【京丹後】自然豊かな場所で無添加チャンジャ工場を作りたい!【海から5分】

【京丹後】自然豊かな場所で無添加チャンジャ工場を作りたい!【海から5分】
透き通った青い海が広がるサーフポイント 八丁浜 鳴き砂で有名な琴引浜 間人(たいざ)蟹や夕日ヶ浦温泉など 歴史あるこの網野町で無添加 ほしのチャンジャの工場を作り 皆様の食卓に美味しい発酵食品をお届けしたい!

初めまして。こちらのプロジェクトページをご覧いただきありがとうございます!

自然、海、サーフィンが大好きな

発案者の南 理沙と申します。

巷では、チャンジャサーファーと呼ばれています。笑
無添加チャンジャを作り始めたきっかけ

皆様、チャンジャをご存知でしょうか?

チャンジャとは、タラの内臓を韓国の甘辛味噌コチュジャンで漬けた珍味です。

まず、何故私が、チャンジャ作りを始めたか知って頂きたいと思います。

2020年 新型コロナウイルスが全世界に蔓延し、様々な職業に影響を及ぼしました。

京都市内にある宿泊施設で清掃業務をしていた私は、

真っ先にコロナの影響を受け、2020年2月の収入が0になりました。

緊急事態宣言による自粛生活、先の見えない不安、心身ともに疲弊していた矢先、

主人が体調を崩し病院へ。

血液検査、CT検査、PCR検査も異常が無く原因がわからないまま

頭痛と高熱が約1ヶ月続きました。

そんな時、主人の祖父が心配し、私たちに手作りのチャンジャをくれました。

実は主人の家族は本場、韓国の血筋。

それまでチャンジャが苦手だった私でしたが一口食べて感動しました。

プリプリの歯応え、タレとチャンジャの抜群の相性!

「こんなに美味しいチャンジャ食べたことない!!!」

それと同時に

主人の体調が良くなるようにと、気持ちを込め作ってくれた祖父の想いを感じました。

チャンジャの効果か(?)、程なくして主人の体調は回復し、一安心。

お医者さん曰く、不明熱と呼ばれる原因不明の体調不良はよくある事なのだとか。

↑86歳の祖父とのやり取りです。笑 一将軍とは夫人の事です。

このチャンジャに不思議な力を感じた私は

みんなにも食べて欲しい!と思い祖父からレシピを伝授してもらいました。

更に栄養価を高める為に何度も試行錯誤した末、

無添加 ほしのチャンジャが誕生しました。
ほしのチャンジャのこだわり

まず、一番のこだわりは

餅米、米麹、唐辛子、塩を混ぜ合わせ発酵させた

手作りの自家製無添加コチュジャンです!

祖父に教わった段階では市販のコチュジャンを使用していましたが、

消費量が多くコストがかかってしまいますし、添加物なども多く含まれる為、

どうせならば、コチュジャンも作ってみよう! となりました。

コロナ禍で時間に余裕もできた事もあり、自家製無添加コチュジャン作りを開始。

発酵の原理や、保存方法を調べ作ってみたところ、手間はかかりますが、

寝かせて発酵したコチュジャンは市販のものとは比べ物にならないくらい美味しい!!!

甘みのある、柔らかな風味に仕上がりました。

こうして、身体に優しい手作り無添加コチュジャンの完成です。

唐辛子に含まれるカプサイシンには、身体を温める効果があり

免疫力向上、ダイエット効果、冷え性改善、抗酸化作用、疲労回復 など様々な効能があります。

食べ過ぎると下痢、胃腸が荒れる原因になるので過剰摂取には注意です!
もう一つのこだわり

それはタラの内臓を一つ一つ包丁で手切りしている事です。

スーパーで売られている物や大量生産されている

チャンジャのほとんどは機械によって切られています。

機械で切られているものは、身の大きさにばらつきがあったり

細かくなりすぎているものもあります。

しかしながら、タラの部位であるチャンジャの中にも、

細かな部位があるのです。

身の部位によって切り方を変える事でチャンジャの食感を最大限に味わう事ができます。

例えば、

タイトルとURLをコピーしました