珍獣が生きる森の保護と、観光業従事者の雇用を作りたい


皆様に協力して頂きたいのです。

始めまして、私は加瀬和城(かせかずき)といいます。中米のコスタリカという国で旅行業と海外撮影コーディネートを行う会社を経営しています。日本の某人気バラエティー番組に何度か出させて頂いた事もありますので、私をご存じの方もいらっしゃる事かと思われます。

コスタリカには1995年に渡航しまして、その自然と政府が行っている自然保護に魅了され、1997年よりコスタリカへ留学し環境学と観光学を学びました。そして紆余曲折の末、2003年に今の会社を設立し現在にいたります。

コスタリカの自然

コスタリカは世界的に環境保護の先進国として知られており、国土の約27%が国立公園や自然保護区に指定されています。自然保護に関する厳しい法律と、自然を次世代に残したいという国民により守られている豊かな自然を利用したエコツーリズムが、国の重要な産業の一つとなっており、多くの人々が観光業に関連した仕事で生計を立てています。

私がサポートしている「ピエレーラ自然保護地」は約5ヘクタールと、保護地としては比較的小さな面積ながら、生き物の生息密度が非常に高く、コスタリカの熱帯雨林地域に生息する多くの生き物が生活しています。

ピエレーラ自然保護地は約25年前から、農地などを買い取り土地を少しずつ増やし、様々な種類の木々を植林し、森の再生に尽力してきました。今ではナマケモノ、アカメアマガエル、シロヘラコウモリ、オオハシ、グリーンバシリスク、他にもカラフルな野鳥が生息する森となりました。

非常に珍しいシロヘラコウモリ
フタユビナマケモノ

スベヒタイヘルメットイグアナ
ヒワコンゴウインコ
マダラヤドクガエル
イチゴヤドクガエル
水上を走る事で有名なグリーンバシリスクのオス
現在のコスタリカの実情

コスタリカでも新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年3月より国境が封鎖され、その間の観光業における収入は完全に絶たれました。11月に空港を含む国境が開かれ、観光客が戻ってくるだろうと期待をしましたが観光客は殆ど戻らず、観光業に携わっていたガイド、運転手、ホテルやレストラン関係者等、例を挙げれば、きりがないほど多くの人々が収入を失ったままでいます。そしてコスタリカは大不況に陥り、新たな仕事を得る事も難しいのが現状です。

ピエレーラ自然保護地も収入が無く、それまでのように密猟や蜜伐採などをパトロールするスタッフも雇用できなくなりました。

2020年3月の運営や人件費は、貯蓄を崩し小さい基金などを募り、それらを運営費や人件費へ回してきましたが、もう私だけの力では、この状況を打破するのは難しいと考え、プロジェクトを立ち上げようと思いました。
このプロジェクトで実現したいこと

ピエレーラ自然保護地は、大きく3つの収入により運営をしていました。

1.自然保護地にいる動物たちを、観光客へ見せる事により得られる観光収入。

2.世界で1番美しい蝶と言われている、モルフォチョウのサナギを周辺諸国へ輸出。

3.カカオ栽培から得られるカカオパウダーやチョコレートの販売。

この3つを収入としてきましたが、コロナ禍により全ての収入が絶たれました。

輸出が出来なくなったサナギは殺処分、販売が出来なくなったカカオは廃棄する事になります。

本プロジェクトではサナギを殺処分せず、羽化させ美しい蝶となった後に標本や翅を使った本のシオリを製作して、それらをクラウドファウンディングの返礼品とします。

返礼品は収入を絶たれた観光業従事者が製作します。

返礼品より得た収益は、観光業従事者への 3ヶ月分の人件費、および活動費とさせていただきます。

カカオ石鹸を作って販売をと考えていますが、色々なルールから今回の返礼品として扱う事は出来ないので、別の機会に別の方法で行いたいと考えています。

カカオの実がたくさん
資金の使い道・実施スケジュール

皆様から頂いた支援金は、下記の通りに利用したいと考えています。

人件費     約180万円 (加工、販売、宣伝費、交通費等含まれます。 )
送料費     約60万円
材料費     約60万円

2021年3月 クラウドファンディング終了
5月上旬 従業員の確保
5月下旬 商品制作の為の材料や素材の確保
6月下旬 生き物リスト、ビデオをメールにて送付。
7月下旬 標本やしおりの制作開始
9月下旬 返礼品発送予定

*コスタリカから日本への郵送が止められている場合は10月、11月以降になる可能性もございます。
リターンのご紹介

<生き物リスト>

ピエレーラ自然保護区内で観察できる生き物を画像と簡単な説明付きでメールにてお届けいたします。

<生き物紹介ビデオ>

自然保護区内で観察できる生き物を撮影したビデオをメールにてお届けいたします。

<本のシオリ3枚>

4㎝x11㎝

自然保護地で羽化した蝶の翅を使って、本のシオリを作ります。

<モルフォ蝶の標本>

縦約15㎝ 横約15㎝ 厚さ約3㎝

自然保護地内で羽化したモルフォ蝶を使い標本にします。

*こちらの商品は両面ガラス張りとなっております。

青く輝くモルフォ蝶をお部屋に飾り、コスタリカを感じてみませんか。

<モルフォ蝶を含む数種類の蝶の標本>

縦約32㎝ 横約15㎝ 厚さ約3㎝

自然保護地内で羽化した数種類の蝶を使い標本にします。

画像キャプション

<オンラインツアーご招待>

ZOOMなどを利用したオンラインツアーにご参加いただけます。ピエレーラ自然保護地とオンラインで繋ぎ、オンタイムで白いコウモリや、カラフルな色彩をしたカエルなど、色々な動物をご案内いたします。

<サンホセ発着4泊5日ご招待>

4泊5日のツアーでは今回のプロジェクトの主役であるピエレーラ自然保護地にてのご宿泊及び動物観察、場所を変えてコスタリカを象徴する鳥といっても良い、世界で1番美しい野鳥と言われているケツアールの観察、サンホセ市内観光など、短期間でコスタリカの自然と文化を満喫するツアーにご案内します。全行程、現地在住の日本語ガイドが同行、移動車両も、食事も付いています。

日程は下記をご参考ください。

*渡航時期はお客様が希望される日程にて設定可能です。

*日本とコスタリカの往復エアーチケットは含まれておりません、お客様ご自身で手配頂く事になりますが、手配のお手伝いは出来ますのでご相談ください。
最後に

皆様に協力頂ければ、コスタリカの自然、そこに住む動物、収入を絶たれた観光業従事者を救えます。

どうか私達のプロジェクトを応援してください。

宜しくお願い致します。

*本プロジェクトはAll-in方式で実施いたしますので、目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

* なお、このページに使用している画像や動画は、掲載権利を所有しております。

元サイト
珍獣が生きる森の保護と、観光業従事者の雇用を作りたい

タイトルとURLをコピーしました