バスケットボールと地域の発展に繋がるインタビュー動画を届けたい!

バスケットボールと地域の発展に繋がるインタビュー動画を届けたい!
厳しい世界に身を置き、全国の様々な地域へ移住する機会を多く持つプロバスケットボール選手たちの人生を通して、バスケットボールとその地域。そして彼ら自身の魅力を伝えたいです!

【 ご挨拶 】

このページをご覧くださり、誠にありがとうございます!
島根県にてバスケットボールMCとして活動している、HONSHOW ( ホンショウ )と申します。

バスケットボールMC(エムシー)とは、試合会場での場内アナウンス役を始め、
試合やイベントの進行を行う役割です。
僕は、幼い頃から親しんできたバスケットボールという
島根県に根付いた文化を足がかりに、
人と人。世代と世代。地域と地域。・・など、あらゆるもの同士を繋げ、
新しいムーブメントを生み出したい。もっと根強い文化を創り上げたい。
そういった想いで活動を続けております。よろしくお願いいたします!

以下に僕のバスケットボール活動の経歴を紹介させていただきます。

・アウトドア3on3トーナメント【 CRAZE 】MC・運営 (2014,2015)

・ストリートボールリーグ【 SOMECITY:SOMECITY SHIMANE 】MC・運営 (2014〜)

・アウトドア5on5トーナメント【 DAY BALL PARK 】MC・運営 (2015)

・島根No.1ボーラー決定戦【 CIRCUS 】MC・運営(2016)

・大人vs高校3年 世代オールスターゲーム【 SHIMANE STREETBALL DELIGHT 】MC・運営 (2018〜)

・日本男子プロバスケットボールリーグ/B.LEAGUE【 島根スサノオマジック 】MC (2016〜)

・【 島根県国体成年男子チーム 】広報映像制作 (2018,2019)

・【 (一財)島根県バスケットボール協会 】3×3実行委員 (2018〜)

【 プロジェクトの目的 】

今回、クラウドファンディングでの支援を募らせていただきたいのは、
僕のYouTubeアカウントにてアップした動画の企画のひとつ、
“ 突撃!いま、会いにゆきます。” をシリーズ化させたい!というものです。
この企画は、島根スサノオマジックに在籍していた選手、
また島根に所縁のあるプロバスケットボール選手のその後を追いかけ、その選手の現在。
そして今だから話す事のできる『島根』と言う地域への印象や想い、エピソードなどを
インタビュー形式で皆様にお届けするコンテンツです。

『バスケ(スポーツ)選手は渡り鳥。』そういった言葉を聞いた事があります。
長くチームに在籍し続ける選手もいれば、
翌年には違うチームへ旅立ってしまうこともしばしば。
別れは寂しいですが、皆それぞれに人生があり、進んでいかなければなりません。
先が保証されていない厳しい世界に身を置き、その人生の中で、
僕たちの暮らす『島根』という地域を選び
移住してきてくれたことは島根人としてとても喜ばしいことであり、
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
どこに行こうとどこにいようと大切な仲間である。僕はそう思っています。
僕はこの先もずっと彼らを応援し続けたいし、ファンの皆さんにも応援し続けて欲しい。
そういった主旨の元、今年4月に以前島根スサノオマジックに在籍していた、
相馬卓弥選手のいる佐賀県を訪問させていただき、動画を作成しました。
(※相馬選手は2021年シーズンよりFE名古屋在籍。)

また、全国の様々な地域へ移住する機会を多く持つプロバスケットボール選手たちに、
地域の良さだったり難点をその豊富な経験で客観的な視点から聞き出す。
そこから地域の誇りや改善点などを発見・再確認し、より良い地域づくりに活かしていきたい。
新たにこの部分にも力を注ぎ、この企画を地域発展に役立たせたいと

タイトルとURLをコピーしました