海上自衛隊専用の護守印帳を持って護衛艦巡りに出かけましょう

海上自衛隊専用の護守印帳を持って護衛艦巡りに出かけましょう
海上自衛隊では各艦艇が航行の安全などを祈願し「護守印」を作成。神社仏閣で頂く「御朱印」と同じく集める楽しさや思い出作りに護衛艦巡りはいかがでしょうか。また「護守印」集めを機会に自衛隊の活動に興味を持ち理解する糸口となればと思います。各地の港に行くきっかけになっていただければと思います。

はじめまして!本プロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。

葡萄が有名な町、大阪府柏原市で印刷会社を営んでおります古賀印刷株式会社と申します。

弊社は、デザインのご提案から制作、印刷とトータルに行なっており、主にオフセット印刷をメインとしています。印刷方式は環境に配慮した水無印刷を採用しております。地域の皆様に愛され、おかげさまで2022年に創業50周年を迎えます。

とあるきっかけで、海上自衛隊に護守印(御朱印)が有ることを知り、もともと御朱印集めが趣味で多くの神社や寺院を巡っていた私ですが、海上自衛隊の護守印巡りをするのなら是非専用の護守印帳を作りたいと考えました。

外出が自粛される昨今、「護守印巡りを通じてひとりでも多くの人の笑顔を得ることができたら。」
こうした思いから本プロジェクトを立ち上げました。

現在海上自衛隊では、乗艦記念に「護守印」の配布をしており、通常の神社やお寺で集める御朱印帳のように収集できます。

護守印を集める旅をより一層お楽しみいただける商品として海上護衛艦艇の護守印帳めぐり専用デザインの護守印帳を仕上げました。ぜひ手に取り良い旅をお楽しみいただきたいと思います。

創業50年の印刷会社がこだわりを持って海上護衛艦艇の護守印帳めぐり専用デザインの護守印帳を作成します!

海上自衛隊の制服の色をイメージした『白』

海上自衛隊の制服の色をイメージした『黒』

海の深い紺碧をコンセプトにした「紺」日本の色といえば日の丸!『赤』神道をイメージした金刷りの上にシックな黒箔で護守の文字!『金』

5色展開に合わせ、JMSDFの碇ロゴマークの重厚感を金箔で表現しました。

※『金』のみ、ツヤ黒の箔になります。

表紙は水に濡れても問題ないPP貼りに加え中身も本格仕様!特梳きの奉書紙を2枚張り合わせた製本方法で丁寧な仕上がりになっています。

表紙裏には、帝国海軍の精神を象徴する標語「五省」を裏表紙裏には、「海ゆかば」を印刷いたしました。

※五省(ごせい)とは、旧大日本帝国海軍の士官学校である海軍兵学校(現在は海上自衛隊幹部候補生学校)において用いられた五つの訓戒。

※海ゆかば:日本海軍を象徴するものとして、映画やテレビドラマで度々使用されました。

Wikipediaより引用

護守印帳を入れる専用のポーチもご用意しました。
海上自衛隊のシンボルマーク、徽章や旭日旗を刺繍で仕上げ、高級感をもたせています。
持ち歩く機会の多い護守印帳の傷みもカバーができるので、護守印帳と合わせてご利用ください。

私は高校生の次男と昨年から西国三十三か所巡りに挑戦しています。きっかけは息子も高校生ともなると会話は減るし一緒に出掛ける機会もめっきりなくなり、これが普通やろなーと思っていました。たまたま訪れた伊勢神宮で御朱印をもらってみようかということになり御朱印帳を買ったのがスタートだった気がします。コロナ禍の中で緊急事態宣言が発令されると御朱印はもらえませんが今では息子と次はどこへ行こうか、近くのここへも寄ってみようと会話ができるようになりました。そんな私が海上自衛隊専用の護守印帳を作りたいと思ったきっかけは、お客様との会話の中で護衛艦の護守印があることを教えて頂いたことと、私の仕事が印刷業でありかっこいい護守印帳を自分で作ってみたいと思ったことでした。

自分の中でのテーマは海上自衛隊=かっこいい。だからかっこいいものを作りたい。はじめは紺碧の深く濃い青色で海をイメージしましたが、海上自衛官の制服の色である黒と白、

タイトルとURLをコピーしました