日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい

日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい
街の中の異空間として10年間、沢山の方の心と身体に大切なものを届けてきた薬草labo.棘が、建物取り壊しのため立ち退きしなくてはならなくなりました。これを機に、日進市の素敵な古民家を改装して、大きな窓から見えるお庭に薬草ハーブの森をてんこ盛りにした、より大切な場所を作っていきたい!

はじめに・ご挨拶

はじめまして。

名古屋で薬草labo.棘というお店を営んでおります原田美輪と申します。

簡単に自己紹介しますと、学校を出てから看護師として大学病院の新生児外科(先天的に致命的な何かがあり、オペを控えて生まれてきている新生児達の病棟)に勤務して、生きるってどういうことだろうという思いを抱き、いったん看護師をやめ、お外の世界、カフェのキッチンやガラス工芸やさまざまなことをしてきました。

その後、ご縁があって看護師に戻り、心療内科クリニックと訪問入浴に長年勤める中で、自然の持つ力を確信。アロマセラピストの勉強を始めたことで、西洋医学の世界では見えなかった身体の素晴らしさ、面白さを知り、

長野県の穂高養生園でアロマセラピストとしてトリートメントや、また朝食(マクロビオティック)のサポートスタッフ、ハーブガーデンや畑や様々なことに携わらせていただきました。

ホリスティックリトリート 穂高養生園 Holistic Retreat Hotaka Yojoen TOPページ
長野県穂高にあるホリスティックリトリート。「体に優しい玄米菜食の食事・ヨーガや散歩などの適度な運動・心身の深いリラックス」の3つのアプローチにより、誰にでも本来そなわっている自然治癒力を高めることを目的とした宿泊施設です。

自然豊かな安曇野のお山で過ごした3年間、幸せながらもとてもこんな10日までは来られないであろう、今まで出会って来たたくさんの患者さん利用者さん達の顔が常に頭にチラチラ。

街の近くでもこうした場所が作れたらという思いで、2011年4月に地元名古屋にて薬草labo.棘をオープンしました。

住宅地の中の70年の古民家で、若狭の指物師さんに作ってもらった大窓、八ヶ岳の庭師さんに環境改善してもらってまるで森の中にいるようなお庭、この場所にいるだけで細胞が息をし始めるようなスペースを作って、

そこで、身体に負担がなく、本当に喜んで体から力が湧いてくるような透明なお料理(オーガニック玄米菜食)、

お庭を眺めながらのカウンセリングからのアロマトリートメント、

(2020年よりその方の出生ホロスコープを見ながらお話をして必要な精油を一緒に選び、それを用いてアロマトリートメントを行う「星のトリートメント」を始め、それがとっても理解と変革につながって良いのです!大人気!)

ハーブやアロマの講座、

(季節の移り変わりの中で、ともに生きる植物たちをいろいろと味わい、先日達の叡智を学び、いろんな角度から学びを深めていくいろいろな講座です。

例: ☆つきいち講座…植物の自由な講座

☆アロマセラピー講座…棘の目線で組み立てたアロマセラピーについての座学とク

日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい
街の中の異空間として10年間、沢山の方の心と身体に大切なものを届けてきた薬草labo.棘が、建物取り壊しのため立ち退きしなくてはならなくなりました。これを機に、日進市の素敵な古民家を改装して、大きな窓から見えるお庭に薬草ハーブの森をてんこ盛りにした、より大切な場所を作っていきたい!

ラフトの講座

「野草料理の会」や「真夏の夜の夢・惚れ薬作り」「星とハーブ」などなど

☆香りカウンセリングとハンドトリートメント講座…感覚をお相手に寄り添わせ、精油を選んであげることができるように、またハンドトリートメントができるようにという講座

☆アロマトリートメント講座…訪ねる、受け取る、優しさで包み込む、命の源を表に出す、身体とお話するアロマトリートメントを部位に分けて少しづつ学んでいく連続講座

他、単発の講座も)

全国のご縁で繋がった生産者さん達の本当に素晴らしい食品や精油などの販売、

また様々なアーティストさんによるライブや展示、イベントなどもたくさんたくさん行ってきました。

いろんな方がこの小さな場所で、自分の生を自分で取り戻していくための一つになれてきたような、良かったなぁと、心が震える思い出がたくさんたくさん詰まっています。
商品・お店が作られた背景

お店を始めてちょうど10年のこの度、建物老朽化による取り壊しの連絡があり、早急に(2021年3月末)立ち退きしなくてはならなくなりました。

私達としては、建物や場所もお客さんがここで受け取る大事な大事な要素の一つと考えているので、すぐにそんな場所が見つかるのかなという思いをまずは持って、また年月かけてゆっくり探して育てていくしかないと、そんな決意を定めたところです。

ところが、さすが風の時代!

