ANAアップサイクルプロジェクト

「ANAアップサイクルプロジェクト」 | WonderFLY-ANA Crowdfunding-
ANA作業着からバッグを製作、ANA整備士とROOTOTEがコラボした新しい企画

1. プロジェクト概要

皆様、こんにちは、ANAの高橋と申します。

私は、羽田空港の格納庫で機体整備を担当しています。

この度、ANA整備士とトートバッグ専門ブランドであるROOTOTEと共同

で、整備作業着の古着からバッグを製作する「アップサイクル・プロジェクト」を企画しました。

航空機は毎日、出発前、到着後、運航間整備を行っています。また、定期的に航空機を格納庫へ入れ、航空機の検査、交換、修理、改造、給油作業などの整備を行っています。

また、急な夜間/早朝作業、国内外への出張による整備作業や、大雨・大雪などの悪天候の中でも整備を行い、運航を支えています。

私たち整備士は、このような整備環境の中で、いつでも対応できるように訓練を受け、専門知識を蓄え、多くの試験に合格して整備作業を行っています。更に、日々の整備作業の経験、仲間からのアドバイスを通して、整備スキルの向上を続けています。

私たち整備士が航空機整備をするうえで、日々の整備作業に加え、訓練、試験勉強、突発対応が行えるのも、仲間や家族に支えられているからです。
このように私たち整備士は、仲間や家族に支えられ、航空機の安全を常に想い続けて、整備を行っています。

これら想いの詰まった「特別な作業着」を別の形で残したいと思い、廃棄されてしまう作業着を使ってバッグを製作する事に挑戦しました。

製作したバッグを皆さんに使って頂き、この活動のご支援をお願いいたします。

2. リターンについて

① リターンは、4つのバッグです。

1) トートバッグ小(左上)

2) トートバッグ大(右上)

3) 縦長PCバッグ(左下)

4) サコッシュ(右下)

② バッグの特徴

1) 丈夫な生地

2) 大量生産不可能製品のため1点モノ

3) 機能性のある多数のポケット

4) 裏地は新品の生地を使用

5) 内装にペンケース(サコッシュ以外)

③ 作業着の主な使用箇所

古着の生地で、比較的に汚れの少ない部分を選んでいます。

1) ポケットは、上半身の前と後ろの部分をそのまま使用

2) ANAのロゴは、左胸部分と背中の部分をそのまま使用

3) ペンケースは、左腕の部分をそのまま使用

④ 商品説明

1) トートバッグ小

サイズ:横:上部40cm・底部29cm×縦:28cm×マチ11.5cm

    持ち手長さ:27.5cm

外装:整備作業着のポケット(3つ)背中、胸のロゴをそのまま使用

内装:2Lペットボトルが3本入ります。

2) トートバッグ大

サイズ:横:上部42cm・底部39cm×縦:29.5cm×マチ18cm

    持ち手長さ:47.5cm

外装:整備作業着のポケット(5つ)背中、胸のロゴをそのまま使用

内装:2Lペットボトルが8本入ります。

3) 縦長PCバッグ

サイズ:横:29.5cm×縦:39.5cm 持ち手長さ:61.5cm

外装:整備作業着のポケット(1つ)背中のロゴをそのまま使用

内装:A4サイズのノートPCまで入ります。持ち手が肩掛けと持ち手

の2種類あります。

4) サコッシュ

サイズ:上部21cm・底部16cm×縦:26cm×マチ5cm

    ショルダー長さ:最大175cm

外装:整備作業着のポケット(2つ)胸のロゴをそのまま使用

内装:単行本(182X128mm)が入ります。

⑤ ご注意

1) 製作時間がかかります。(約3か月)また、古着の量に限りがある

 ため、ご注文が集中した場合

タイトルとURLをコピーしました