旅生まれ北海道育ちの焼き菓子で つなぐ つなげる つながる KIZUNAの和

旅生まれ北海道育ちの焼き菓子で つなぐ つなげる つながる KIZUNAの和
コロナウイルスの拡大の影響により、活動自粛や対面販売の中止に伴い、自由な活動が制限される状況の中、自由に活動できソーシャルディスタンスの取りやすい移動販売車を導入してお客さんの近くへ商品を持参し、旅生まれ北海道育ちの焼き菓子でお家やオフィス、公園などで楽しむお茶時間のお供に役立てて頂きたいです。

はじめに・ご挨拶

全国の皆さんはじめまして! このページをご覧いただき感謝申し上げます。

私達KIZUNAファミリーは、北海道中富良野町の丘の上で

四季の宿KI・ZU・NA(ペンション)とTea roomを経営してます。

そして、写真は代表の中島博史と申します。 よろしくお願いします。

2002年3月中富良野町に宿をオープンし、20年目を迎えます。

宿とTea roomで出会ったお客さんや

フェイスブック Instagramで繋がった皆さんと

KIZUNAの景色や生活を通して、つなぐ つなげる つながるをコンセプトに

皆さんへ楽しく明るく元気に情報発信や交流をさせて頂いています。

そして、時には大空と大地の中で

農作業のお手伝いもする(お手伝い歴18年)

1年フル活動をしております。
商品・お店が作られた背景

【KIZUNA歴史年表】

【1995年 結婚を機に北海道へ移住】

自転車で新婚旅行 北海道をぐるりと40日
札幌から富良野方面に通い土地を探す 約5年...

【2000年 中富良野の土地に出会う】

地主さんに熱い思いを手紙に~ 

【2001年 センターハウス建築】

大工さんと一緒に自分で可能な箇所を製作 
(電気も水道もない小屋に1人)

【2001年 12月 センターハウス完成】

晴れて中富良野の住人に

【2002年 コテージ棟建設】

コテージ風分室をセルフビルド開始 (3棟)
GWまでに完成を目指す~ 
雪の中 厳冬の中の作業... 

【2002年 3月1日開業】

センターハウスOPEN!
ついに ついに 夢が...

【2002年 5月 夢・実現に】

コテージ風分室3棟完成 OPEN
 ついに ついに ついに 夢実現!

【2002年~2013年 めぐり愛】

あらゆる困難と出会い 泣き笑い人生
2月~6月及び秋の収穫時期 農家へのお手伝い

【2012年 10月 妻 イギリスへ】 

妻 ただのスコーン好きが高じて初めてイギリスへ旅立つ
イギリス、ドイツをはじめたくさんの人と出会い、食文化に触れる

【2017年 12月 経験を生かして】

宿のオフシーズンを利用して(冬季期間)アフタヌーンランチを始める
焼き菓子通販開始

【2020年 試練の始まり】

 コロナウイルス蔓延の為、宿収入が80%以上激減する...
10月 北海道 東川町 道の駅 道草館主催 パン祭りへ初参加(焼き菓子出店)
11月 東川 道の駅 道草館 委託販売及び対面販売開始 (焼き菓子)
12月 コロナウイルス感染者増大により、対面販売中止 (焼き菓子)
委託販売は継続(焼き菓子)
中富良野町ふるさと納税参加(焼き菓子)

【2021年 新たなる出発】

4月 東川 道の駅 道草館 対面販売再開(焼き菓子)
5月 2回目の緊急事態宣言地域指定の為 対面販売中止 (焼き菓子)
 委託販売は継続 (焼き菓子)

     兼ねてから構想・妄想?していた、自由な活動 お客さんの近くまで商品を持っていける 
     販売スタイルとして、移動販売車の計画を実行する。

   約20年の歴史を年表風にまとめて見ました。

   まだまだ書ききれないほど泣き笑い人生でした。
まさか...
20年目にして人生の最大の
   ピンチを迎えるとは思っていませんでした...

 【宿と焼き菓子 KIZUNAの架け橋】  
       

 2002年 私がまだ20代に将来の夢として宿を経営したいと語っていたその時代から

タイトルとURLをコピーしました