1年半越しのハンドメイドイベント「TANOKURA100人展」を開催したい

1年半越しのハンドメイドイベント「TANOKURA100人展」を開催したい
コロナ禍で開催を断念した「TANOKURA100人展」。ハンドメイドを通じて人と人をリアルに繋げたい。そして皆さんが楽しんでもらえるようなイベントにしたい。安心安全に開催できるための資金調達としてクラウドファンディングにチャレンジします。

はじめに

はじめまして。Seeders(シーダーズ)です。
コロナ禍で2度の延期をせざるをえなかったハンドメイドイベント「TANOKURA100人展」の開催資金を募るクラウドファンディングにチャレンジいたします。ぜひ最後までお読みいただき、ご支援賜りますようお願いします!
TANOKURA100人展とは

2010年に初開催した、手作り作家を応援するハンドメイドマルシェ100人展。
出展者がブログやインスタグラムなどのSNSを使い、作品の紹介やイベントの宣伝を行うことで、誌面広告などを使わずに35,000人以上の来場客を集客するほどの大イベントへ成長する事が出来ました。
自分で作ったものがイベントを通して人の目に止まり、その評判がさらに広がり多くのファンができ、ビジネスチャンスがどんどん広がっていきます。その成長として実際に弊社のイベント出展がきっかけでファンがついてお店を持ったり、出版された方なども生まれています。
また来場される方も作品を直接手にとることができて、こめられた思いや制作秘話を聞けたり、手作り体験ワークショップを楽しんだり、美味しいものを食べたり、大人も子どもも笑顔で楽しめる一日を過ごしてほしい、また手作り作家さんを応援したい、という気持ちで年2回の開催を重ねてきました。

作品だけでなくブースレイアウトも素敵なお店がたくさん!開場を待つ多くのお客様が列を作ってくださいました
出版してセミナーを開催するようになった作家さんも
参加型のアートワークショップをしたことも
コロナ禍で20回目を断念

2020年春の100人展は20回目、出展してもらいたい手作り作家を一般投票で募集して、上位20名の作家(TOP20ARTIST)が出展するなどpremiumな回となる予定でしたが、コロナ禍のなかで開催許可がおりず、毎回ギリギリまで開催の方向で模索していても2度の延期をせざるをえませんでした。
年2回の開催が定着していたこともあり、毎回楽しみにしてくださっているお客様からのお問い合わせも増えてきて、今回こそは、と開催許可がおりるよう何度も調整をしてまいりました。
結果、情勢も変わり、100人展初となる、2日間、事前予約(有料入場)・入替制とすることで、ご来場者様の把握と密を回避することで開催することが可能となりました。
新しいTANOKURA100人展を

TANOKURA100人展TOCHIGI vol.20を安心安全に開催したい!それは、主催側だけが感染防止に尽くすのではなく、出展作家の皆様、ご来場される皆様、参加者全員で一体となって取り組むことで実現します。
2021年10月23日(土)・24日(日)の2日間、道の駅うつのみやろまんちっく村での開催を予定しています。
はじめての試みとなることで関係各所を連携をとりながら、対策を考えて準備を進めております。しかし2日間開催となることや対策を施すことにより、これまで以上の開催費用がかかるため、資金的に厳しい状況であることも事実です。そこで開催費用を皆様からご支援いただけたら、という思いで今回、クラウドファンディングに参加いたしました。ぜひご支援いただければ嬉しいです。
リターンのご紹介

ご支援いただきました皆様に対して、様々なリターンをご用意しました。
大きく分けて、以下3つのジャンルのリターンがございます。

1、当日ご来場いただける方向け→入場チケット(1部ごと、一日通し)
2、当日ご来場いただけない方向け→TANOKURAオリジナルグッズ
3、個人、企業様からの「応援・協賛」に対

タイトルとURLをコピーしました