未来に続く森づくりへの挑戦!熱海に「海の見える森林浴フィールド」をつくりたい!

未来に続く森づくりへの挑戦!熱海に「海の見える森林浴フィールド」をつくりたい!
はじめまして、副業キコリNPO団体『熱海キコリーズ』です。森林保全活動の一環として、熱海で50年前に植えられたヒノキ放置林を間伐して出た材を、地元に還元するため森林浴フィールドづくりに取り組みます。このフィールドは民間林活用のサステイナブルモデルケースになることも目指していきます!

はじめまして。『NPO法人 熱海キコリーズ』です。

私たちは、2016年に「森が好き・森を守りたい」という共通の想いを持った民間の有志が集まり、本業の傍らで週末林業/副業キコリをしています。

任意団体として熱海の森林の課題に向き合って4年間ほど活動をしてきましたが、これからも継続した活動を行うために2020年からはNPO法人となりました。

そして、もっと一般の人にも森や木の大切さを知ってもらうため、さらに、未来の子ども達にサスティナブルな森林を残すための仕掛けとして、森林整備プロジェクト【 ATAMI Green Field with Kicollys & Marie 】を始動しました。

熱海に限らず、近年の日本では、戦後に植栽された樹齢50〜70年の木が放置されたままの放置林と呼ばれる森林が数多く存在しています。適切な間伐の実施されていない放置林は、土砂災害や環境汚染の原因です。

海のイメージの強い熱海市でも、森林率は約63%と高く、その多くが放置林という課題を抱えていました。

我々、熱海キコリーズは、このような放置林の間伐を行うことで山の再生を目指し、間伐材を製材加工することで付加価値をつけ地域に還元してゆく、という『地産地消』な取り組みを実施してきました。

今回、『地産地消』の取り組みの一貫として、熱海市内の間伐活動で生まれた間伐材を搬出製材し、熱海の山間部に「海の見える森林浴ウッドデッキ」をつくりたいと考えています。

この場所が、もっと一般の人にも森や木の大切さを知っていただくきっかけとなればと思っております。

コロナ渦で、ステイホームが続く世の中ではありますが状況が良くなることを願いつつ、森林浴で癒やされるような場所を熱海キコリーズがご提供していきます。

この「森林浴できるウッドデッキ」の設置予定エリアは、熱海キコリーズが森の再生化に取り組んでいる姫の沢・自然郷の森の中間に位置する森林エリア。

熱海の頼朝ライン沿いにあるレストランカフェ『 Marie’s Kitchen & Live Studio 』の脇から整備した階段を降りると、熱海の街や海を一望できる秘密基地のような森林浴フィールドです。

今回のクラウドファンディングでは、この森林浴フィールドに「ウッドデッキスペース」を整備するための資金を募らせていただきます。

この森林を持つ山主である『 Marie’s Kitchen & Live Studio 』のオーナーさんと手を取り合って、熱海の民有林を整備して有効に活用するモデルを確立していきたい。このプロジェクトにはそんな挑戦も含まれています。

このフィールドの名前は【 ATAMI Green Field with Kicollys & Marie 】です。

集まった資金は、ATAMI Green Field に設置するウッドデッキの作成費用および初年度の運営費として活用します。作成予算は下記の通り。

クラウドファンディングの手数料やリターン原価などを加味して、 総額250万円の調達を目指します 。

※ 本プロジェクトはAll-in方式で実施しますが、目標金額に満たない場合でも計画は実行致します。

また、今後の実施スケジュールは以下を予定してます。
2021年10月の完成に向けて頑張っていきます!

本プロジェクトは、NPO法人 熱海キコリーズとして初めての大きな取り組みです。

これまで熱海の森林を守るための保全活動として、間伐材を伐ったままにせず、造材・搬出・製材そして加工をして熱海の皆さま

タイトルとURLをコピーしました