遊漁船事業の存続に御助力下さい。

遊漁船事業の存続に御助力下さい。
初めまして。島根県の中海で遊漁船(釣船)をしている船長の田邉大輔です。昨年春から遊漁船として開業しましたがコロナの影響を受け、運営が難しくなってまいりました。しかし数多くのお客様からの声援、存続を願う声を頂きましたので、ご希望に添う為にクラウドファンディングに挑戦します。

はじめに・ご挨拶

初めまして遊漁船Wild Fish船長の田邉大輔です。私は小さな頃から釣りが好きで小中高校ではブラックバス釣りにハマっていました。大学生、社会人になってからはブラックバス釣りも継続しながら遊漁船(釣り船)や管理釣り場にも興味を持ち、様々なルアー釣りを経験致しました。
大会の出場も経験しながら様々な人と釣りをしていく中で、初心者の方からベテランの方まで分け隔て無く魚を釣った喜びや楽しさを共有できることを素晴らしく感じ、釣りに関わる仕事がしたいと強く思うようになりました。

そして一昨年ご縁を頂きましてオープンする運びとなりました。
長年夢見ていた世界に参入出来たことを嬉しく思い、遊漁船(釣り船)を通じてかけがえの無い時間を共有することの素晴らしさをより多くの人に感じていただきたいと思っております。
プロジェクトをやろうと思った理由

昨年4月オープンに向け、数ヶ月かけて準備を進めてきました。しかしコロナが流行り始めていた為、オープンを1ヶ月延期いたしました。そして5月にオープンするも、自粛要請が続いてましたので休業となり、更には開業時期が対象外でしたので国の補助金なども一切なく、かなりギリギリの状況でしたがなんとか乗り切り6月から営業開始いたしました。

しかし、自粛前にご予約いただいていた方の再予約もすぐにとはいかない状況が続き、どうにか1シーズン営業することが出来ましたが、今後の存続が難しい状況になりました。

どうしたものかと悩んでいましたが、お客様からの数多くの声援、そして存続を願う声に背中を押されました。素敵な釣り人達に支えられているのに下を向いていてはいけない!何とか出来る方法を探して行こう!そう思えました。

そこでこのクラウドファンディングを利用してみようと考えました。正直まだ自信はないですがやってみないと分からないので挑戦したいと思います。

昨年から初めたばかりのまだまだ若輩者の船長ですが、釣りを通してかけがえの無い時間の共有に尽力出来る様、これからも頑張っていきたいと思っております。遊漁船Wild Fishの存続に皆様のお力をお借りできたらと思っております。少額でも構いませんのでご支援のほど宜しくお願いいたします。
これまでの活動

4月

開業見送り(コロナ自粛)

5月

開業(コロナ自粛)

6月

営業開始

7

遊漁船事業の存続に御助力下さい。
初めまして。島根県の中海で遊漁船(釣船)をしている船長の田邉大輔です。昨年春から遊漁船として開業しましたがコロナの影響を受け、運営が難しくなってまいりました。しかし数多くのお客様からの声援、存続を願う声を頂きましたので、ご希望に添う為にクラウドファンディングに挑戦します。

月、8月、9月

シーバス、根魚などで出航

10月、11月

シーバスハイシーズン

12月、1月、2月

スロージギング、タイラバなどで出船
資金の使い道

クラウドファンディングで集まったお金は、店舗の維持改装費及び活動費として使用いたします。
リターンについて

・¥1,000

お礼のお手紙を送ります。

・¥3,000

クラウドファンディング専用オリジナルステッカーをいずれか1つ提供致します。
送料は当方が負担致します。

・¥5,000

クラウドファンディング専用オリジナルカラーのルアーをいずれか1つ提供致します。
送料は当方が負担致します。

・¥10,000

お礼の手紙+当遊漁船の乗合料金¥1,000引きになるチケットを3枚提供致します。

(有効期限:ご到着後〜2023年3月31日まで)

送料は当方が負担致します。

実施スケジュール

5月中にクラウドファンディングのお返しをいたします。
最後に

コロナになんか負けてたまるか!という気持ちでこれからも頑張りたいと思っております。
遊漁船Wild Fishの存続に皆様のお力をお貸しいただければ幸いです。
ご支援の程よろしくお願いいたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合もリターンを必ずお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください


元サイト
遊漁船事業の存続に御助力下さい。

タイトルとURLをコピーしました