手ぶらで移動、一瞬でセットアップできる一脚「Steadify」

手ぶらで移動、一瞬でセットアップできる一脚「Steadify」
Steadifyは、手ぶらで移動、瞬時にセットアップができる身に着ける一脚です。操作は簡単で、スティックをシュッと伸ばして、軽くひねればセットアップが完了します。あとはカメラをセットしてシャッターを切るだけ。

こんな経験はありませんか?

写真撮影にとって三脚は必須アイテム。

1枚撮って、次の場所まで三脚を持って移動。

撮影する前に三脚をセットアップし直して、シャッターを切る。

そこから次の場所に移動。移動。移動。。。

「あぁぁ……….三脚を持っての移動は面倒だな」

心の中でそう呟いた経験が一度や二度はあるのではないでしょうか?

Steadifyはそういった写真家たちのフラストレーションを取り除き、より快適に撮影ができるよう作られました。

Steadifyを身につけることで三脚を持ち運ぶストレスから解放されます。

操作は非常に簡単。

手元を見ずに、片手で操作ができます。

腰につけたSteadifyの棒をシュッと自分の目線の高さまで伸ばして、キュッと捻って固定。

操作はこれだけです!

一瞬でセットアップが完了!カメラを構えてシャッターを切ってください!

カメラで撮影をしていて、「手が疲れた」「腕がだるくなった」という経験はありませんか?

良い写真を撮りたいと思ってカメラを構えていても、長時間使っていると重さで手がプルプル…。

原因は、

一眼レフなどの最近の高性能カメラは、本当に美しい高画質の写真を撮ることができ魅力的ですが、重すぎるという大きなデメリットがあります。

普段から使い慣れてるので、カメラの重さなんてそんなものだよね。

で済ませていたかもしれませんが、よく考えてみてください。

一般的な高性能カメラで、重たいものであれば、1.5kgから2kgくらいです。

1.5kgといえば、1.5リットルの大きいペットボトルの重さ。

それを手に持って構えていたら腕や手がプルプルなってもおかしくないですよね。

良い写真とは、本来安定した構えができることで、初めて撮れるもの。

カメラをSteadifyに置けば、あとは両手は添えるだけ。

カメラをSteadifyに支えさせ、楽に構えてみてください。

満足のいく写真が何枚も撮れるようになります!

人によって好みの高さは違うもの。

無段階調整なので自分の好きな位置にカメラを固定することができます。

納得のいく位置にカメラをセッティングしてください。

カメラの手ブレ補正は年々改良されていますが、それでも手ブレすることがあります。

Steadifyは、体を支点にして一脚を伸ばしカメラを固定するので、安定感抜群です!

安定したフォームからの撮影により、手ブレを抑えることができます。

薄いデザイン&スティックも短く縮めることができるのでリュック収納も楽々。

旅行や登山などで沢山の荷物をリュックや鞄に詰めていたとしても、空いている隙間にスポッと収まります。

サイクリング中に思わず見入ってしまった綺麗な景色をパシャリ。

山で野鳥観察中に可愛い小鳥をパシャリ。

コンサート会場や運動会など、三脚設置が禁止されている場所でパシャリ。

身につけることのできるSteadifyは幅広いシーンで大活躍します!

カメラだけじゃなく、双眼鏡やビデオカメラなどにも対応しています。

さらにオプションのクイックリリースボールヘッドを使えば、スタビライザーと組み合わせることができたりと可能性は広がります。

ここ最近は海外に行くことが難しくなりましたが、いつかSteadifyとカメラを持って、海外にこんな写真を撮りに行ける未来を想像しています。

制限なくどこにでも行ける日が、早く来るといいですね!

※ベーシックにはオプションのポケットクリップは付いておりませんが、

タイトルとURLをコピーしました