お声をかけたいろんな方が、思った以上に思いを寄せて協力してくださって、希望していた名古屋市のお隣の日進市で、大きな松の大木をハリに持つ立派な古民家をお借りできる流れになり、ここだったら今まで以上に素敵な場所を作っていろんなことができる!とワクワク夢が大きく広がる出会いがありました。

私たちの商品・お店のこだわり

その建物は、20年近く空き家になっているとのことでしたが、初めて見に行った時、表札の下に植えたばかりの黄色のパンジーが可愛く咲いていました。

持ち主の方に感動をお伝えすると、「お正月だからねぇ。植えに来たんだよ。」となんでもないように言われましたが、子供時代を過ごされたこの建物を、住む予定はなくとも大切にされてこられたことにも「わぁ!」と感動しました。

場所とは、もともとの力はもちろんありますが、人が愛情を向けることでどんどんと空気が美しく育っていくと、

日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい
街の中の異空間として10年間、沢山の方の心と身体に大切なものを届けてきた薬草labo.棘が、建物取り壊しのため立ち退きしなくてはならなくなりました。これを機に、日進市の素敵な古民家を改装して、大きな窓から見えるお庭に薬草ハーブの森をてんこ盛りにした、より大切な場所を作っていきたい!

名古屋の今の場所でやってきて確信していることです。

歴代の沢山の方の思いが場を作り、訪れた人はそこで目に見えない何かを受け取っていく。場所にはそういう力があると思っています。

場を設けるとはその力をみんなで作ってみんなで受け取っていくこと、と。

その場の中でできるだけ自然にその力を受け取れるように。

大切に育てられたオーガニックのお野菜や調味料で、素材の味、大地の力をそのまま優しく受け取れるお料理。

この地で育ったハーブを用いてハーブティをいただいたり、呼吸を合わせながら場と溶け込むようにして行うアロマトリートメント、

また音の響きが場を整えていくので、音楽ライブなど様々なイベント、

全てが場と人とをつなぐための必然として、必要なものとして選んでいるもの達です。

肉体を持って地球に生きてる私たちにとって、場というリアルで目に見えるもの見えないもの、そこで受け取る体験、時間はとても大切なものです。

お店が新しくなるのを機に、近くに広い畑を借りて、ハーブやお野菜をできる限り自給していきたい。(いくらでも場所を紹介するよーと複数の方に言っていただいていて、本当に感謝です!)

昨年まで北名古屋市で借りてた畑

沢山のハーブや野草を蒸留して、精油やハーブウォーター、ドライハーブなどのオリジナル商品をもっと充実させていきたい。(大きな蒸留器をとうとう設置したい!)

今まで夫婦二人で営んでいましたが、信頼できる仲間の協力をいただいて、カフェやアロマやハンドトリートメントが一週間通してほぼいつでもオープンしているように営業日の拡大をしていきたい。

名古屋のベッドタウンとして人気が急上昇している日進市は駅前を中心に開発がどんどん進んでいますが、昔ながらの農村の風景も残しています。

同じ岩崎町の御嶽神社からの景色

お空が広い!、緑がキラキラしている!「これから」の気配に満ちた街!

初めて日進に行った時の私の印象。

日進に大地とつながるスポット、場所を作り、そうしたことに携わって暮らしていきたいと思っている方にとっての働き場所であったり、憩いの場所であったり、自己表現の場所であったり、

社会に大切な場所を作っていこう!とワクワクしています!

リターンのご紹介

下記をご覧ください!
プロジェクトで実現したいこと

20年近く空き家だった築70年の古民家

日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい
街の中の異空間として10年間、沢山の方の心と身体に大切なものを届けてきた薬草labo.棘が、建物取り壊しのため立ち退きしなくてはならなくなりました。これを機に、日進市の素敵な古民家を改装して、大きな窓から見えるお庭に薬草ハーブの森をてんこ盛りにした、より大切な場所を作っていきたい!

は、一般住宅ということもあり、お店として使用するためには直さなくてはいけない箇所がたくさんあります。

穂高養生園時代に知り合った、大切な友人に、京都で建築事務所を構える平井純さんがいます

https://www.junhirai.net/concept。

(現棘の大窓も純さんに作ってもらいました。

純さんのお仕事
「若狭小浜の純さんのもう一つのアトリエ」
ここに伺った時、大窓があまりに素敵で棘の窓を依頼したのです。

純さんのお仕事
「若狭小浜の古民家カフェwatotoさん」
構造から解体移築されてます

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

京都で寺社や古民家移築再生などをよく手がけられている純さんに、立ち退きの通告の時から相談に乗ってもらっていて、この度新しい場所も京都から見にきてくださり、プロとしての素敵な提案をたくさんたくさんしてくださいました。

日頃から兄妹兄妹と呼び合って、おしゃべりしたり、いろいろ誘ってもらったり、仲良しなんです。

純さんはお庭が中心の建物作りにも特に熱心に取り組んでおられ、庭師の山口鎌作さんとチームを組んで、たくさんのお仕事されてきました。

チームのお仕事「京都 下鴨亭」

チームのお仕事「華双寿 神殿」

チームのお仕事「京都 ちおん舎」

なんとこの山口鎌作さんは、15年ほど前のNHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場された、京都の庭師・北山安夫さんのお弟子さんです。5年ほど修行されて、5年ほど前に独立して活躍されています。

京都の庭師 山口鎌作さん
惚れ惚れ良いお写真

お師匠の北山安夫さんは、昨年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の庭を担当されたり。京都祇園の建仁寺の潮音庭を造園されてるお方。

建仁寺・潮音庭

「麒麟がくる!作庭 北山安夫さん」 https://www.nhk.or.jp/kirin/make/008.html

こんな方のお弟子さんが日進にお庭を作ってくださるなんて、光栄極まりないです!

