贅沢な分厚い銀メッキをバレル研磨仕上げの特製バックルでつくる「あな」がないベルト

贅沢な分厚い銀メッキをバレル研磨仕上げの特製バックルでつくる「あな」がないベルト
「あな」ではあわせられない、その時のウエストにぴったりあわせてくれる人気のベルト。贅沢に分厚く銀メッキを施してから、バレル研磨加工で風合いを残しつつ削った特製バックルを使用した、従来の"「あな」がないベルト”よりも高価なバックルを使用した特別バージョンです。

薄着の日も、厚着の日も。洋服に合わせてサイズを変えたい。

「食べ過ぎちゃった。気づかれないように少しだけゆるめたい。」
「気合を入れ直すために少しきつくしたい。」

服装、体型、姿勢、時間、気分。「あな」ではあわせられない、
その時のウエストにぴったりあわせてくれるベルトです。

あながないベルトなので男女関係なくお使いいただけます。

今回のプロジェクトでは贅沢に銀メッキを分厚く施したバックルを、風合いを残しつつメディアを使ったバレル研磨加工を施した、従来製品の”「あな」がないベルト”よりも高価なバックルを使用した特別バージョンです。

今回は今後製品ラインナップとして追加するかを検討するためのテストマーケティングを兼ねた先行販売をさせていただきます。

「何故ベルトには穴があいているのか?」
ここからがスタートとなりました。

従来のベルトは、いつも同じ穴にピンを止めるので、その穴の部分が極端に傷みます。
他の部分は綺麗でも意外と早く商品寿命が終わってしまいます。

また、凡そ穴の位置は3cm間隔なので、ちょっと緩めたいなどの微調整が出来ません。
食事の時に穴を緩めるには勇気がいるし、恥ずかしい思いをするかもしれない。
車の運転時や飛行機の着席時にシートベルトをした状態から緩めるには、いちいちピンを外して止めなおさなければならず、面倒だ。

それらを我慢しながら使い続けるのは残念な習慣です。

ベルトはこういうものだとあきらめていませんか?

”「あな」がないベルト”なら、従来のベルトの問題点を解消することができます。

「あな」がないため、微調整ができ、その時のウエストにぴったりあいます。
お腹一杯食べても人目を気にせずベルトを緩められます。

また、このベルトの機能は優秀です。

弊社代表の二宮は6年間毎日のように「あな」がないベルトを着用していますが、永く使っていても伸びてきません。

「こんなに良いベルトが出来ました。」とお勧めできるようになるまで毎日いろいろなシーンで試してきました。
自信を持ってお勧めできます。

この「あな」がないベルトは今までのベルトとは明らかに違います。
バックルの質感や革の高級感がただ便利だけのベルトとは違う、品格ある製品に仕上っています。

バックルのデザインはシンプルでどんな場面でもモダンな印象を与えます。
男性女性どちらにも好まれるデザインです。

お気に入りのベルトは人に見せたくなる機能美を有しています。

イタリアの有名展示会に出展した際に知ったことですが、スーツやベストのウェストのラインはベルトのバックルが見えるようにデザインされているのです。(イタリア人のバイヤーから聞いたお話です。)

超有名ブランドのバックルは、車のラジエターグリルと同じように、どこのブランドのデザインなのかすぐわかるようになっている物が多く、すぐわかるようになっていますね。

「あな」がないベルトは、簡単に調節ができます。バックルを持ちながら、革ベルトの端を引っ張ると締めることができ、摩擦だけでキープします。

緩める時はバックルを持ち上げるようにずらして調整してください。

簡単に調節ができるため、食事の時にさりげなく穴を緩めることもできます。

今までのシステムから考えると、古びて、活用されることなく「廃棄」されていた革製品ですが、限りある資源の製品寿命を出来る限り長持ちさせることも目的にした「サーキュラーデザイン」つまり、循環型製品設計をしています。

「あな」がないベルトはシンプルにこだ

タイトルとURLをコピーしました