ド派手に!生前葬プロジェクト~現代忍者 羅希阿丸 感謝と新たな挑戦!再び世界へ~

ド派手に!生前葬プロジェクト~現代忍者 羅希阿丸 感謝と新たな挑戦!再び世界へ~
音声配信で繋がる新しいコミュニティの挑戦!コロナ禍で活動の場を奪われた現代忍者羅希阿丸が、stand.fmで繋がった仲間と共に新しい形の感謝を伝える会”ド派手に生前葬”を成功させて、世界中の人に現代忍者の活動と、生前葬が自分と向き合い、今を精一杯生きるための最強ツールであることを伝えたい

はじめに・ご挨拶

初めまして。ド派手に生前葬!プロジェクトのチャレンジページにお越しくださいましてありがとうございます。広島弁deたちまち終活のあかさん こと エンディングノートナビゲーター®️、終活講師、NPO法人エンディングノート普及協会理事長の赤川 直美と申します。よろしくお願いいたします。

これまで「エンディングノートの作成を通して、誰もが最期まで自分らしく生きるための”エンディングノート”を普及する」をモットーに、全国でエンディングノートや終活をお伝えして参りました。

しかし新型コロナの感染拡大により県をまたぐ移動はできなくなり、講演活動はなくなりました。長びく自粛生活で会いたい人に会えない、伝えたい人たちに伝えることができない、そんな不安な日々を変えてくれたのは、音声配信アプリ stand.fm(通称:スタエフ) でした。

毎朝配信されるお経配信で出会い、終活講師の配信を通して繋がったスタエフ仲間。活動の場を失ったスタエフ仲間の現代忍者 羅希阿丸(ラキアマル)さんも、年間150回以上出演していたステージは全てキャンセル。2年前に急病で立つことができなかった世界最大規模のJAPAN EXPOを再度目指すも、新型コロナの感染拡大により海外渡航ができなくなり、現代忍者として活動していく気力も、夢を追いかける気持ちも「あきらめた方が楽だ」という気持ちに変わっていました。

海外遠征・スイス
ド派手に生前葬!ワシやってみようかな〜?

ステージでの演舞が無くなった羅希阿丸さんは2020年の3月に、講演活動のなくなったあかさんは2020年の11月に音声配信アプリ stand.fm に登録、配信を開始しました。

そのstand.fmで、毎朝5時から配信される広島県の浄土真宗本願寺派、重光正向寺さんのお経配信、毎朝5:50からのNPO法人エンディングノート普及協会 理事長 赤川直美の番組『広島弁 de たちまち終活』に日々集う仲間達と、配信を通して絆を深めてきました。

stand.fm内の羅希阿丸さんは、明るくてとてもひょうきん。ライブ配信で出会った初対面の人には「即フォロー」と積極的に関わっていきます。「羅希阿丸さんっておもろいけど忍者なの?」という感じで、これまでのstand.fmでは忍者を熱く伝えるイメージはありませんでした。

しかし、2年前に小腸穿孔により救急搬送され緊急手術。生死を彷徨う経験をして以来「後悔のないように今を生きなくては」と思っていたそうです。と同時に「こんな時代に何を目標にすれば良いのか?」と、多くの人がコロナ禍で感じている不安、焦燥感を羅希阿丸さんも持っていたようです。

そんな羅希阿丸さんが私の朝活終活ライブに参加してくださるようになり、2021年6月の朝ライブで「生前葬? 面白そう! ワシやってみようかな?」と軽い気持ちだったとは思うのですが、羅希阿丸さんの口からその言葉が出ました。

それを聞き逃さなかった私は「羅希阿丸さん! 生前葬やりましょう!」と半ば強引に決めたのでした。

羅希阿丸さん死ぬの?病気なの?ワシ死ぬ?いや死なない!でも・・・

初めは羅希阿丸さんのノリで「ワシ生前葬やってみようかな〜」の一言から始まりましたが、日程を決め、生前葬とは?を調べるうちに羅希阿丸さんの心境にはかなりの変化がありました。また自身の配信の中で「ワシド派手に生前葬やることになりました」と伝えると、リスナーさんからは「病気ですか?」「死ぬのですか?」など、想像以上にネガティブな反応が返ってきました。

ぼんやりと

タイトルとURLをコピーしました