組立自由ステンレスチタン製キャンプストーブ FlexFire 最終形

組立自由ステンレスチタン製キャンプストーブ FlexFire 最終形
今までなかった組立自由なキャンプストーブ。ドイツ発ステンレスチタン製6つの熱源が使えるキャンプストーブ。分解すれば20cmx18cmで最小薄さ7mmのコンパクト。煙突効果で燃焼効率も高い。ドイツ製の風合いのある粋なデザインと携帯性・機能性を併せ持つFlexFireを人気焚き火台を日本にご紹介します。

選んだキャンプストーブとは長く付き合うことになるので、まずはデザインが好みかどうかは大事なところです。好みのタイプが選べたなら、あとは機能性などの考えてみましょう。

キャンプの人気が高まっているけれど今までちょっと敷居が高かった方も、FlexFireなら安心してご利用頂けます。よく燃えるFlexFireならこれから始める方にも安心して焚き火をお楽しみ頂けます。薪や炭から始めて、ペレットやアルコールストーブ、固形燃料など順に試していただければと思います。

燃焼テストを繰り返した結果、薄くて熱耐性の高い製品を作るため、選ばれたのは強靭なステンレスチタンでした。現在、輸入品のキャンプストーブの中では高価なチタン製と比較的安価なステンレス製の中間に位置し、高品質でコストを抑えた製品とすることができました。

別途ペレットプレートを利用すればペレットもご利用できます。

構想段階の初期モデルから現在に至るまで、3Dプリンタにより切り出された部品で、繰り返しテストが行われ、時に1,100°C以上の燃焼テストで、耐久性を検証しながら改良を繰り返してきました。

最もコンパクトなFlexFire、新書サイズで7mmの薄さ。重さ535g約ペットボトル1本分です。軽装備のソロキャンプやトレッキングでの携帯に向いています。

FlexFire4より大きく、充実したソロキャンプに向いています。調理器具が安定し調理しやすいサイズ。939gの重さで使用時は安定感があります。2個セットをご利用いただくとFlexFire6を連結してご利用頂けます。

FlexFire Premiumは、FlexFire4と6を包含していますので、お使いになるシチュエーションに合わせて必要なパーツを携帯するのがお勧めです。グリルプレートも標準装備で、穴あきのフロントプレートに加えエアフローを抑えたいときに使うホールのないフロントプレートも付属しています。それぞれパーツを集めてお求めになるよりかなりお安くなっています。

FlexFire4をお持ちの場合、アップグレードセットによりFlexFire4のパーツと合わせて、FlexFire6を組み立てることができます。また、逆にFlexFire6をお持ちの場合、FlexFier4を組み立てるアップグレードセットもございます。これらのアップグレードセットはオプションにて準備しております。

部分的にプレートが傷んだ場合、全体を買い替えなくてもよいよう、交換パーツをご用意してFlexFireFireアフターサポートについてご案内します。

早期にご支援を頂きました場合、リターン商品は9月中にお届けさせていただきます。9月中のお届けをご希望の場合、早めのご支援をお願いいたします。通常ご支援におきましては、リターン商品のお届けは10月末までにお届けさせて頂きます。

会社・チームの紹介

FlexFireの製造メーカーはドイツ・ミュンスターにあるWIKA TECHNOLOGYです。

彼らは自然を愛する人々の為に「携帯性が高くいろいろな場面で使える丈夫なキャンプストーブはないか」とこのミッションをスタートさせました。クリエイターであるマイク達のこのアイデアは、このコンセプトから時間をかけて具体的なモデルになりました。初期のモデルから現在に至るまで、開発にはとても長い時間がかかりました。沢山の試作品が失敗し廃棄されましたが、ついに彼らはこのドイツや欧州で人気を集めているこの「FlexFire」を完成させました。

ご挨拶

この度ドイツから届いた粋なキ

タイトルとURLをコピーしました