料理を毎日する女性に。日常に楽しみや思い出を増やして欲しい。「創(つくり)」

料理を毎日する女性に。日常に楽しみや思い出を増やして欲しい。「創(つくり)」
女性の皆さん、毎日料理を作るのって、「面倒だな・・・」と苦痛になる時ってないですか?今回、人気料理YouTuberの「かっちゃん」とコラボし、かっちゃんによる女性のための包丁を作ることになりました!「毎日料理を作るのが楽しくなる」そんな女性のための包丁を手に入れてみませんか?

【創(つくり)包丁、5つの特性】

①切れ味のよいこと
②さびにくいこと
③切れ味が持続すること
④折れたり刃こぼれしにくいこと
⑤取扱いしやすいこと

◎はじめに・ご挨拶◎

【株式会社関菊水刃物 代表取締役社長 吉田浩淳からご挨拶】

初めまして。「刃物の町」岐阜県関市で約70年刃物会社を営んでいる、老舗メーカーの株式会社関菊水刃物 代表取締役社長 吉田浩淳と申します。

今回、ご縁があり人気料理YouTuberの「かっちゃんねる/kattyanneru」のかっちゃんさんとコラボの包丁を作ることになりました。

【YouTuber兼料理愛好家 かっちゃんからご挨拶】

初めまして。YouTubeチャンネル「かっちゃんねる/kattyanneru」(7/24現在チャンネル登録者数約80万人)を運営しております、かっちゃんと申します。

普段はレシピ動画の投稿・レシピ本の出版など、料理に携わった仕事をさせていただいております。

料理YouTuberとして、「皆さんとより料理を楽しみたい」という思いを胸に、毎日使う調理器具「包丁」を作りたいと思い今回のプロジェクトを企画しました。
◎プロダクト誕生までのお話◎

岐阜を拠点に活動している人気料理YouTuber「かっちゃんさん」のイベントに参加し、お話をする機会があり、

かっちゃん→『お姉さんどこから来てるの〜??』

私→「刃物の街『関市』から来ました!!!」

とお返しをしたら、かっちゃんさんも地元・岐阜を大切に活動していることから話が盛り上がり、コロナの影響で岐阜県関市での大きな刃物の祭典「刃物祭り」中止になったことや今までは、漁業関係の卸商社や漁協を中心に当社の刃物を製造販売してきましたが、コロナの影響により、料亭、居酒屋、魚を扱っているお店が休業を余儀なくされたため、漁師さん達も魚が売れないことにより当社の刃物の売上も激減しました。
このままでは、まずいな・・・って思っていたところ・・・・

「実は、視聴者さんや多くの方と、一緒に料理を楽しめる・料理だけでなく思い出を創れる、夢のような包丁が作りたいんです!!!ぜひ一緒に何かやりましょう!!」

と言うお声がけをいただいて、今回のプロジェクトに繋がりました。
◎プロダクトのご紹介◎

今回、かっちゃんさんから「包丁って毎日使うのですが、短くて女性でも使いやすいものは無いんですか?」という質問からスタートしました。

料理にはかかせない「包丁」。そんな包丁を使うことが、「苦痛になる・・・。」「もっと手軽に使いたい」という意見を聞きました。
今回は、かっちゃんによる「女性のための、女性が使いやすい」をコンセプトにした包丁を作りました。

◎こだわり・特徴◎

『三徳包丁は165mm・牛刀は180mmの長さに』

上→当社にて取り扱っている包丁
下→創(つくり) 165mm 当社では取り扱っている包丁として、三徳包丁は180mm、牛刀は210mmの包丁が主流でした。
なぜならば、元来包丁は「男性料理人が使う」ことが多かったこともあり、サイズが男性向けになっているものが多かったため、三徳包丁は180mm・牛刀は210mmという固定観念がありました。
今回、かっちゃんさんと何度も試作を繰り返し、三徳包丁は165mm・牛刀は180mmという、「より軽く女性が使いやすい包丁」を開発することに成功しました。

キャベツもしっかりと切れて、食材の美味しさを引き出します。

「短くなっても、しっかりと切れるの?」と疑問に思う方もみえるかもしれませんが、

タイトルとURLをコピーしました