愛知を代表するスポットになってしまう!

今回新しい場所の庭づくりには、今のお庭からの樹々の移植も大切なテーマにしています。

もともと水はけが悪く窒息状態だった今のお庭に2012年に環境改善工事をしてもらい、そこから樹々が復活してい

日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい
街の中の異空間として10年間、沢山の方の心と身体に大切なものを届けてきた薬草labo.棘が、建物取り壊しのため立ち退きしなくてはならなくなりました。これを機に、日進市の素敵な古民家を改装して、大きな窓から見えるお庭に薬草ハーブの森をてんこ盛りにした、より大切な場所を作っていきたい!

きました。取り壊しで更地になるので、せっかく蘇った命を閉ざしてしまうのが忍びなく、一部にはなりますが新しい場所に連れて行ってあげたい。

2012.3八ヶ岳の「いやさか」酒井さんにお庭の環境改善工事してもらった時の懐かしい写真。

これまで見つめてきてくれたお客さん達をまた新しい場所で見守っていってほしい。

そう思っています。

アロマのお客さんの足湯の残り湯を庭に撒いて、みなさんのことをお庭に伝えてきました。
資金の使い道・スケジュール

3月末

♡樹木の移植…現店舗が更地になる前、芽吹きが本格的になる前に新しいお庭に移植します(5万円〜)

4月

予算に応じて具体的な工事手配

5月

♡トイレ工事(100万円)…古い和式のおトイレを気持ちの良い洋式空間に作り変えます。素敵な手すりもつけて、不自由な方にも入りやすいトイレにしたい。広さがあるので楽しみです。

現状 かなり広さがあります。
今やりとりしながらイメージ膨らませ中!

♡お庭工事(350万円〜400万円)…離れの農作業小屋を撤去し、そこに駐車場(10台くらいいけるかな)を作ります。窓からお庭を眺めた時に車が見えないよう、低い石垣を作り、そこから続く感じにお庭を作ります。街の中にハーブの花咲く森が出現したような、そんなスペシャルなお庭を目指しています)

純さんによる、窓から駐車場が見えないアイデア!

純さんによるイメージ図!

♡大窓工事(予算未)…若狭の由緒ある指物師さんに作っていただいた今の棘の大窓をお引越し、寸法が合わない分を足して、お庭がわっと眼に映る大きな窓を作っていきます。

純さんによるイメージ 今の窓をはめて、お庭を眺めた感じ!

☆キッチン内装(予算未)…働く私たちが気持ちの良い空間で幸せに働けるように。古い昭和のキッチンの床や壁を自然素材の清潔感ある空間に作り変えたい。

現状 とっても広いんです!
お料理教室もやりやすくなると思います!

☆玄関(予算未)…アルミサッシの玄関扉をわくわくするような素敵なエントランスに変えていきます。

現状 住宅としてはいいけれど、お店らしい素敵な入り口にしたい

☆床下断熱(予算未)…古い建物は床下がダイレクトで冬寒いので、断熱材を入れていきたい。

☆天井を一部抜いて吹き抜けにしたい(予算未)…立派な松の大木のハリをできれば皆さんにみ

日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい
街の中の異空間として10年間、沢山の方の心と身体に大切なものを届けてきた薬草labo.棘が、建物取り壊しのため立ち退きしなくてはならなくなりました。これを機に、日進市の素敵な古民家を改装して、大きな窓から見えるお庭に薬草ハーブの森をてんこ盛りにした、より大切な場所を作っていきたい!

てもらいたい。客席を一部天井を抜いて、伝統の建物の素晴らしさを感じられる空間にしたい。

オープンは早くて6月末を目標にしています!

☆は今希望していることいろいろ。集まった予算次第でいろんなことが可能になるので、ぜひぜひご支援お願いします!
最後に

うっかりしていると、場所は無機的なものにどんどん変わっていってしまいます。

生きた場をつくることは、みんなの力が必要で、

それは誰かの作ったものをただ消費するだけではなく、想いを向けてともに作っていってこそ、受け取れることがたくさん。

先代から受け継いだ名古屋の場所でそのことを実感。さらに繋がった沢山のご縁を集めて、この機会に新しい場所を一から作るお手伝いをぜひぜひしていただきたいです!

土地と植物と人達の間で生まれるものからたくさんのものが受け取れる、あなたのための場所です!

楽しいプロジェクトにしていきたいです。

よろしくお願いします。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


元サイト
日進の古民家に移転し、最高の森をお庭に抱いた新しい「薬草labo.棘」を作りたい

HOMEへ戻る

タイトルとURLをコピーしました