藤原知之監督オリジナル長編映画「素晴らしき人生(仮)」制作費の支援を募集!!

藤原知之監督オリジナル長編映画「素晴らしき人生(仮)」制作費の支援を募集!!
藤原知之監督のオリジナル新作映画の制作費ご支援をお願い致します。監督が長きにわたり、あたためていた特別な作品です。逃亡中の殺人犯を父にもつ少女が思春期を迎え、将来や夢について葛藤する姿を描く物語です。キャストは現在、絶賛オーディション&キャスティング中。撮影は関東近郊を予定しています。

はじめまして
Memento Film Clubと申します。
映画監督・藤原知之が中心となり、映画・映像製作を行うクリエイターユニットです。

●プロジェクト概要
長編映画の製作
題名:「素晴らしき人生(仮)」
制作:Memento Film Club
脚本・監督:藤原知之
撮影時期:2021年11月中旬頃を予定
キャスト:現在、オーディション開催・キャスティング中
スタッフ:ベテランからルーキーまで、様々なプロが心を込めて映画をつくります。
藤原組過去作品、のスタッフを中心に編成予定です(監督プロフィールをご参考ください)

オリジナル脚本の長編映画制作を行います。
本作品は、国内・海外の映画祭に出品予定です。
映画祭出品後は、劇場上映・ネット配信サービスへの展開を視野に入れています。

●資金の使い道
ご支援いただいた制作費は、制作スタッフの人件費・撮影機材費・CAMPFIRE手数料等に使用させていただきます。
ロケ地代、スタッフ人件費、キャスト出演費、技術スタッフのアシスタント代、撮影機材、衣裳代、美術・小道具代、ロケの際の車両及び燃料代、交通費・・・!
映画製作にはとってもお金がかかります。
もちろん工夫をしながら進めますが、映画のクオリティをあげるため、表現の幅を広げるため、ご支援金を活用させていただきたいと思っております。
是非とも、我々と一緒に「映画をつくる」おひとりとしてご支援をご検討ください。
作品は我が子のようです。大切に一緒にかわいがり、育てていただけると嬉しいです!

●監督・藤原知之よりコメント多くの人にとって、人生で最初に身近にいる大人は親だと思います。
子供の頃は、その大人が人生における正解を知っている人、親は正しい人なんだと認識することが多いと思います。しかし親にも、子供が知らない一面があります。
もしそれが絶対的な“悪”だった場合、子供は親を拒絶するのか、それでも愛し求めるのか。
家族であろうと、お互いの全てを理解できる訳ではありません。
しかし理解を超える感情が、そこには存在するのか。
この映画を作ることで、それを考えてみたいと思いました。
ご協力、よろしくお願い致します。

●「素晴らしき人生(仮)」あらすじ
——————
私は、高校3年生。
進路について、将来について、そろそろ真剣に考えなきゃいけない。
でも夢とか、なりたいものとかないし、どうしよう。

それに私は他の人とは違う。

私は、世間を震撼させた凶悪殺人犯の娘。

4年前に近所の小学生の和真くんを殺害し逃亡中の父・秀明。
椿には、常に「殺人犯の娘」という事実が付き纏う。
事件以降全く消息を掴めない秀明は、もう死んでいるのではないかと考えられていた。
しかしある日、秀明に似た男が公園で子供に声をかけているところを目撃される。

だが数日後、証言は見間違いで全くの別人だったことがわかる。
報告に来た若手刑事・真島絢斗の前で、泣きながら思いを吐露する椿。

椿「わたし、お父さんはもう死んだと諦めなきゃいけないって思っていた。でも公園に現れた人がお父さんに似ているって聞いた時、よかった、お父さんは生きていたんだって思ったの。そんな気持ち誰にも言えなかったけど、わたしは嬉しいって思っちゃったの。また小さい子が襲われかけたのに、嬉しいって思ってしまった私の心も、お父さんみたいに壊れているのかもしれない」

数日後、椿は秀明が犯行に使った改造拳銃を偶然見つける。
銃をじっと見つめる椿。

2年後。
事件以来、椿の面倒を見ていた祖父

タイトルとURLをコピーしました