3way仕様で雪山から初夏の電車内まで快適にするOROSのGEMINIジャケット

3way仕様で雪山から初夏の電車内まで快適にするOROSのGEMINIジャケット
1着で雪山から初夏の電車内まで幅広い気温に対応。3way仕様で温度調節がより柔軟に!防水・防風・断熱仕様で雪山でのアクティビティにもしっかり対応!スタイリッシュなデザイン性で雪山から街中まで馴染むミニマリスト仕様!

OROSの最新作 “GEMINIジャケット”を日本の皆様にお届けします。

OROSブランドは2019年に日本デビューを果たして以来、大変多くのお客様に支えられて成長してきました!

そして更なる商品開発を行う中、お客様から寄せられたご感想の中で共通する1つのテーマがあることに気づいたのです。

それは、
「絶妙な温度調節のできるウェア」
という発想です。

お客様からは、

“OROSのウェアは本当に異次元の暖かさ。ただ、電車や室内では少し暑い時も”

“もっと温度調節しやすいウェアが欲しい”

“室内でも快適に動けるウェアも出して欲しい”

GEMINIジャケットはこのようなお声から生まれました。

GEMINIジャケットは、ジャケットとベストの一体型ウェア。
「絶妙な温度調節できるウェア」として、これ1着あれば他のウェアが不要になるほどの使い勝手の良さを追究しました。

GEMINIジャケットは、とにかく簡単に使いこなせることを大切にしています。

いくら3wayで使える仕様であっても扱いづらかったりすると、結局いつもワンパターン…、ということになりかねないので、お客様にずっと使い続けてもらうために、ジャケットとベストの連結・取り外しを数秒で完結できるEASYな仕組みにしました。

ボタンで簡単に連結 or 取り外しOK!

春秋の肌寒い時期のランニングにも◎

とても軽いので、動きをさまたげません。

ご参考サンプル実測値
(メンズMサイズでジャケット456g・ベスト364g=TOTAL820g)
(レディースSサイズでジャケット405g・ベスト307g=TOTAL712g)

しっかり防寒・防風のためバイクや自転車にも◎

ジャケットは圧倒的な防水性能でウィンタースポーツにも◎

DWR防水加工に加え、全てのファスナーが防水仕様のため安心してアクティブに楽しめます。

手首部分はベルクロで調節できるため雨雪の侵入をしっかり防ぎます。

キャンプや車中泊にも◎

もちろん雪山登山にも◎

シンプルなデザインなので街中での普段使いにも◎

OROSの強みはなんといっても保温力の高い独自の生地。
今回のGEMINIでは、暑くなりすぎず、でもしっかり冬場は保温という相反する2つの要素を調整できる仕掛けがほどこしてあります。

今回、NASAが宇宙服の断熱材として使う素材エアロゲルを加工した特殊生地ソーラーコア(詳細は後述)を、ベストの前後に搭載しています。

OROSの前作アウターウェア、エンデバージャケットやORION PARKAでは全面にソーラーコアを搭載することで-40℃まで対応するほどの圧倒的な保温力を実現していましたが、今回のGEMINIはソーラーコアを上図の通り、ベストにのみ部分的に配置しているため、着脱により「暑過ぎる」問題を解決できる構造となっています。

ジャケット部分にはソーラーコアを敢えて使用していないため、ジャケット単体ではメンズのMサイズで456gと非常に軽く、春秋や初夏の少々暑い時にもお使いいただけるのが特徴です。

OROSは超特殊素材”エアロゲル”を厚さ2ミリの断熱生地ソーラーコアに仕立て、ウェア内側に断熱素材として使用しています。

上の映像はエアロゲルに下から火を当てても、エアロゲルがしっかり断熱しているため、上に置いてあるチョコレートが溶けないというシーンです。いかにエアロゲルの断熱性が優れているかがよくわかるかと思います。

・NASA元宇宙飛行士が開発に参画

元宇宙飛行士のスコット・

タイトルとURLをコピーしました