えています。

はじめに・ご挨拶

はじめまして。

ととの森 代表 今村瞳と申します。

千葉県船橋市にある保護猫カフェととの森

千葉県千葉市にあるキャットシェルターととの森を運営して、6年目を迎えました。

ここまで続けられたのは、ご支援者・里親様のおかげです。

ありがとうございます。

ととの森は、ひとつでも多くの保護猫の命を繋げるため

また、

保護された猫たちがより良い環境で暮らし、終生飼養をしていただける里親様の元へいけるように、

毎日の消毒・清掃などを徹底し、施設内は常に清潔に保ち、

狭いケージのみの生活ではなく、家庭での生活を想定し、

カフェでは店内を自由に移動できる空中キャットウォークをつくり、

シェルターでは、性格・年齢などに応じた部屋分けをし、

室内フリーでストレスの少ない飼養を心がけています。

店内、シェルター内の詳細は、下記、URLよりHPをご覧ください。

Top |  feline ととの森

健康面では、かかりつけ医院(オハナペットクリニック・辻川院長)のご協力により、

里親様や里親希望の方向けに保護猫の病気・ケアに関する講習会を行ったり、

個別台帳管理により、個々の体調管理も徹底し、施設受入の際は、受入前検査を必ず行って、感染症予防対策を徹底しています。

おかげ様で

5年間で 533匹の猫たちを新しいご家族へと繋げることができました。

このプロジェクトで実現したいこと

「エイズ・白血病のキャリア猫・高齢猫、治療を必要とする猫たちが、

ストレスなく、ゆっくりと暮らしながら、里親様を待てる施設をつくりたい!」

「保護ねこカフェととの森」は

(第1種動物取扱業/展示第21-5-1号、第2種動物取扱業譲り渡し届済み)

保護ねこを多くの方に知ってもらい、アニマルセラピー、猫に親しんでもらうための場所。

「キャットシェルターととの森」は、

(第2種動物取扱業譲り渡し届済み)

12坪しかない狭いカフェでは受入できる数が少なく、増え続ける保護依頼に対応できなかった、

エイズ・白血病猫、子猫、老猫、人馴れしていない猫を中心に受け入れるための場所として、開設しましたが、

カフェ店頭の置き去り事件が、TV番組・ニュースなどに取り上げられて以降、

さらに、保護依頼が増え、「シェルター受入」は、3か月待ちの状況に・・・

一方、TV番組に出演したことにより、遠方からの里親希望の方も増えました

が、

猫達にとっては、慣れないシェルター生活で、

多くの人たちが押し寄せ、緊張し、ゆっくりできない状況になりました。

猫たちにとって、決して、望ましい環境ではなく、体調を崩す猫たちも増えました。

特に、免疫力の低いキャリア猫、老猫、子猫にとっては、辛い環境です。

保護され、助けてもらった命。

シェルター生活で、辛い想いはさせたくない。

新しい家族が見つかるように、できる限りのことはしてあげたい。

保護された命が幸せに暮らせるための施設をつくるために、

皆様のご協力、ご支援を 何卒、よろしくお願いいたします。
プロジェクトをやろうと思った理由

猫は腎臓病になり易いといわれますが、特に高齢の猫はその傾向にあります。

キジ白の「ちび」は、まだ1歳半(推定)。

近隣の公園に数か月前に現れ、先住の地域猫と喧嘩しながらでも楽しそうに暮らしていました。

とても人懐っこいちびは、公園を散歩しているご夫婦のところへ、引き取られることになりました。

安全な室内で生活し始

タイトルとURLをコピーしました