堀養蜂園の挑戦!国産はちみつを使ったshop&cafeが新たにオープン

堀養蜂園の挑戦!国産はちみつを使ったshop&cafeが新たにオープン
岐阜県瑞浪市を中心とした東濃地域で国産はちみつを生産・販売する「堀養蜂園」が手掛ける新業態店舗「堀養蜂園 蜜や」が8月16日(月)にオープンいたします。「東濃地域ならではの味を届ける」をコンセプトに、国産はちみつが購入できるだけでなく、東濃地域のはちみつを使用した手作りはちみつスイーツが味わえます。

はじめに・ご挨拶

はじめまして、岐阜県の東の地❝東濃地域❞において専業で養蜂業を営んでいる
株式会社堀養蜂園の園主、堀孝之です。

岐阜県東濃地域は自然が多く、蜜源植物に恵まれており
品質の良いはちみつが生産できることから古くから養蜂が盛んにおこなわれている地域です。

その東濃地域で専業養蜂業を営んでおります。

私が20歳の頃から養蜂を少しずつ独学で学び2015年1月、当時29歳で起業し個人事業を経て、
2019年12月に法人会社「株式会社 堀養蜂園」を設立、
現在はスタッフ6名で生産から販売まで一貫して行っております。

年間生産約6~8t生産し現在、自社店舗(今回新たな事業形態となってオープン)・
HPを始め、イベントなどの出店で販売を行っております。
商品・お店が作られた背景

法人を設立したと同時に、コロナの影響を受けイベントなどの出店などがなかなかできなくなり
堀養蜂園を知ってもらう機会がとても少なくなり、さらには異常気象の影響を受け昨年は
はちみつの生産量が4t近くまで落ち込んでしまうなど思うようにいかないなど
本当に悩まされていました。

しかし、このままではいけないと従業員一同話し合った結果、
新たなことに挑戦していくという道を選択し昨年11月から徐々にこのプロジェクトを
考え計画してきました。今年4月には長い間お世話になっていた父の会社建屋より独立し
新たな場所にて0から新たな気持ちでスタートしました。

本年度はなんとか気候も味方をしてくれたおかげで
採蜜量も今現在で約8tのはちみつを生産することができました。

堀養蜂園こだわり抜いた自慢のはちみつをより多くの方に知ってもらう場所を、
お客様の憩いの場所を、一人一人がそれぞれ熱い思いを心に持ちながら、
それぞれの思いを一つに本年度の採蜜期を乗り越え、
お店のオープンを目指し頑張ってきました。

また、国産はちみつをはじめとする、はちみつの情報は
この情報化社会の中で色々な情報が流れていると思いますが
その中でもお客様に安心安全をより多くのお客様に知っていただくため
❝楽しく学べる・ホンモノだけのお店❞を目指します。
私たちの商品・お店のこだわり

1.国産はちみつの中でも最高の状態のとれたままの味わい、香、彩色にとことんこだわります。

堀養蜂園のはちみつは、野山の季節と豊かな自然の香りと味わいを存分に感じられる
❝純粋さ❞を何よりも大切にしています。

岐阜県ならではの「美味しさ」や「花の香り」を味わっていただけるように、
私たちはみつばちが大切に集めた最高の蜜を糖度78~82度まで完熟するまでじっくり待ち、
糖度を上げるための加熱や加工を一切行わず、
美味しい「自然そのままのはちみつ」だけをお届けできるようこだわりをもっております。

2.堀養蜂園のはちみつを存分に使用してつくるスイーツと、ドリンク。

今回のプロジェクトにおいては堀養蜂園のはちみつをただ買ってもらうだけでなく、
お店に来ていただいたお客様にその場で味わってもらうことのできるお店を目指しています。

ここではオススメのメニュー品をご紹介

・堀養蜂園のみつろうを使用して作る フランス菓子 ❝カヌレ・ド・ボルドー ❞は
本場の味を再現できるようにとレシピをコンサルタントであるシェフと一緒に考案。
カヌレの型に堀養蜂園の未晒し蜜蝋を塗ることで外はガリっと中はしっとり、蜜蝋を使用して作った
カヌレを是非味わってみてください。

・はちみつをたっぷりかけた❝ほうじ茶ソフトクリーム❞
地元で有機栽培をしてい

タイトルとURLをコピーしました