人生をカラフルに、良い色に。 あなたらしく輝く毎日を。

人生をカラフルに、良い色に。 あなたらしく輝く毎日を。
私たちは、心と身体を健やかに保つプライベートサロンとして、iilo PILATES SALONをオープンしました。プライベートレッスン専門サロンだからこその安心できる、落ち着いた空間です。クラウドファンディングでのリターンは、チケット制になっているため大切な方へのギフトにも最適です。

はじめに・ご挨拶

こんにちは!iilo PILATES SALONです。
私たちは7/20、学芸大学駅にピラティススタジオをオープンします。(6/12〜プレオープン中)

About iilo

【人生をカラフルに、良い色に。あなたらしく輝く毎日を。】
私たちは、心と身体を健やかに保つプライベートサロンとして、iilo PILATES SALONをオープンしました。《プライベートレッスン専門スタジオ》だからこその安心できる、落ち着いた空間です。笑顔溢れるインストラクターが、あなたをサポートいたします。
プロジェクトをやろうと思った理由

私たちは人生を愉しむためには健康な心と身体が一番重要だと思います。約1年間にわたるリモートワークなどの外出自粛に伴い、様々な心身の不調が引き起こされています。私たちは自分自身で心身を整える方法としてピラティスを伝え、ひとりひとりの輝く毎日をサポートしたいと思い、スタジオオープンを決めました。

ピラティスとは

体幹トレーニングやボディメイクの印象を強く持たれますが、リハビリ発祥です。アメリカではピラティスはリハビリとして日本よりも広く認知されています。私たちiiloのピラティスは、リハビリや予防医療としての側面を大切にしています。施術してもらう受け身の治療ではなく、自分の身体を自分で動かす中で、正しい動きを学習し、痛みや疲れのない機能的な身体をつくります。時間をかけて、根本的に良くしていくので、体質改善を感じる方が多くいらっしゃいます。過去に流行したスペイン風邪では、世界人口の約三割、五億人が感染し、五千人から一億人が死亡したと言われていますが、ピラティス氏のエクササイズを行った者には死者が出なかったと言われています。このことからもピラティスは私たちの身体が本来持つ免疫機能を正常化すると言われています。実際に行うことは、仰向けに寝た状態で体幹を安定させる呼吸の練習や、股関節だけを動かす関節運動など、シンプルな運動です。ピラティスマシンにはバネがついているので、身体の重さや、正しい動きを補助する役割があります。運動経験や、柔軟性は求められません。一人一人に合わせた速度と内容で、楽しいピラティスをしたいと思っております。
ヨガとの違い

ヨガとピラティスの違いをよく聞かれるのでご紹介です。
ヨガは約4500年前、古代インドで発祥した仏教などの修行法のひとつです。悟りに至るまでの手段として瞑想が生まれました。ヨガのポーズ、アーサナはそもそも瞑想のための座り方を意味します。瞑想の坐法を補助するために、さまざまなポーズ、アーサナが確立されていきました。瞑想で心と体を結びつけ、心身が最も安定した状態をつくることを目的としています。
ピラティスはドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が幼少期に自身の病弱な身体を改善するために考案したのが始まりです。その後、第一次世界大戦で従軍看護師として看護にあたっていたことで、負傷兵が寝たままリハビリできるエクササイズへと発展していきました。身体への負担を減らし、強くしなやかな筋肉をつけることを目的としています。
このようにヨガとピラティスは起源、目的が異なります。
マシンピラティスとマットピラティス

ピラティスにはマシンピラティスとマットピラティスがあります。使い分けることで、効率的に身体を変えることができます。
マシンピラティスはピラティス専用のマシンを使用して行うエクササイズです。ジョセフ・ピラティス氏が診療ベッドのバネを改造して作りました。バネを補助として、ときに負荷として使います

タイトルとURLをコピーしました